メディア: 7inchリリース情報

SUNLP-003 星空
2008.06.06

おかげさまで爆発的売れ行き!のリトルテンポ最新アルバムから、ご要望の高かった7インチアナログをシングルカット!!

第3弾はビターなテイストでメロディックな”星空”そしてB面にはキラー!な名曲”over the rainbow”をカップリングして届け。

read more

PLP-6012 レゲエ狂のうた c/w 肥料
2008.06.06

あれれ、あれれ、アラレ!!
アーティスト・アルバム・デビューならぬベスト・ミックスCDデビューを果たし、ヒット街道目下驀進中の風雲児ARARE!!

本7インチ・ヴァイナルは『ひとりあそびVol. 0』(PCD-4383)収録の超強力リード曲「レゲエ狂のうた」をA面に、コンシャスネス満載の応援歌(新曲)「肥料」をB面に収録!
このドーナツ盤はソンマンが泣いて喜ぶスーパーお買い得盤、売り切れ御免の完全限定400枚プレスですっ!!

read more

ELIEP-1 The Satisfier
2008.06.06

オーティス・レディングやサム・クックの霊が乗り移ったとしか思えないこの声、このスタイルで白人、しかも20代、おまけに全曲オリジナルというからもっとオドロキ!ヴィンテージな’60sディープ/サザン・ソウルの世界を奇蹟的に再現しつつ、しかもPOPで親しみやすいグルーヴ感を持ったサウンド、そして情念こめまくりのソウルフルなシャウトで今年ブレイク必至のイーライの7インチ盤!

read more

PLP-6010 Greetings / Under Mi Sensi (Retro Remix)
2008.06.06

既に話題騒然、7月25日にリリースされたPヴァイン・ノンストップ発のリメイク系ダンスホール・レゲエ・コンピCD『Remakes Come Again -Greetings To All Raggamuffin-』(PVCP-8809)より早くも7インチ計2枚(全4曲)がヴァイナル・カット!!
どちらも限定400枚プレス!!

SIDE A: キャッチーなメロディー&メッセージで21世紀になった今なお愛され続けるダンスホール・クラシックのリメイク。元曲を歌うは御大ハーフ・パイント、カヴァーするはハイトーン・ヴォイスが武器の若きラスタ戦士、ミスター・パーフェクト!

SIDE B: コンピュータライズド・ダンスホール・レゲエの起源とも言える歴史的リディム「スレンテン」のリメイク・リディムに乗せて、今や世界的大スターのミスター・ベガスを筆頭に総勢3名のアーティストが掛け合う究極的な3 The Hard Way!!

read more

PLP-6011 Have You Ever / This Is The Song
2008.06.06

既に話題騒然、7月25日にリリースされたPヴァイン・ノンストップ発のリメイク系ダンスホール・レゲエ・コンピCD『Remakes Come Again -Greetings To All Raggamuffin-』(PVCP-8809)より早くも7インチ計2枚(全4曲)がヴァイナル・カット!!
どちらも限定400枚プレス!!

SIDE A: グラミー賞受賞経験を持つビーニ・マンが、「不良」の意味を履き違える若者に対し「銃をぶっ放した経験があるのか?そんな経験は本来すべき経験じゃないぜ!」というただひたすらに熱く、そして正しいメッセージを発信する道徳的楽曲!!

SIDE B: 故テナー・ソウによる「スレンテン」代表曲として人気を誇る「パンプキン・ベリー」のカヴァーbyバニー・ジェネラル!後半のマシンガン・チャットや奥深いバック・コーラス(アウト・オブ・キー!)など飽きさせない工夫が満載、最高!!

read more

PLP-6017 Love Means Everything
2008.06.06

<groove-diggers>シリーズからキラー・チューンを選りすぐって45化、コレクト欲旺盛なディガーを武者奮いさせてしまいます!

トップバッターは当シリーズのリーディングヒッターを担ってくれたタッチ・オブ・クラスのこみ上げダンサー"Love Means Everything"に、ロイ・エアーズ系ヴァイブ・グルーヴ好きには卒倒モノだったテッド・コールマン・バンド"If We Took The Time"のダブルサイダー!

read more

PLP-6018 Twenty Four Hours A Day
2008.06.06

<groove-diggers>ドーナツ化現象・第二波は、これぞディガーのアドレナリン値を上げるカップリング!だってどっちもオリジナル盤がレアですから。

[Jazzman]が"Soulful Proclamation"切るなら、うちは後のバートン・インクにつながるモダン・ソウル"Twenty Four Hours A Day"を胸張って選びます。
フリップサイドにはレアさでタメを張るへヴン・セント&エクスタシーの高揚感溢れる"Rapping With My Subconscious Mind"!

read more