News

マイケル・ジャクソンへの楽曲提供や、世界中で一大旋風を起こしているバンド、ヴルフペックの別動隊フィアレス・フライヤーズのメンバーとして知られる緩急自在のメロディ・メイカーにして現代最高峰ドラマー=ネイト・スミスが10/8(金)に待望のニュー・アルバムをリリース!
2021.09.17 INFORMATION

アラバマ・シェイクスのブリタニー・ハワードや、名門ジャズ・レーベル・ブルーノートにも作品を残るヴィブラフォン奏者ジョエル・ロス、ジャズ・ヴァイオリン界を牽引するレジーナ・カーター等が参加した大注目盤!!

ヴルフペックの変名プロジェクトと言えるフィアレス・フライヤーズのメンバーとして、そしてそのヴルフペックがマディソン・スクエア・ガーデンで行ったライヴへの参加、さらにはホセ・ジェイムズ、黒田卓也らのツアーバンドやレコーディングにも参加する超絶技巧のドラマー/アーティストであり、マイケル・ジャクソンの「Heaven Can Wait」を、マイケル本人、テディ・ライリーらと共作するなど有能なコンポーザー/プロデューサーでもあるネイト・スミスが遂に新作を完成! 洗練された美しいジャズから、メロディアスなソウル・ナンバー、そして持前のキレッキレのドラミングが炸裂する作品まで、その有り余る実力が遺憾なく発揮された傑作アルバムの誕生!

read more

故・渚ようこが2002年横山剣プロデュースの下、クレイジーケンバンドが全演奏を手掛ける最高のマッチアップ・アルバム『YOKO ELEGANCE (渚ようこの華麗なる世界)』待望のアナログ化が決定。
2021.09.17 INFORMATION

故・渚ようこが2002年横山剣プロデュースの下、クレイジーケンバンドが全演奏を手掛ける最高のマッチアップ・アルバム『YOKO ELEGANCE (渚ようこの華麗なる世界)』待望のアナログ盤が12月2日(木)に発売。

何といっても横山剣によるオリジナル「ニュー・トーキョー」と「第三京浜」で渚ようこの華麗なる世界に埋没出来る。カヴァー平山三紀のデビュー曲「ビューティフル・ヨコハマ」も傑作。渚ようことクレイジーケンバンドの魅力が凝縮された素晴らしい1枚。

今回のアナログ化に当たってファン・クラブでしか音源化されていない2002年の新宿リキッド・ルームのクレイジーケンバンドのライブから、渚ようこが客演した貴重な横山剣とのデュエット「かっこいいブーガルー」「新宿そだち」のメドレーを剣さんから特別プレゼントで故人をめくるめく45回転で供養する。

read more

あくなき音の探究を続ける孤高の音楽家”David Sylvian”の最新フォトエッセイ本がGrönland Recordsよりリリース!全世界550部限定、本人直筆サイン入りの数量限定スペシャルエディション!
2021.09.16 INFORMATIONONLINE STORE

あくなき音の探究を続ける孤高の音楽家”David Sylvian”の最新フォトエッセイ本が全世界550部限定でGrönland Recordsよりリリース、日本でも超数量限定で販売される。

「タワーレコードオンライン」、「HMVオンライン」、「ディスクユニオン」、P-VINEオフィシャルオンラインショップ「P-VINE SPECIAL DELIVERY」での取り扱いが決定。

本人直筆サイン入りとなり、「P-VINE SPECIAL DELIVERY」では特典として本書に寄せたデイヴィッド・シルヴィアンよるコメント(日本語訳)が付属する。写真家や文筆家、画家としても知られる藤原新也からのコメントも到着した。

read more

2008年に発表され日本国内はもちろんのこと欧米のメディアからも絶賛された三宅純『Stolen from strangers』が高音質SHM-CD仕様で再発!
2021.09.15 RELEASEINFORMATION


アート・リンゼイ、アルチュール・アッシュ、リサ・パピノー、ブルガリアン・ヴォイス、ヴィニシウス・カントゥアーリア、など錚々たるミュージシャンが参加した美しく官能的で、悲しさ、狂気までも孕んだ本作は、様々な国から大勢の人々が集まる国際都市パリに自国を離れて暮らす一人のストレンジャー(異邦人)としての視点から描かれている。参加ミュージシャンもやはり世界中を旅しながら活動を続ける異邦人ばかりであり、そんな彼らの見た夢を盗み出して作り上げたロード・ムーヴィーかのように、音とともに濃密な時間が過ぎ去ってゆく…。この傑作は、さながらまだ見ぬ心象風景を求める旅人へのサウンドトラックである。ヴィム・ヴェンダース監督のアカデミー賞ノミネート作『Pina/ ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』のサウンドトラックから、三宅純が提供した主要楽曲2曲をボーナス・トラックとして追加収録。

read more

JUSWANNAのブッ飛んだ救世主ことメシアTHEフライが2010年にリリースした傑作ファースト・ソロ『MESS -KING OF DOPE-』の復刻CDリリースに合わせて待望のストリーミング配信も解禁!またそのジャケットを用いたTシャツが完全限定で発売&予約受付開始!
2021.09.15 RELEASEINFORMATION

 メッセージ性の強いパンチラインを最大の武器に独自のスタンスで常に斜め45度から世間を騒がす反逆者であり、MEGA-G、DJ MUTAとのユニット、JUSWANNAのブッ飛んだ救世主ことMESS a.k.a. メシアTHEフライ。そのメシアがJUSWANNAとしての活動休止後の2020年12月に発表した傑作ファースト・ソロ『MESS -KING OF DOPE-』の復刻CDが本日リリースされたのに合わせ、本日より各ストリーミング・サービスにて同作の配信も開始!
また本日よりその『MESS -KING OF DOPE-』のジャケットを用いたTシャツの予約受付が開始!ボディはGILDAN T2000 6oz ウルトラコットンヘビーウェイトTシャツを使用し、カラーはホワイトとブラック、ロイヤルブルーの3パターン。本日9/15(水)からP-VINE OFFICIAL SHOPのみの完全限定生産での予約受付となり、受注期間は9/28(火)正午まで、発送は10月下旬頃を予定しております。
その『MESS -KING OF DOPE-』は同時に帯付き2枚組/完全限定プレスでのアナログ盤も12月にリリースを予定しております。こちらも完全限定生産となりますのでご予約はお早めに!

read more

敏腕ミュージシャン&鬼才エンジニアと気鋭ラッパー&シンガーのコラボ・プロジェクト=Xavier(シャビエル)の第一弾7インチから、塩塚モエカ(羊文学)をフィーチャーした「球体」を明日9/15より配信開始!7インチも明日9/15発売!
2021.09.14 RELEASEINFORMATION

元the changの中心人物で、現在はTICAやGabby & Lopezなど自身の活動と並行してハナレグミ等のサポートも務めているギタリスト/プロデューサーの石井マサユキ、フィッシュマンズやUA、BOREDOMS、坂本龍一など独創性あふれるアーティストの作品を手がけるサウンド・エンジニアのZAK、自身のバンド、バッファロー・ドーターでの活動などで知られる大野由美子の3人を中心に、多彩な気鋭アーティストをゲストに迎えてお届けするコラボレーション・プロジェクト、Xavier(シャビエル)が始動。その第一弾7インチ・シングルから、羊文学のギター&ヴォーカルの塩塚モエカ(本作ではヴォーカルのみ)をフィーチャーした「球体」を明日9月15日より配信開始。オルタナティヴな佇まいのなかにオールドスクールなロックのテイストをにじませた秀逸きわまるバラードで、訴求力あふれる塩塚の歌声が胸を打つ。石井(g)、大野由美子(b)、山本達久(ds / UA、石橋英子、ジム・オルーク他)による含蓄に富んだバッキングもすばらしい。

read more

Tomorrow’s People「Open Soul」LPのテストプレスがハンドメイドのシルクスクリーン・ジャケットでVINYL GOES AROUNDから超限定発売。
2021.09.13 INFORMATIONONLINE STORE


Tomorrow’s People「Open Soul」LPのテストプレスを株式会社Pヴァインの新規事業「VINYL GOES AROUND」限定で9/15(水)午前10時より販売する。

ハンドメイドのシルクスクリーン・ジャケットは、青みを含んだグリーンの女性のポートレートと、鮮やかな赤の文字でデザインし一枚ずつ丁寧にプリント。

本作はバートン4兄弟を中心としたシカゴのソウルグループの1976年に制作されたアルバムで、DJやソウルマニアの間で究極のコレクターズアイテムとなっている作品。中でも一際光る存在の20分を越える壮大かつグルーヴィなファンク「OPEN SOUL」は、永遠と繰り返されるフレーズがドープなダンストラック。またディープなソウル曲「Lovers to friends」や極上のファンキー・チューン「Let’s Get With The Beat」、疾走感のあるインストゥルメンタルファンク「Hurt Perversion」などを収録。また当アイテムは先日eBayにて先行販売をしてUS $132で落札された。

read more

ラディカルで、クソ面白い! 90年代ダンス・カルチャーの過激な実態を描いた決定版『レイヴ・カルチャー──エクスタシー文化とアシッド・ハウスの物語』が本日発売!!
2021.09.13 RELEASEINFORMATION

ラディカルで、クソ面白い! 90年代ダンス・カルチャーの過激な実態を描いた決定版『レイヴ・カルチャー──エクスタシー文化とアシッド・ハウスの物語』が本日発売!!

「レイヴ・カルチャー」とはいったい何だったのか?
90年代の英国文化史におけるラディカルな実態を描いた決定版

read more

Tomato Ketchup Boys 1stアルバムLP化に伴い”Send Me On My Way Home”ツアー決定!
2021.09.13 LIVE & EVENTINFORMATION


Tomato Ketchup Boysの1st Album、“The First Encounter Of This Odyssey”のLPレコード化を記念し、メンバーの出生地である東海圏のツアー『Send Me On My Way Home』が決定! 10月16日の磐田”FM STAGE”を皮切りに、名古屋、静岡、浜松、そして現在のホームグラウンドでもある下北沢までの計5箇所、彼らの真骨頂でもあるライヴしか味わえないストレートでエモーショナルなサウンドをご期待ください!

read more

NHK・Eテレの人気番組『ムジカ・ピッコリーノ』シーズン8のオリジナルサウンドトラックが発売決定! オカモトショウ(OKAMOTO’S)、長岡亮介(ペトロールズ)を中心にキャストが歌唱、演奏する名曲たちをお楽しみください!
2021.09.10 INFORMATION


NHK・Eテレの人気番組『ムジカ・ピッコリーノ』シーズン8で披露された楽曲がオリジナル・サウンドトラック『ベルカント号のSONGBOOK Ⅲ』として待望のリリース! 「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(ホイットニー・ヒューストン)、「君の瞳に恋してる」(フランキー・ヴァリ)、「劇付随音楽『ペール・ギュント』から 山の魔王の宮殿で」、「会津磐梯山」、そして特別放送時の「やさしさに包まれたなら」や「銀河鉄道999」などジャンルや時代にとらわれない数々の名曲を、オカモトショウ(OKAMOTO’S)、長岡亮介(ペトロールズ)を中心にキャストが歌唱、演奏するカヴァー楽曲を全17曲収録! CD版のみシーズン6から8にかけて番組内で使用された”モンストロの鳴き声”をボーナストラックとして追加!

read more