ジャンル: BLUESリリース情報

PCD-25077 Evolution Blues
2008.06.06

鋼鉄のブルース・ギター再び!シカゴで活躍するあの”21世紀のブルースマン”がさらに進化して帰ってきた!!

2002年Pヴァインからの正式デビュー・アルバム『エレクトリック・ブルース・ランド』で衝撃的なブルース・ロック・ギターを聴かせたピストル・ピート。

02年の来日公演でも見せた激烈なパフォーマンスは健在、いまもシカゴで精力的に活動を続けている。その彼が再びPヴァイン・プロデュースで待望の新作を作り上げた! 

オリジナルはもちろん、ジミ・ヘンドリックスからスティーヴィ・レイ・ヴォーン、スティーヴ・ミラー・バンド(!)のカヴァーまで繰り出し、さらに爆発力・突進力が増したド派手なギターで21世紀のブルースを弾きまくる! 前作同様ジェフリー・ロウ(b)、マーク・オット(d)とのトリオ編成で真っ黒グルーヴを放出する、これがファンキー・ブルース・ロックの進化形だ。

read more

PCD-23984 Everybody Knows About My Good Thing
2008.06.06

リトル・ジョニー・テイラーといえば「パート・タイム・ラヴ」をヒットさせたギャラクシー時代もいいけど、やっぱり脂の乗った70年代ジュウェル/ロン時代も最高! 

ブルース退潮の中、「エヴリバディ・ノウズ・アバウト・マイ・グッド・シング」や「オープン・ハウス・アット・マイ・ハウス」をチャート・ヒットさせたLJTは70年代モダン・ブルースの宝です。マイルス・グレイスンのプロデュースによるこの73年発表ロン第1弾でもゴスペルを基調とした力強いヴォーカルでたっぷり歌い上げるLJT、堪りません。

71年ソウル・チャート9位のヒットとなったハードにプリーチする表題作ほか、ファンキーな「ゼアズ・サムシング・オン・ユア・マインド」やサム・クック・マナーの「ハウ・アー・ユー・フィクスド・フォー・ラヴ」などスウィート&ソウルフルな良曲ばかり収録した大傑作。

サザン~ディープ~ゴスペル・ソウル・ファンは必携。 

read more

PCD-93082 Between The Dirt And Sky
2008.06.06

ジョン・バトラーやザビエル・ラッド、皆このジェフ・ラングがいたからこそ存在した!良質なルーツ・ミュージックを提供し続けるオーストラリアのシーンを支え続ける、天才スライド・ギター職人、遂に日本デビュー!!

●サーフ系やらオーガニック系だので、雰囲気だけで安易に氾濫してしまったシンガー・ソングライターですが、遂にホンモノが登場!超絶なスライド・ギター、バンジョー、ラップ・スティールの演奏力だけでなく、奥の深い詩の世界、そして心に響く圧倒的な歌唱力。そのどれを取ってもトップクラスだけでなく、全て併せ持った天才がこのジェフ・ラング。

●アコギとエレキの音を同時に出すという手法を独自に生み出したジェフ。それをジョン・バトラーが本人から教わり、その魅力を世界に伝えたが、やはり師匠のレベルは違う!類を見ないグルーブとテクニックでボブ・ディラン、リチャード・トンプソン、ドクター・ジョンの前座にも抜擢される実力が遂に明らかに!

●ライ・クーダーにも引きを取らない世界観と、ジャム・バンド好きでも即ハマレる心地よさを兼ね備えた、真のアーティスト。どこまでもブルージーでソウルフル、じわじわと心に染みて行くこの最高の音色を聞かずしてシンガー・ソングライターを語れるか!何で今まで隠れてたんだ!と言いたいくらいの今世紀最高の発見!!

「最近まで全く知らなかったジェフ・ラングのスライド・ギターは非常に気に入っています。ブルース・ロックのようなノリの曲もあり、かと思えばフォークを実験的に発展させた曲もあったり、ジャズっぽいニュアンスを持ったルーツ・ミュージックもあったり、いい意味で予想を裏切るアーティストです。渋く繊細なヴォーカルには彼が仲良くしていたクリス・ウィートリーにも共通するところもありますが、神が就職の面接に現れる曲の歌詞には粋な知性も感じられます。ちょっとした発見なんです、この人は。」

―ピーター・バラカン

  

「ジェフ・ラングは、僕の素直な意見として言わせてもらうと、国の宝だよ。優れた才能を持ったソングライターである上、ギターリストとしても素晴らしい。オーストラリアだけでなく、世界中にを名を持つ数々のルーツ系ミュージシャン達に多大なる影響を与えているし、この世代の最高のアーティストの一人として歴史に残るべき人物だ。僕にとっても大きなインスピレーションになっているし、素晴らしい友人だよ。ミスター・ラングよ、永遠に!」

―ジョン・バトラー/ジョン・バトラー・トリオ

「オーストラリア最高のルーツ・ミュージックの芸術家。」

―ローリング・ストーン誌

read more

PCD-23985 Open House At My House
2008.06.06

リトル・ジョニー・テイラー、充実の70年代ジュウェル/ロン時代第2弾となる本作。

プロデュースは自身もシンガーとして知られるボビー・パタースンだ。そのパタースンのペンによる表題作や「ユーア・ノット・ジ・オンリー・ワン・ベイビー」で有無を言わせぬパワフルなゴスペル・ブルースを浴びせかけるLJTが凄い。

テイラーの自作「スペシャル・ローズ」のようなサム・クック直系バラード、70年代モダン・ブルース・テイストたっぷりの「アイル・メイク・イット・ワース・ユア・ホワイル」などどれも至福の心地良さ。

これぞ70年代モダン・ブルースの傑作、LJTこそ21世紀に伝え遺したい名シンガーのひとりなのです。

read more

PCD-93083 Swings in Tokyo-Live at the Park Tower Blues Festival ’95
2008.06.06

数々の伝説を遺して2006年11月26日にこの世を去ったロバート・ジュニア・ロックウッド。95年パークタワー・ブルース・フェスティバルでの雄姿を記録したPヴァイン制作ライヴ盤が復活です!

ロバート・ジョンスンを義父としてブルースを引き継ぎ、「ブルースの生き神様」と呼ばれ活動を続けたロックウッド。その最良の理解者となる日本のファンを前にしての、95年12月、80才にしてたくましく想像力あふれるブルースを爆発させた来日公演を収録したのが本作です。ジョンスン直伝の古典スタイルからアーバン・ブルース、ジャズまでこなすロックウッドのギター、やはり最高です。ロックウッドにとって”自己を最も正当に評価してくれる国”日本でのライヴ収録は特別なものとなりました。サイド・ギターの大役を小出斉(『ブルース・CDガイド・ブック2.0』他著書多数、ローラーコースター他で活躍中)が務め、プロデュースも担当しています。

長らく廃盤状態でしたが、今般プライス・ダウンで再発いたします。

read more