ジャンル: CLUBリリース情報

PCD-17737 SKY BLUE LOVE
2016.01.30

ワイルド・バンチ、マッシヴ・アタックの名作を共同プロデュースしてきたブリストル・サウンドのパイオニア、スミス& マイティのロブ・スミスの新プロジェクト!
UK、キューバ、コロンビアのミュージシャンたちからなる新たなレゲエ/ ダブを追求する集団、エーエムジェイ・コレクティヴと組んだ超強力美麗ダブ・アルバム!

◆進化を続けるブリストル・サウンドの伝道師による最新プロジェクト!
常に革新的な音楽を創造してきたUK の港町ブリストル。ワイルド・バンチ、マッシヴ・アタックなどの世界的ヒット曲を共同プロデュース、自身もスミス& マイティとして活動し、近年はRSD名義で最新のダブ・ミュージックを提示し続けるロブ・スミス。昨年11 月より今年の2 月まで長期に渡るアジアツアーを行っている中に待望の最新プロジェクトを発表!
UK、キューバ、コロンビアのミュージシャンたちが集まり、新しいレゲエを追求する集団、エーエムジェイ・コレクティヴの深くルーツに根ざしたレゲエ・サウンドをロブ・スミスが見事にダブワイズ!暖かくヘヴィー、美しくソウルフルなダブサウンドはまさにブリストル・サウンド!昨年辺りあたりからは若いリスナーも急激に増えているベース・ミュージック・シーンに、ベテラン・
プロデューサーが落とす渾身のリアル・ダブ・サウンド!!

read more

THE DIABOLICAL LIBERTIES
2016.01.22

あれは 2014 年、フランスのセットで行われたワールワイド・フェスティバルのときのことだった。作ったばかりのデモをジャイル ス・ピーターソンとアレックス・パッチワークに聴かせたんだ。人生の大半を暗いクラブの中で踊りながら過ごしたことについて の詩を書いてたんだけど、それを封筒に入れてアンドリュー・ウェザオールに渡したんだ。その中の詩からできたのが「Wind Up Saint Peter」という曲だった。

いくつかの詩は音楽に合うかもしれないと、アンドリューが提案してくれたので、私はバックトラ ックの上にギターを弾いて上から重ね、シェイカーやドラムと合わせたんだ。 全てにスペース・エコーのディレイをかけているから、ンボングワナ・スター(コンゴ、キンシャサ のバンド)の音楽のように奇妙に聴こえるかもしれないね。アレックスがミックスしたいと手を挙げ てくれて、ジャイルスは必ず DJ でプレイできるようなサウンドにするべきとアドバイスをくれたん だ。こうして誕生したのが、ダイアボリカル・リバティーズだ。

名前は映画の「長く熱い週末(原題:The Long Good Friday)」から取ったんだ。有名なロンドンの 映画だよ。ボブ・ホスキンスが演じるギャングスターのハロルド・シャンドが、ロンドンの再開発計 画を取り仕切ろうとしていた。ある場面でハロルドがロンドンの他のギャング達を集めて自由が 奪われることについて語っていた。つまりはダイアボリカル・リバーティズ(極悪非道な自由)なん だ。ロンドンはトタンの 70 年代から磨かれたガラスの 80 年代にかけて大きく変化してきた。この音楽はその大きな変化のサウンドトラックなんだ。オン・ユー・サウンド、サン・ラー、トーキング・ヘッズ、ジャー・シャカ、マンキ ューソのロフト、PIL などなど。それから DJ ハーヴィーに要約される「セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!!』から『サタデー ナイト・フィーヴァー』までが同じ年に発表された」ような精神も含まれている。こういうことに完全に影響されたんだ。

私は当時から今までずっと踊り続けている。クラブシーンをさまよい続けてその精神を追い続けている。すべては輪廻転生の ように繋がっているんだ。そして今こそ、その極悪非道な自由をイギリスの暗いダンスフロアに取り戻すときなんだ。
昔の海賊のサウンド、ラム酒を飲みながらヴードゥーのチャントを唱え、また岸から離れていく。そんな感じかな。

read more

PCD-24483 Dancefloors Of England
2016.01.16

「80 年代のポスト・パンク主義と現代の秘密クラブ主義の究極のコネクション!」
― ジャイルス・ピーターソン

「脱工業化したイギリスにおける、蒸留された音楽のエッセンス。」
アンドリュー・ウェザオール

「ロブ・ギャラガーと言えば、拳。昔僕が働いていた京都のクラブに遊びに来て、真っ白い壁に拳のイラストを描い て帰った。上に”TALKING LOUD”、下に”GALLIANO”と付け加えて・・・。あれから 25 年。彼がまた新しい事を始め る。それは何にも似ていない音楽。エレトリックでオーガニックで近未来的で詩的。どことなくユーモラスな響きを 感じさせながらも、これまでも常にそうであったように強烈な初期衝動に貫かれている。それが彼の拳。意思の強さ と反抗を象徴する拳でロブは既存の価値観を突き破る。だから彼が作るものと同じ音楽は何処にも存在しない。彼が 唯一無二なのと同じように。」
沖野修也(Kyoto Jazz Massive)

「ダイアボリカル・リバティーズ!これぞ21世紀のノー・ウェイヴ。ガリアーノ、アール・ジンガー、トゥー・バンクス・オブ・フォーとメジャーからアンダーグラウンドまで縦横無尽に駆け巡り、リリシスト、MC、シンガー、プロデューサーとして傑出した個性を見せつけるエンターテイナー、ロブ・ギャラガーが仕掛ける次の一手。もう誰も彼に追いつけない!」
― 松浦俊夫

「ガリアーノ解散以降もなお、様々な名義を使い分けて僕達を楽しませてくれるロブ・ギャラガーの最新作は、ダンスフロアから湧き上がるような彼の声に乗って、英国紳士のダンディズムとユーモアが押し寄せてくる狂気の”JAZZ”だ!」
― 社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

「アール・ジンガーによる最高のデリバリーさ!ときにニューウェイヴ、ときにはトライバルでミステリアスなアップテンポのビート!「Heyy You, Let’s Dance」を聴いているときはトランス状態さ。そして一番のお気に入りは「This will change it」。ダイアボリカル・リバティーズが描くショーに身も心も委ねて欲しい!」
― Lefto ( World Citizen | Brownswood | Worldwide Family)

「ダイアボリカル・リバティーズ=UKパンク・レイヴ・ディスコ・カルチャーをひとまとめにしたダンスミュージック!」
― Thris Tian (Boiler Room)


ガリアーノ〜トゥ・バンクス・オブ・フォーとして活動し、UK クラブミュージック・シーンにおけるア シッド・ジャズやクラブ・ジャズ・ムーヴメントの中心人物ロブ・ギャラガーが、「80 年台初頭の ポスト・パンクと初期ハウスのスピリットに、リー・ペリーとサン・ラーからの影響を現代風に落 とし込んだ音楽。自分が 20 年間クラブで何をしてきたのかというのを表現したんだ。」と本 人が語る最新プロジェクト!すでにジャイルスもヘヴィー・プレイ中の話題作がついにアルバ ムでリリース!

◆このプロジェクトのきっかけはジャイルス・ピーターソンとアンドリュー・ウェザオール!
デモをジャイルスに聴かせたことと、書き溜めた詩集を読んだアンドリューが音楽するべきだと言ったことが始動の きっかけだという。この数十年間ロンドンに起きた大きな変化のサウンドトラックというべきこのアルバムは、古き良 き時代のダンスミュージックがもつ自由な精神性を、抑圧された今の社会のダンスフロアに取り戻すべく現代風に 落とし込んだプロダクション。ジャンルレスな音楽に聴こえるが、パンク持つ荒々しい精神性、DJ ムーヴメント初期 の自由な風潮、クラブ・ミュージックが持つダンス向けのグルーヴを兼ね備えた、いまでも常にフロアに立って踊り 続けているロブ・ギャラガーが贈る最新進化したダンスミュージック!すでにジャイルス・ピーターソンやソイル・アンド・ピンプ・セッションズの社長はラジオやクラブでヘヴィー・プレイ、沖 野修也や松浦俊夫も大推薦する話題作がついにアルバムでリリース!!

read more

ISBN-978-4-907276-48-5 クラブ / インディ レーベル・ガイドブック
2016.01.09

XL からメキシカン・サマーまで、モダン・ラヴからPAN、ドリーム・カタログまで。サブスク時代の“レーベル聴き”ガイド!

名盤の背後に名レーベルあり。
老舗からネットレーベルまで、90 年代を起点に現在までを整理・考察するインディ・レーベル・ガイドが登場。

時代を築くのはアーティストや音だけではない。
名盤・奇盤、そしてさまざまな音楽ムーヴメントの背後には、歴史的な瞬間をつくったレーベルが多数存在している。

その存在や流れを押さえることは、いまだ知らなかった素晴らしい音楽に出会うためのひとつの近道にもなるだろう。

ということで、何でも聴ける時代だからこそ知っておくと得をする“レーベル聴き”のススメ!90 年代を起点として、インディ・ロックからダンス・ミュージックまで、アンダーグラウンドからエスタブリッシュメントまで、シーンをつくってきた重要レーベルを一冊かけて整理・考察します。

read more

YOUNG MARCO
2016.01.08

read more

SWINDLE [DBS: Swindle『peace, Love & MUSIC』 Release Party!]at 東京
2015.12.21

DBS presents
SWINDLE『PEACE,LOVE & MUSIC』
Release Party!

with Flava D
2016. 01.10 (SAT) @ UNIT

feat.
SWINDLE , Flava D
Elijah & Skilliam (Butterz,UK)

with.
PART2STYLE SOUND, HyperJuice

open/start 23:30

adv.3,300 yen (ポスター付き)/ door 3,500 yen

info. 03.5459.8630 UNIT
www.unit-tokyo.com
http://www.dbs-tokyo.com

<UNIT>
Za HOUSE BLD. 1-34-17 EBISU-NISHI, SHIBUYA-KU, TOKYO
tel.03-5459-8630
www.unit-tokyo.com

read more

SWINDLE [「Peace, Love & Music」JAPAN TOUR 2016]at 大阪
2015.12.21

【大阪】
2016/01/09(土)
「Peace, Love & Music」JAPAN TOUR 2016 @ Onzieme
21:00 Open
DOOR: ¥3000/1D, LINE/GUEST: ¥2000/w1D, WOMEN: 入場無料
Special Guest: Swindle with FlavaD
GUEST DJ: KURANAKA (Zettai-Mu)
DJ: OKADADA, KEITA KAWAKAMI, and more
INFO:http://www.onzi-eme.com/schedule/20160109.html

read more

SWINDLE [「Peace, Love & Music」JAPAN TOUR 2016]at 愛知
2015.12.21

【名古屋】
2016/01/08(金)
Goodweather @ Mago
23:00 Open
ADV: ¥3,500, DOOR: ¥4,000
Line-up:
Swindle (UK)
Flava D
沖野修也
PART2STYLE SOUND
VAR$VS
Misonikov Quitavitch
DJ UJI FEAT, BRAVOO
Photographer:JUN YOKOYAMA
《PHOTO Exhibition “ON AIR, ON PRINT” JUN YOKOYAMA》
INFO:http://club-mago.co.jp/

read more

PCD-24470 Ultimate Care II
2015.12.10

コンセプチュアル・エレクトロニクス・デュオ、マトモス、3年ぶりのニュー・アルバム!完全に洗濯機が発生するサウンドのみによって構築された、とんでもキテレツかつポップな傑作!

■サンフランシスコで結成され、現在はボルチモアに拠点を置く、ドゥルー・ダニエル&M.C.シュミットの革新的変態エレクトロニクス・デュオ、マトモス。その3年ぶりのニュー・アルバムは、なんとワールプール社のアルティメット・ケアII型洗濯機が発生するサウンドのみで構築されたというもの。洗濯の設定を合わせるダイアルを回す音からはじまり、洗濯の終了を知らせるブザー音で終わるという、なんともバカバカしくも痛快な全一曲、38分強のアルバム。

■しかし、そこはマトモス。インダストリアルからヴォーグ、ガバ、マイアミ・ベース、フリー・ジャズ、ハウス、クラウトロック、ドローン、ミュージック・コンクレート、ニュー・エイジまで、彼らのハイブリッドな音楽的DNAのすべてが詰まった、ときにダンサブルでポップでさえある、インテレクチュアルかつユーモアたっぷりの極上の娯楽作品に仕上がっている。すべて洗濯機の音で構築されているとはにわかには信じがたい。

■ダン・ディーコン、ジェイソン・ウィレット(ハーフ・ジャパニーズ)他、地元の仲間たち(そのうちの何人かはマトモス家の洗濯機をシェアしている)がゲスト参加。

■日本盤のみのボーナス・トラック「Low Agitation」(「低速撹拌」?)収録。

■マトモスはビョークのアルバム『ヴェスパタイン』(2001年)、『メダラ』(2004年)に参加し、2001~03年にかけては彼女のライヴにも欠かせない存在だった。

read more

AMBIQ
2015.11.30

read more