News

1stアルバム『ASCENT』のリリースが話題なLA在住の日本人DJ/ビートメイカー、KAPSOULの凱旋来日イベントが開催決定!同作に参加したAA RASHIDやBHI、仙人掌、B.D.らが出演!
2024.07.04 LIVE & EVENT


20年以上のキャリアを誇り、先日リリースされたファースト・アルバム『ASCENT』も各所で話題となっているLA在住の日本人DJ/ビートメイカー、KAPSOUL(キャップソウル)の凱旋来日イベントが開催決定!
本国アメリカから同作にも参加しているAA RASHIDやBHI (Black Hair Imperial)を伴ったスペシャルな一夜となる本公演には、日本から同じく『ASCENT』に参加しているB.D.や仙人掌、LA在住期にKAPSOULとも交流の深かったBUDAMUNKやSHIN MIYATA (Barrio Gold Records)らも出演。日本橋兜町のホットなスポット「B By The Brooklyn Brewrey」で開催となる。KAPSOULの出演するDJイベントは都内近郊~千葉などでも開催を予定。
また、アート方面でも活動しているAA RASHIDの個展がLafayette Tokyoにて開催決定。開催期間は8/11(日)から8/18(日)までで8/12(月・祝)にはAA RASHIDの在廊を予定している。

read more

海外でも高い人気を誇るローファイ・ヒップホップ・プロデュース・チーム、Grey October Soundによるジブリ楽曲カバー第2弾『ローファイ・ジブリ 2』から、先行シングル”ルージュの伝言”が本日より配信開始!更に、『ローファイ・ジブリ2』の発売を記念し、タワーレコード渋谷店にてポップアップ・ストアの開催が決定!
2024.07.03 INFORMATIONRELEASELIVE & EVENTCAMPAIGN


ジブリ楽曲のカバー『ローファイ・ジブリ』やシティ・ポップのカバー『ローファイ・シティ・ポップ』等のリリースで日本だけでなく海外でも一躍その名が広まったローファイ・ヒップホップ・プロデュース・チーム、Grey October Soundによる来たるジブリ楽曲カバー第2弾『ローファイ・ジブリ 2』から、先行シングル第6弾として映画『魔女の宅急便』のオープニングテーマソングとしても知られる”ルージュの伝言”のカバーがリリース!

更に、『ローファイ・ジブリ2』の発売を記念し、タワーレコード 渋谷店にてポップアップ・ストアの開催が決定!『ローファイ・ジブリ2』をはじめとするCD、LP、カセットの他、Tシャツ、スリップマット、トートバッグといった、ここでしか買えないグッズを取り揃えたスペシャルなポップアップ!『ローファイ・ジブリ2』はじめGrey October Soundのジャケットの多くを手掛ける長谷梨加氏による書下ろしイラストの等身大パネルも展開!

また渋谷店に加え、7/9(火)以降にタワーレコード新宿店、梅田NU茶屋町店、名古屋近鉄パッセ店にてGrey October Soundの商品を購入すると、『ローファイ・ジブリ』『ローファイ・ジブリ2』のジャケットが両面にデザインされた団扇が特典として対一でついてきます!

read more

本日、downtの1stフルアルバム『Underlight & Aftertime』のカセットがリリース!そしてさらに、10月9日にはアナログ盤としてもリリース決定!
2024.07.03 INFORMATIONRELEASE


3月にリリースしたアルバム『Underlight & Aftertime』には、バンドとしてのあらたな新機軸と確かな予感を感じさせた8分を超える大作「13月」に加え、数多くのLIVEを通して呼吸や緊張感を楽曲に落とし込んだかのような、すでにLIVEでは人気曲となっている「underdrive」や「Yda027」、さらに処女作『downt』に収録の「111511」「mizu ni naru」「AM4:50」といった、彼らの代表曲となっている楽曲も新たに再録。2021年結成以来、現在までの活動の中で蓄積された全11曲。

なお、カセットのアートワークは、CDのデザインとは異なるカセットテープ限定のメンバー富樫のオリジナル・イラスト&デザイン仕様となります。

read more

FEBBのファースト・アルバム『THE SEASON』の10周年記念のピクチャー・ディスクEP『PERFECT PICTURE ZIP EP』が本日リリース!リリースに合わせ、『PERFECT PICTURE ZIP EP』デザインTシャツを完全受注生産で発売&予約受付開始!
2024.07.03 RELEASEONLINE STORE


2014年1月29日にリリースされ、今年2024年1月29日にリリース10周年を迎えたFEBB AS YOUNG MASONのファースト・アルバム『THE SEASON』。その10周年を祝し、リリース当時にFEBB自身のアイデアにより水面下で企画されていたものの諸般の事情により頓挫してしまった『THE SEASON』のピクチャー・ディスクEP『PERFECT PICTURE ZIP EP』が10年の時を経てリリース。そのリリースに合わせ、FEBB自身がデザインしたアートワークを用いたTシャツを完全受注生産で発売!購入者特典としてFEBB『PERFECT PICTURE ZIP EP』円形ステッカー(直径70mm)が付きます!

read more

昭和から令和まで時代を突き抜ける孤高のシンガーソングライター“井上園子”1stアルバム! フォーク、ロック、ブルース、カントリー、ブルーグラスといったヴィンテージなスタイルの音楽をベースに、日常の一コマを独創的な視点で切り取った歌詞で歌い紡ぐ唯一無二の世界観は必聴!
2024.07.03 INFORMATIONVIDEO


日常の何気ない一コマから導かれる物語、風景を飾らない言葉で紡ぐ独創的な世界観と、両親の影響で聴き馴染んでいたヴィンテージなスタイルの音楽から自らが触れていった現代的なサウンドまで、多種多様な要素を濃縮還元したオリジナリティ溢れる楽曲でじわじわと注目を集めているシンガー・ソング・ライター井上園子。ライヴハウスやバー、レストラン、そして商店街の一角と場所を選ばずに行われるライヴ・パフォーマンスは、聴く人の耳に残る類い稀な歌声で、時には誰かの心に優しく寄り添い、時には目の前の何かに鋭く切り込む、昭和から令和まで時代を越えて通じるような普遍的な“何か”で幅広い世代のリスナーから多くの共感を得ている。1stアルバムとなる本作『ほころび』は自身の楽曲を歌とギターのみで全編一発録音、日々行なっているライヴを再現するかのような緊張感に満ちたパフォーマンスを収録している。

「カウボウイの口癖」(Official Music Video)

Pre-order / Streaming / Download
https://p-vine.lnk.to/IT4d9o

read more

透き通る歌声が特徴的なkozue(ヴォーカル)と、メンバーそれぞれが作詞作曲をする楽曲の幅の広さでバンドという枠組みに囚われず活動する“路地”、従来のインディポップの要素に加え、R&Bやソウル、ミニマル、ネオアコなどのエッセンスが足された“チルアウト”がコンセプトのニューアルバム『わかりあえないことから』リリース決定!本日より先行シングル「スロウ」配信開始&MV公開!
2024.07.03 RELEASEVIDEO


多摩田園都市を拠点に活動をする“路地”は、2014年結成以降、これまでに3枚のフルアルバムをリリースし、りんご音楽祭やTINY GARDEN FESTIVALなどのフェスへの出演を果たしてきた。今回彼らの約2年ぶりとなる4枚目のアルバム『わかりあえないことから』がリリース決定! アルバムタイトルである『わかりあえないことから』は“諦めやコンプレックスで終わらない未来への肯定感”を表しており、“他者と自分、理想と現実、相反する二つの距離感を推し量る”ような内省的な歌詞の楽曲が中心となっている。多種多様なジャンルから影響を受けてきた久保田敦(ギター)、鈴木雄三(ギター/キーボード)らが持ち寄ったデモの中から厳選して制作された今作は、透き通る歌声が特徴的なkozue(ヴォーカル)の歌声にのせて、従来のインディポップの要素に加え、R&Bやソウル、ミニマル、ネオアコなどのエッセンスが足された、バンドという枠組みに囚われない多彩な楽曲が収録された“チルアウト”がコンセプトのニューアルバム!本日より先行シングル「スロウ」配信開始&MV公開!

read more

京都発オブスキュア・サイケデリック・プロジェクト OHHKIの最新アルバムリリースを記念したライヴが、Otonomadobeレーベル主催による音楽と色んな出店のイベント『So-So RaReRuRiRo』にて開催決定!さらに最新作カセットを会場限定で先行販売!
2024.06.28 RELEASELIVE & EVENT


京都発オブスキュア・サイケデリック・プロジェクト OHHKIの最新アルバムリリースを記念したライヴが、Otonomadobeレーベル主催による音楽と色んな出店のイベント『So-So RaReRuRiRo』にて開催決定しました!さらに8/7に発売となるカセットも当日会場限定で先行販売いたします!東京では貴重なライヴをお見逃しなく!

*イベント概要/詳細
Otonomadobeレーベル主催による音楽と色んな出店のイベント『So-So RaReRuRiRo』。京都から野生のSSW「OHHKI」(ex. Isayahh Wuddha, mess/age)を招き、彼の2ndアルバム発売を記念するライブを東京(練馬)・桜台poolにて開催!OHHKIは新作を中心とした演奏を予定。迎えるは、トラペ座/山村暮鳥のうた/LYAGASなどで活動する越境する音楽屋・大野慎矢のソロプロジェクトKiMiMiによる初編成のアンサンブル。DJはPM-Xのメンバーとして知られるDJ Minor。ジャンルにとらわれないコアな選曲でフロアを揺らす。土着と洗練を楽しむ音楽専門店「Reconquista」、インド・ネパールのカレーとモモを作る「浮き雲」、エナジーバーや雑貨を取扱う架空のお店「tempura books」、ZineやCDの販売を行うのは東京三田のサグラダファミリアとも称される「蟻鱒鳶ル」etc… の出店も。つまり妖しいお祭りのような雰囲気でお楽しみ下さい。

read more

台湾公演を大成功させるなど、国外からも注目を集める東京のインディーバンド、xiexieが先日リリースしたデビューアルバム『wellwell』がレコード化決定!8月にはバンド初のツアーも開催!
2024.06.28 INFORMATIONRELEASELIVE & EVENT


台湾公演を大成功させるなど、国外からも注目を集める東京のインディーバンド、xiexieが先日リリースしたデビューアルバム『wellwell』がレコード化決定!8月にはバンド初のツアーも開催!

台湾でのヘッドライン公演を大成功に収め、フジロックへの出演も果たすなど国内外から注目を集める東京のインディーポップ / サイケポップ・バンド、xiexieが6月12日にリリースしたデビューアルバム『wellwell』が9月25日にレコードとしてリリースされる事が決定した。
 
xiexie / UMA(Official Music Video)

read more

カミラ・カベロのニューアルバムに参加!日本人アンビエントビートメイカー/電子音楽家のyanacoによる12曲連続シングル配信プロジェクトの集大成である最新アルバム『Leaving / Arriving』のLP化が決定!
2024.06.28 INFORMATION


収録曲全曲アンビエント/エレクトロニック系主要プレイリスト入りを果たす快挙を成し遂げた、電子音楽家のyanacoによる12曲連続シングル配信プロジェクトの集大成である最新アルバム『Leaving / Arriving』のLP化が決定!日本のみならず海外からの評価も高い本作品はアルバムを通して生命の“生(Leaving)”から“死(Arriving)”までを鮮やかに表現しており、それぞれの楽曲のクオリティは勿論のこと、1枚のアルバムとしても聴きごたえのある作品となっている。
そして本日リリースされたフィフス・ハーモニーの一員としても知られ、ソロとしてもグラミー賞にノミネートされた経歴のあるカミラ・カベロのニューアルバム『C,XOXO』収録の「koshi xoxo」にて、『Leaving / Arriving』収録の「Leaving」がサンプリングされています!これから世界で注目されること間違いなしの本作LPは初回生産限定となっており、本日より予約開始!

【Pre-order】
https://anywherestore.p-vine.jp/products/plp-7453

read more

「グラム・ロックこそパンクである」――21世紀初頭においてもっとも影響力のある労働者階級出身の批評家によるエッセイ集『K-PUNK 自分の武器を選べ──音楽・政治』本日6月28日発売
2024.06.28 RELEASE


「グラム・ロックこそパンクである──歴史的にもコンセプトにおいても」

彼を一躍人気作家にしたブログ「K-PUNK」から選集されたマーク・フィッシャーの原点にして最終作

21世紀初頭において、もっとも影響力のある
労働者階級出身の批評家によるエッセイ/論考集の「音楽・政治」編
資本主義の向こう側に突き抜けるための思考の記録

思想家/批評家、マーク・フィッシャーの人気を決定づけたブログ「K-PUNK」からのベスト・セレクションの第二弾。著書『資本主義リアリズム』で広く知られるフィッシャーだが、彼の批評活動の原点にあるのは音楽だ。その音楽批評には彼の政治思想が共鳴している。グラム・ロックやポスト・パンクからサッチャーにトランプまで。資本主義にも、音楽のレトロ化にも、頭でっかちなアカデミックな考えにも、左翼の高級化にも反対し続けた批評の数々。

本書で言及される音楽:
ロキシー・ミュージック、ブライアン・フェリー、デイヴィッド・ボウイ、グレイス・ジョーンズ、ケイト・ブッシュ、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、ジョイ・ディヴィジョン、マーク・スチュワート、ザ・フォール、ザ・バースデー・パーティ、ギャング・オブ・フォー、スクリッティ・ポリッティ、テスト・デパートメント、ザ・キュアー、アンダーグラウンド・レジスタンス、モロコ/ロイシン・マーフィ、カニエ・ウェスト、ジェイムス・ブレイク、ドレイク、ダークスター、DJラシャド、スリーフォード・モッズ、ほか。

本書で扱われるテーマなど:
ポスト・フォーディズム、新自由主義、サッチャー、9・11と監視社会、ブレアと新しい労働党、テロリズム、メンタル・ヘルス、トランプとブレグジット、「コミュニスト・リアリズム」、ほか。

read more