News

エストニア発、世界中のシューゲイズ・リスナーに愛されるシューゲイズ / ドリームポップの雄、Pia Frausがニューアルバム『Evening Colours』を7月28日にリリース!先行シングル「Regret Everything」の配信もスタート!
2023.05.26 INFORMATIONRELEASE

エストニア発、世界中のシューゲイズ・リスナーに愛されるシューゲイズ / ドリームポップの雄、Pia Frausがニューアルバム『Evening Colours』を7月28日(金)にリリースすることを発表した。

2019年に開催された来日公演も記憶に新しい東欧シューゲイズ / ドリームポップ・シーンの中心バンド、Pia Fraus。7枚目のオリジナルアルバムとなる本作『Evening Colours』はPia Frausらしい心地の良いドリーミーなサウンドや轟音なシューゲイズを軸にしつつも、シンセやコーラスワークなどでカラフルでレトロな要素も含んだアルバムに仕上がっている。

また本日アルバムの中から「Regret Everything」の先行配信も公開された。Pia Frausらしい男女混合のヴォーカルワークがレトロな音像の中で心地よく鳴った楽曲である。

Pia Fraus「Regret Everything」Streaming

https://p-vine.lnk.to/04bXNo

本日よりアルバムのCD/LPの予約も開始された。CD にはボーナストラックとして My Bloody Valentine の「Sunny Sundae Smile」のカヴァーも収録されている。

アルバムの予約/プレオーダーはコチラから
https://p-vine.lnk.to/arL0S3

read more

“シティポップ・レゲエ”のナツ・サマーがスチールパンをフューチャリングしたバンド、ダブ・センセーションを従えて録音した『Natsu Summer & Dub Sensation』(2018年作)が待望の初アナログ化! プロデュースはもちろんクニモンド瀧口(流線形)!
2023.05.25 INFORMATIONRELEASE


「シティポップ meets レゲエ」サウンドを振りまいてきた高気圧ガール、ナツ・サマー。自身念願だった生バンド、その名も「ダブ・センセーション」を従えて平成最後の夏となる2018年にリリースした7曲入りEP『Natsu Summer & Dub Sensation』が待望の初アナログ化!これに加えて2019年に7”でリリースし即完した「時のシルエット」がボーナストラックとして収録される。Steel An’ Skinによるスティールパン・ディスコの古典「Reggae Is Here Once Again」へのオマージュとも言うべき「ジャパニーズ・レゲエ・ウーマン」や、タイトルに思わずニンマリしてしまう「ロング・ホット・サマー」(この2曲はナツ・サマー自身が作詞を担当!)など、デビュー以来プロデュースを担ってきたクニモンド瀧口(流線形)書下ろしによる楽曲の数々は珠玉!ミックスを手掛けたe-mura(BIM ONE, RUB-A-DUB MARKET)の手腕も冴え渡ってます!CDとは異なる写真を用いたオリジナル・ジャケット+帯付き仕様の完全限定生産でリリース!

read more

BESが率いた伝説的なグループ、SWANKY SWIPEによる唯一のアルバムにして日本語ラップ史に残る名盤『Bunks Marmalade』とBESの傑作ソロ・アルバム『REBUILD』が2枚組カラーヴァイナル仕様でアナログ・リリース!
2023.05.25 INFORMATIONRELEASE


SCARSとしての活動やISSUGIとのジョイント・プロジェクト、多岐に渡る客演ワークスなどなど活発な活動を続けているシーン最高峰のラッパー、BESが率いた伝説的なグループ、SWANKY SWIPEの2006年にリリースされた唯一のアルバム『Bunks Marmalade』が帯付き2枚組/カラーヴァイナル(グリーンのクリアヴァイナル)/完全限定プレスでアナログ化!SCARSの盟友であるA-THUGやSEEDAを筆頭に漢、メシア The Fly、仙人掌らシーン屈指のMCたちが集結した日本語ラップ史に残る名盤中の名盤であり、今でもBESがライブで披露しているタイトル曲やBACH LOGICプロデュースの”愚痴か?否か?”、BESのラッパーとしての凄まじさをシーンに知らしめた”評決のとき”等々の名曲を多数収録!

またBESが2008年にリリースしたソロ・アルバム『REBUILD』も帯付き2枚組/カラーヴァイナル(ホワイト)/完全限定プレスでアナログ化!SCARSの盟友であるSTICKYを筆頭に漢、メシア The Fly、仙人掌らシーン屈指のMCたちが集結したこちらも日本語ラップ史に残る名盤中の名盤であり、今でもBESがライブで披露している”The Process”やメシア The Flyとの最高にHIGHなJOINT”How How High”等々の名曲を多数収録!

*BES from SWANKY SWIPE “The Process” (Official Video)

read more

エイドリアン・ヤングとATCQのアリによるプロジェクト<Jazz Is Dead>最新作は、あのフェラ・クティの右腕であり、残念ながら2020年4月に逝去したアフロビートの創始者、トニー・アレンが登場。
2023.05.25 INFORMATIONRELEASE


“僕たちは先人に敬意を払いながら音楽を作る。それが僕たちの目的なんだ”
– アリ・シャヒード・ムハンマド

コロナ禍の中、レーベルの原点でもあるライヴ・イヴェントが開催できない苦しい状況においても無事に完走したファースト・シリーズ全10作品により、LAアンダーグラウンドやジャズの界隈でいま最も衆目を集める存在となった〈JAZZ IS DEAD〉、セカンド・シリーズの第八弾が登場。遂にセカンド・シリーズの最終作となる第八弾の本作では、あのフェラ・クティの右腕であり、残念ながら2020年4月に逝去したアフロビートの創始者、トニー・アレンが登場。

“Don’t Believe the Dancers” Tony Allen & Adrian Younge

フェラ・クティが「トニー・アレンなくしてアフロビートは存在しなかっただろう」と語るように、フェラのバンド、アフリカ70のドラマー兼ミュージカル・ディレクターを務めた伝説のドラマー、トニー・アレン。“Water No Get Enemy”や“Zombie”といったフェラの全盛期の曲を支えたアフロビート最大の功労者でもあり、自身もアフリカ70を率いて『Progress』や『No Accommodation For Lagos』といったリーダー作をリリースしてきたトニーの影響力は若い世代にも幅広く及び、例えばヒップホップでは、1999年にリリースした『Black Voices』収録の“Asiko”をJディラがコモンの“Heat”でサンプリング、ロック畑からはブラーのデーモン・アルバーンがトニーの大ファンで、ゴリラズやグッド・ザ・バッド&ザ・クイーンなどのプロジェクトで度々共演。過去には〈Strut〉の『Inspiration Information』シリーズでジミ・テナーとコラボ・アルバムを制作し、世界中のドラマーやビート・メイカーを熱狂させたトニーと〈JAZZ IS DEAD〉が夢のコラボレーション。

ファースト・シリーズでは、数々のブラジリアン・ミュージックのレジェンドと共演し、何も「ジャズ」だけがその音楽嗜好ではないことは証明済みのザ・ミッドナイト・アワー(エイドリアン・ヤング&アリ・シャヒード・ムハンマド)の二人。お披露目コンピレーション『JAZZ IS DEAD 011』に先行収録された“Ebun”がまさにアフリカ70を思い起こさせるサウンドだったように、今回は全編通して、ザ・ミッドナイト・アワー流のアフロビートを大胆に展開。サイケデリックなキーボードが暴れる、世界中のダンス・フロアのために仕立て上げられた“Steady Tremble”、フェラ・クティの名曲“Gentlemen”を想起させるムーディーなミッドテンポ・ジャムの“Makoko”、激しく叩かれるトニーのビートを舞台にジャズのエッセンスたっぷりなホーン・セクションが自由演技を披露する“No Beginning”と、そこから途切れることなく続くアルバム・クローサーの“No End”と、時代と大陸を飛び越えて叶った、ヒップホップ世代のジャズの感性とアフロビートの理想的な融合がパッケージされた大推薦の一枚。

read more

2010 年代の Brooklyn のインディーシーンを牽引してきたバンド、Beach Fossilsが6月2日にニューアルバム『Bunny』をリリース。アルバムリリース前日に入場無料のリスニングパーティーの開催が決定!
2023.05.24 INFORMATIONRELEASE

2010 年代の Brooklyn のインディーシーンを作り上げたインディーバンド、Beach Fossils が 6 年ぶりのオリジナルアルバムとなる『Bunny』を6月2日にリリースする。

Beach Fossils にとって 4 枚目のオリジナルアルバムとなる『Bunny』はフロントマンの Dustin Payseur がプロデュース、レコーディングも自身で担当し、Brooklyn にある Beach Fossils Studio で録音された作品。これまでにリリースしてきた『Beach Fossils』『Clash the Truth』『Somersault』といった彼らが生み出してきた作品の全てを再定義した作品に仕上がっている。

Beach Fossils – Dare Me

アルバムのリリースに伴い前日の6月1日(木)には入場無料のリスニングパーティーが新宿SPACEにて開催が決定。当日はいち早くアルバムを高音質環境で視聴できる他、Azusa Suga(AprilBlue)、Kent Mizushima(to’morrow records) 、Ryosuke Izumo(Sunday Mornings)のDJ出演も決定している。

Beach Fossils『Bunny』Listening Party Info
6月1日(木)at 新宿SPACE

Beach Fossils『Bunny』Pre Order – LP / CD / Steaming

read more

Kazuki Isogai(磯貝一樹)、日々の演奏を日記のように書き留めたギター・ソロ作品『diary』を本日5/24(水)配信リリース!
2023.05.24 INFORMATIONRELEASE


SANABAGUN.での活動をはじめ、国内外のミュージシャンのサポートやInstagramやYouTubeでの演奏動画も人気のギタリスト、Kazuki Isogai(磯貝一樹)。edbl(エドブラック)との共作アルバム『The edbl × Kazuki Sessions』やiriなどのミュージシャンのプロデュースも話題の彼が、日々の演奏を日記のように書き留めたギター・ソロアルバム『diary』本日を5/24(水)に配信限定にてリリース。
先行配信された「Just the Two of Us」や「kazuki_2」など、まさにKazuki印のサウンドと言える美しいリヴァーヴで流麗なアルペジオを聴かせる曲から、「1 want 2 marry U 4 a month」や「asa」のようなアコースティックな楽曲など、全編において彼の卓越したギター・プレイが堪能できる作品に仕上がっている。

read more

歴史の教科書を書きかえる超レア音源発掘! レス・デマールとランディ・ブレッカーが結成したSound 67の唯一の録音盤として、そしてランディ・ブレッカーがブレッカー・ブラザーズのリーダーとなる9年前の初期演奏の聴ける録音作品として極めて貴重な作品。
2023.05.23 INFORMATIONRELEASE


驚異的なドラミングで10代の頃からクラブやテレビのパフォーマンスを通じて聴衆を驚かせてきた希有の天才ドラマー、レス・デマール。歴史的名盤とされる1stアルバム『スペクトラム』より前の1967年、トランペット奏者ランディ・ブレッカーらとSound 67を結成しレコーディングしたものの、アトランティック・レコードの混乱の中で失われたままとなっていた幻の作品が、56年の歳月を経て遂に陽の目を見ることとなる。レス・デマールの20歳にして完成された才能と当時の血気あふれるサウンドが今明らかになる!

read more

音楽のみならずファッション、カルチャーなど幅広いメディアでも絶賛された注目の北欧ネオソウル〜ニュー・ジャズ・コレクティヴ“FIEH”最新シングル第3弾!
2023.05.19 INFORMATIONRELEASE

2023年にリリースされた2ndアルバム『In The Sun In The Rain』が複数の国内FM局でパワープレイを獲得! 音楽のみならずファッション/カルチャーなど幅広いメディアでも絶賛された注目の北欧ネオソウル〜ニュー・ジャズ・コレクティヴ“FIEH”最新シングルが先月に続き連続リリース!

スウィートなヴォーカルに鍵盤やホーンも加えた8人編成によるバンドが繰り広げるソフトでドリーミーなグルーヴは、ハイスペックな演奏力と斬新なアイデアから導かれるフューチャリスティックなスタイルでありながらもポップなフィーリングに溢れたカラフルなサウンド!

read more

90’sヒップホップのマスターピース、MAIN SOURCEのファースト・アルバム『Breaking Atoms』のジャケット・デザインを使用したTシャツの受注販売をVGAで開始します!
2023.05.19 INFORMATIONRELEASEONLINE STORE


今回はシルクスクリーンの版を5枚使って丁寧に印刷し、まるで90年代のヴィンテージ・Tシャツのような風合いに仕上がりました。ボディは日本のブランド、United Athleの6.2ozを使用。厚みのあるプレミアムなアイテムです。そして『Breaking Atoms』の特製オリジナル・ポスター付き。

受注限定販売ですので、お早めにお買い求めください。

※ポスターについて
表面は『Breaking Atoms』。裏面は幻の2ndアルバム、『The Science』のプロモーション・ポスターになっています。
(515×728mm)

read more

ジャパニーズ・アンビエントを源流にエレクトロニカ、チルアウトといったビートレスなサウンドからダウンテンポ、トリップホップ、ブレイクブビーツまで、90年代以降のエレクトロミュージックを縦横無尽に横断する電子音楽家yanaco初のフルレンス・アルバムからの先行シングル第2弾!
2023.05.19 INFORMATIONRELEASE

ジャパニーズ・アンビエントを源流にエレクトロニカ、チルアウトといったビートレスなサウンドからダウンテンポ、トリップホップ、ブレイクブビーツまで、90年代以降のエレクトロミュージックを縦横無尽に横断する電子音楽家yanaco初のフルレンス・アルバムから先行シングル第2弾が解禁!

サンプリングとプログラミングを幾重にも折り重ねて構築する精密なプロダクションと静謐なサウンドの中に垣間見える扇情的な音の断片は、聴くもの全てをシネマティックな世界へと誘うまさに天上のサウンドスケープ!世界各地に蠢く新進気鋭のビートメイカーをフックアップするベルギーのレーベル、URBAN WAVESから2022年に発表したEP『tttwoface』に続く待望の1stアルバムは7/19リリース!

先行シングル第2弾 「Memories」

<Streaming / Download>
https://p-vine.lnk.to/K1VRJC/

先行シングル第1弾 「木霊(echo)」

<Streaming / Download>
https://p-vine.lnk.to/0IH3ff/

read more