ジャンル: CLUBリリース情報

PCD-24795 IRISIRI
2018.12.25

「ケイト・ブッシュのIDMヴァージョン/ビョーク以来の衝撃。“Inclined”はぼくが今年聴いた音楽のなかで最高の1曲」 ── 野田努(ele-king)

あまりに強烈な視覚表現に、不敵なまでに先鋭的なエレクトロニック・サウンド、現代思想チックな詞世界──
音×言葉×映像が一体となった過激で妖艶なパフォーミングアートは、ビョーク、ジュリア・ホルターからアルカ、OPNファンまで覚醒必至!

■ 実験的なサウンドに秘められた強烈な美意識
ニューヨーク、クイーンズを拠点とするアーティスト、アレクサンドラ・ドリューチンによるソロ・プロジェクト=アースイーター、衝撃の日本デビュー! ベルリンが誇るエクスペリメンタル・レーベル“PAN”から2018年6月にLPとデジタル配信でリリースされたサード・アルバム『IRISIRI』をここに日本独自CD化! ハープやストリングスの音色とアブストラクトな電子ビートが織りなすクラシカルにして先鋭的な美世界、そして3オクターブを駆使した妖艶なヴォーカルワーク…… 一聴するとミニマルで静謐な実験音楽のようでありながら、その奥に秘められた郷愁や荒々しいエネルギーがリスナーを陶酔と覚醒の淵にズブズブと惹き込み、すっかりハマってしまうのだ。

■ インパクト絶大な視覚表現
彼女はサウンドだけでなく、とにかく視覚表現がスゴい! 「Peripheral」「Inclined」「Claustra」など本作のMVだけを観ても、シュールで危うくどこか背筋がゾクッとするような表現にくぎ付けになってしまうが、ぜひ彼女のSNSも併せてチェックしてほしい。そこには直視するのを躊躇われるほどキワどい格好&ポージングの写真や、戦慄するほど柔軟な体をもの凄い角度にクネらせたもの、かと思えばカラフルなメイクで草原に横たわるもの、清楚なドレスで愛らしさを振りまくもの、修道女のように厳かなものなどなど、変幻自在なパフォーミングアートぶりで楽しませてくれる。その過激で知的でワイルドでクールな総合芸術表現は、ビョークにも匹敵するほど鮮やかで衝撃的だ!

read more

EARTHEATER
2018.12.20

read more

DGP-657 There Will Come A Time feat. Prof. Brian Cox (We Will Die Remix)
2018.11.22

“UKテクノ四天王”オービタル、2018年9月にリリースされた6年ぶりのニュー・アルバム『Monsters Exist』からのニュー・シングル! ブライアン・コックス博士のスピーチをフィーチャーして話題を呼んだ「There Will Come A Time」をオービタル自らダンサブルにリミックス!

read more

PCD-24768 Young Romance
2018.10.02

現代最良のシンセポップ・アルバム誕生! 話題のルーズヴェルトが放つ珠玉の2ndアルバムは、ウォッシュト・アウトもゲスト参加!

海外メディアからの相次ぐ絶賛やチャーチズやライへのリミックス提供など、注目度も評価も急上昇中! 次代のエレクトロ・ポップ・シーンを担う男の圧倒的センスが炸裂した必聴盤!
リリースはホット・チップのメンバー主宰レーベルGreco-Romanから!

ドイツはケルン出身の若きプロデューサー、マリウス・ラウバーによるソロ・ユニット、ルーズヴェルト。ホット・チップのジョー・ゴダードが主宰するレーベル“Greco-Roman”から2012年にデビューすると、翌年リリースされた1st EPの表題曲「Elliot」がいきなりPitchforkの“Best New Track”を獲得。ホット・チップのツアー・サポート等でも名を上げ、2016年のファースト・アルバム『Roosevelt』は、欧米各地で大絶賛。日本盤リリースが無かったにも関わらず、ここ日本でもヒットを記録した。
それから2年半、待望の2ndアルバムにして日本デビュー作となる『Young Romance』がここに完成! 80’sシンセポップ~ディスコ・ポップやバレアリックなどからの影響をストレートに表現したカラフルなポップサウンドは、前作からの正常進化といえる極上の仕上がりで、メロディも音作りも抜群にキャッチー&ハイクオリティ。そして、淡い切なさを湛えた軽やかなダンスビートは我々日本人の琴線にまたしてもジャストフィット。先行シングル「Under the Sun」や、このジャンルの先輩格であるウォッシュト・アウトをフィーチャーした「Forgive」をはじめ、今回も珠玉のポップサウンドがこれでもかと詰まっている。80年代の香りを“今”の感覚でアップデートするエレクトロ・ポップ系のアーティストは数多いが、本作は彼のセンスが頭ひとつ抜けていることを鮮やかに証明する傑作であり、今後の更なるブレイクは間違いない!

Roosevelt – Under The Sun [Official Music Video]
https://www.youtube.com/watch?v=9GO-fscCNdI

Roosevelt – Shadows [Official Music Video]
https://www.youtube.com/watch?v=Wo0xAiDGCXY

read more

ROOSEVELT
2018.10.01

read more

TUGR-080 Traversa
2018.09.10

LAが誇る稀代のビートメイカーBathsによるアンビエント・ミュージックにフォーカスしたプロジェクト=Geotic(ジオティック)による最新作は、前作に引続き名門〈Ghostly International〉よりリリース!

テクノ~エレクトロサウンドを基調とし、想像の可能性を押し広げてくれるような、時代を大きく横断するタイムトラベルを体感出来る比類なきサウンド! この多幸感が少しでも長く続いてほしいと願い、ゆっくりと時が流れるようなM①で始まり、哀愁漂うピアノのフレーズとキックドラムを用いて、楽々とやむことのない、ロマンチックな10代の愉快な空想を人々に思い出させるM④、怒りや、裏切りといった感情が呼び起こされた後、雰囲気が一転し、語り手と主人公が夜に人知れず駆け落ちするM⑦など。稀代のビートメイカー、ウィル・ウィーゼンフェルドにしか生み出せない創造性溢れるタイムトラベルなサウンドは必聴!

read more

DGP-687 The End Is Nigh
2018.08.31

オービタルのニュー・アルバム『Monsters Exist』からの先行シングル第5弾にして、アルバムリリース前最後のシングルは、ベース・ミュージックに対するオービタルからの返答とも言うべき楽曲「The End Is Nigh」! 来るべきアルバムはいよいよ2018年9月14日リリース!

read more

DGP-684 P.H.U.K.U
2018.08.17

アンダーワールド、ケミカル・ブラザーズ、プロディジーと並ぶ“UKテクノ四天王”=オービタル。9/14に全世界同時リリースとなる超待望の6年ぶりニュー・アルバム『Monsters Exist』から、収録曲「P.H.U.K.」のリミックスバージョン「P.H.U.K.U.」がシングルリリース! フィル&ポールのハートノル兄弟自身によるリミックスで、気になるタイトル「P.H.U.K.U.」とは「Please Help U.K. Urgent(至急)」の略。アルバムには収録されない配信限定音源!

read more

DGP-678 P.H.U.K. (Edit)
2018.07.31

2018年9月14日に全世界同時リリースとなる“UKテクノ四天王”=オービタルの6年ぶりニュー・アルバム『Monsters Exist』からの先行シングル第3弾! タイトルの「P.H.U.K.」は「Please Help UK」の略。アルバムのテーマである現代の社会情勢への反抗心とレイヴへの回帰がダイレクトに提示されたキラーチューン!

read more

DGP-677 Tiny Foldable Cities (Kareful Remix)
2018.07.31

2018年9月14日に全世界同時リリースとなる“UKテクノ四天王”=オービタルの6年ぶりニュー・アルバム『Monsters Exist』からの先行シングル第2弾は、第1弾シングル「Tiny Foldable Cities」のリミックス・ヴァージョン!

read more