ジャンル: CLUBリリース情報

TUGR-029 Abysma
2017.01.26

LA が誇る稀代のビートメイカーBaths によるアンビエント・ミュージックに、よりフォーカスしたプロジェクト=Geotic( ジオティック)。日本でも絶大の人気を誇るあのTycho を擁するGhostly Internationalより遂にオフィシャルパッケージリリースが決定!!

アンビエント・ミュージックの概念を拡張させ、音楽史を塗り替える“アンビエント・ダンス・ミュージック”が誕生!

Geotic ことWill Wiesenfeld(ウィル・ウィーゼンフェルド)の持ち味でもある、余りにも美しいファルセット・ヴォイスに心躍るビートを効かせたM2″Actually Smiling”, ここまで美しく心を打つ音楽には滅多に出逢うことはないM4″Billionth Remnant” など、2017 年を象徴する楽曲群。

read more

Geotic
2017.01.19

read more

PCD-24575 Sferic Ghost Transmits
2016.12.19

現在のミニマル・テクノ/音響シーンにおいて圧倒的な存在感を放つ鬼才=シャックルトンによるドープさ極まりない -キケン- なニュー・アルバムが遂に完成!

リリースは、モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオやアクトレスなど、その鋭い感性にファンも多い名門レーベルのHonest Jon’s Recordsより。多彩なアフロ・パーカッション、ダブのベースライン、そしてヴェンジェンス・テンフォルドによる不気味なポエトリー…と、シャクルトン節が遺憾なく発揮、さらにはこれまでのサウンドをより濃密にしたかの様なその強烈かつ独創的なサウンドスケープは鳥肌もの!

■ダンスミュージックの陶酔を求めた非ダンスミュージック!?

テクノ・シーンの中でも独特の世界観を持ったサウンドでカリスマ的な人気を誇るプロデューサーのシャクルトン。画一的になっていったダブステップにとらわれることなく自由に駆け抜けたカルト・レーベルSkull Discoの主宰者として、またブリストルのベースミュージック・シーンを牽引するピンチとの共作や、ロンドンのクラブFabricのミックスCD、ミニマル・テクノ・シーンのトップに君臨するレーベルPerlonからのリリースでも知られる彼。2016年9月には満を持してジャパン・ツアーを行い、日本が世界に誇るアンダーグラウンド野外フェスティヴァル”The Labyrinth”へ出演するなど、現在のミニマル・テクノ/音響シーンにおいて絶対的な信頼感と圧倒的な存在感を誇るアーティストである。また日本の3人組ガールズノイズバンド「にせんねんもんだい」の作品のリミックスも手掛けるなど、ここ日本での知名度/人気度も非常に高い。

read more

Shafiq Husayn
2016.12.06

read more

FECD-0002 SPONGE
2016.12.01

DJ KYOKO、4年ぶりのリリースは最新のモードに自身のルーツを投影させた集大成的最高傑作。DJミックスというアートフォームの一つの完成形にしてマスターピースがここに誕生する!!

DJ KYOKO のリリースは常に新たな挑戦とともにある。1 年半という短い期間で4 作ものリリースを敢行した『XXX』シリーズ、メジャーに舞台を移しての『PAPER TRAIL OF NIGHTS』、ドイツのレーベルからワールドワイド・リリースを果たした前作『Time’s Fool』と、ミックス作品を世に出すたびに新鮮な驚きを我々に与え続けてきた。そして、実に4 年ぶりのリリースとなる本作は、言うなれば、彼女の原点回帰の作品である。最新のエレクトロ・ハウス~インディー・ダンスを軸に、ミニマル・テクノ、ディープ~アシッド・ハウス、NU ディスコに至るまで、近年における自身のプレイで用いたなかから厳選に厳選を重ねた楽曲のみをチョイス。幾多の現場で培ったミックス・スキルでストイックなまでにグルーヴを紡ぎ、ときに大胆に、ときに繊細に描き出したグラマラスな曲線に自身のオリジナリティーを投影させている。DJ KYOKO という一人のアーティストが生み出す、DJ ミックスというアートフォームの、ひとつの完成形にしてマスターピースがここに誕生する。

read more

DJ KYOKO
2016.11.29

read more

EKLP-004 Clouds
2016.10.14

ele-king presents VINYL FOREVER series vol.4
ele-kingの12インチ・アナログ盤シリーズの第四弾は、なんと、ジジ・マシンの美しき最高傑作「Clouds」が念願の世界初シングル化!更にBサイドにはインナー・サイエンス(Inner Science)リミックスを搭載!

先日世界初CD化されたイタリアの音楽家ジジ・マシンが1989年にリリースした傑作アルバム『Les Nouvelles Musiques De Chambre Volume 2』から、ビョーク「It’s In Our Hands」、トゥ・ロココ・ロット「Die Dinge Des Lebens」、そしてヌジャベス「Latitude」のネタとしても有名過ぎる名曲「Clouds」が何と世界初の12インチ・シングル・カット!その美しいサウンドスケープを独り占めできる嬉しすぎる一枚です。更にBサイドには、日本が世界に誇るエレクトロニック・ミュージック・アーティスト、インナー・サイエンス(Inner Science)による、オリジナルの美しさ/気持ち良さを見事なまでに継承したスペシャル・リミックスまで収録。再プレスの予定は一切なし!これは一度買い逃したら二度と入手は不可能な初回完全限定プレス!絶対にお見逃しなく!

< Inner Science Profile >
西村 尚美によるソロ・ユニット。浸透するように透明できらびやかな音色とメロディー、そこに拮抗する振り幅の広いリズムを操り、色彩豊かで独特な世界観のインストゥルメンタル/ エレクトロニック・ミュージックを産み出す。それら自作楽曲の音色がフロア中を満たす没入感あふれるライブと、様々な楽曲を大胆に紡ぐスタイルのDJ プレイを各地で展開中。自作音によるサウンドコラージュ集の二作目「Assembles 5-8」を2015 年12 月に、アンビエント・ミュージック集の新作『Living Ambient』を2016 年2 月に、オリジナル楽曲を2 曲収録したデジタル・シングル『Single Compression 1』を2016 年6 月にそれぞれリリース。

read more

PCD-24562 Disclosure
2016.10.07

熱狂的人気を得ているアンダーグラウンド・ヒーロー、そして現在のエレクトロニック・ミュージック・シーンで最も熱い注目を浴びる実力派アーティスト、カッセム・モッセが超待望のニュー・アルバムをリリース!

ライプツィヒの大注目株プロデューサー、グナー・ヴェンデルことカッセム・モッセ。ラベルにハンドスタンプされたのみのミステリアスなレーベルとしてカルトな人気を誇るWorkshopから放ったわずか数枚の12インチ・シングルでブレイク。その後はウィル・バンクヘッド主宰のThe Trilogy Tapesやボディカがボスを務めるNonplus Recordsなど、シーンにその名を轟かせる尖ったレーベルを拠点に数々のフロアに直結した個性的なトラックをプロデュース。そして満を持してUKの老舗&名門レーベルHonest Jon’s Recordsから放つ本デビュー・アルバム『Disclosure』は、ミニマルなアナログ・シンセとビートでエクスペリメンタルなグルーヴを生み出した、より深化したカッセム・モッセ・サウンドが展開されていると共に、エレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて彼の地位を不動のものにしてくれることは間違いないだろう。

read more