ジャンル: BLUESリリース情報

PCD-93984 Bobby’s Record Shop
2016.01.16

2011年1月7日に93歳でこの世を去ったニューヨークの名物プロデューサー、ボビー・ロビンスンが主宰していたフューリー、ファイア等のレーベルのカタログのなかから、ピーター・バラカンがお気に入りのブルーズ/R&Bナンバーをコンパイル! まさに“ボビーズ・レコード・ショップ”といった趣の、ヴァラエティに富んだゴキゲンなコンピレイション!

■カントリー・ブルーズからオールドスクール・ラップまで、戦後ブラック・ミュージック全史を記録したニューヨーク、ハーレムの誇り高きインディペンデント・プロデューサー、ボビー・ロビンスン。彼が1950~60年代に制作したブルーズ/R&B作品を使用した、ピーター・バラカンの全面監修によるコンピレイション!
■ピーター・バラカンこだわりの選曲で、カントリー・ブルーズからR&Bまで幅広く収録。エルモア・ジェイムズやリー・ドーシーらのスタンダード/クラシック・ナンバーを中心に、通好みの楽曲もピックアップ。ボビー・ロビンスンの業績と、彼があの有名なアポロ・シアターのすぐ近くに開いたレコード店“Bobby’s Record Shop”に敬意を表したコンピレイション。

定番のヒット曲からかなりレアなものまで、すべてシングル盤で発売された30曲を、ハーレムの名物レコード・マン、ボビー・ロビンスンが持っていたレーベルの音源から選曲しました。50~60年代の黄金時代のR&Bやブルーズを、初心者にもぜひ味わってもらいたいです!
― ピーター・バラカン

read more

PCD-24494 The Chicago Way
2016.01.16

シカゴ生まれのブルース・ギタリスト/シンガー・ソングライター、トロンゾ・キャノンの名門アリゲーター移籍第一弾!過去3作をはるかに凌駕する大充実作!この男がシカゴ・ブルースの歴史に新たなる1ページを刻む!

■L.V.バンクスやウェイン・ベイカー・ブルックスといったアーティストのサイドマンを経て、2007年に自主制作アルバムでデビュー。その後、デルマークから2枚のアルバムをリリースしているトロンゾ・キャノンがアリゲーターからリリースする通算第4作『ザ・シカゴ・ウェイ』。

■アリゲーター社長ブルース・イグロアとトロンゾ・キャノン自身のプロデュースで、すべて本人のオリジナル曲で構成された本作は、トロンゾのコンテンポラリー・ブルースの未来像に対するワクワクするようなショウケースとなっている。ジミ・ヘンドリックスや、B.B.、アルバート、フレディのスリー・キングズからバディ・ガイ、J.B.ハットー、さらにはアル・グリーンまで、幅広いアーティストの影響を吸収し、独自のスタイルを作り上げている。いやがおうにもアルバート・キングを彷彿させる、左利きのフライングVから繰り出す切れ味鋭いギター、力強くソウルフルなヴォーカル……、ブルース界のネクスト・ブレイクはコイツに間違いなし!

■軽快なシャッフルやハード・ブルースからなめらかなバラードにファンキーR&Bまで、シカゴ・ブルースのあらゆるフレイヴァーをブレンドし、自己のものにしているトロンゾ・キャノンのガッツを感じてほしい!

read more

PCD-24485 Music, Maestro, Please
2016.01.16

西海岸のベテランブルースピアニスト/シンガーのチャールズ・ブラウンが’78 年BIG TOWN よりリリースした極上メロウ&グッドタイミーな名盤が、遂に世界初CD 化!ブルースファンのみならずAOR ファンも感涙の至上盤!

《MELLOW BLUES MADNESS series》
「ブルース」といえばダウンホームかダーティー!?
いえいえ、それだけじゃありません!
ソウル〜AOR 等のファンにもオススメしたい、グッドタイミーでメロウなブルース名盤もあるのです!世界初CD 化作品含むとっておきの4 タイトルをご賞味あれ!

read more

PCD-24486 Gainelining
2016.01.16

テキサス生まれの名ギタリスト、ロイ・ゲインズがあのクルセイダーズのメンバーとイギリスで録音した名作(’80 年作) が待望の再発売!ロイ・ゲインズによる職人技ギタープレイとスムース&ファンキーなバッキングが円熟のメロウネスを聴かせる、フュージョンファンにもオススメの必携盤!

《MELLOW BLUES MADNESS series》
「ブルース」といえばダウンホームかダーティー!?
いえいえ、それだけじゃありません!
ソウル〜AOR 等のファンにもオススメしたい、グッドタイミーでメロウなブルース名盤もあるのです!世界初CD 化作品含むとっておきの4 タイトルをご賞味あれ!

read more

PCD-93978 Taylor Made
2016.01.16

伸びやかなハイテナーボイスでソウルファンからも高い評価を得る、テッド・テイラーの名盤『テイラー・メイド』(71 年作) が、待望の再発売!ブルースを基調としながらも、しなやかなグルーヴの大海を悠々と泳ぎすすむような、暖かなメロウネスを聴け!

《MELLOW BLUES MADNESS series》
「ブルース」といえばダウンホームかダーティー!?
いえいえ、それだけじゃありません!
ソウル〜AOR 等のファンにもオススメしたい、グッドタイミーでメロウなブルース名盤もあるのです!世界初CD 化作品含むとっておきの4 タイトルをご賞味あれ!

read more

PCD-93979 See There!
2016.01.16

ブルーズンソウルなジューシー夫婦デュオが魅せる94 年ブラックトップ作!ジャジー&ソウルフルな味わいを湛えつつ、キャロルの膨よかなボーカルとハラマンのイナセなギターが魅せる特濃メロウブルースの世界!

《MELLOW BLUES MADNESS series》
「ブルース」といえばダウンホームかダーティー!?
いえいえ、それだけじゃありません!
ソウル〜AOR 等のファンにもオススメしたい、グッドタイミーでメロウなブルース名盤もあるのです!世界初CD 化作品含むとっておきの4 タイトルをご賞味あれ!

read more

PCD-25195 God Don’t Never Change: The Songs Of Blind Willie Johnson
2016.01.02

ロバート・ジョンスンからホワイト・ストライプスまで、数多くのミュージシャンに影響を与えた伝説のギター・エヴァンジェリスト(伝道師)、ブラインド・ウィリー・ジョンスンのトリビュート・アルバム!

僕にとっては、真に神聖に響く音楽を奏でるごく一握りのミュージシャンのひとり
― デレク・トラックス

■美しいほどに強烈なダミ声と卓越したスライド・ギターでプリーチした、戦前テキサスの偉大なギター・エヴァンジェリスト(伝道師)、ブラインド・ウィリー・ジョンスン。ボブ・ディランやエリック・クラプトン、レッド・ツェッペリン、ライ・クーダー、ニック・ケイヴ等、ロック・ミュージシャンの信奉者も多い彼のトリビュート・アルバム。
クラウドファンディングによって実現した好企画盤。

■トム・ウェイツ、デレク・トラックス&スーザン・テデスキに加え、シネイド・オコナー、リッキー・リー・ジョーンズ等、参加ミュージシャンも超豪華。
比類なきブラインド・ウィリー・ジョンスンの音楽――荒々しく、その生々しく、ひりひりしたむき出しの美を、選りすぐりのアーティストたちが称える。

■ブラインド・ウィリー・ジョンスンの「Dark Was the Night, Cold Was the Ground」は、1977年にボイジャー号に積載されたレコードにも収められた。
本作ではリッキー・リー・ジョーンズがカヴァーしている同曲は、ライ・クーダーが映画『パリ、テキサス』(1984年)のテーマ・ソングとして取り上げたことでも有名。

read more

CHARLES SWAYER
2015.12.03

read more

PCD-18809 立ち止まれば
2015.11.20

■藤島晃一のブルーズは他のブルーズと違って、世界で唯一無二のものです。彼の絵に関しても写真に関しても同じことがいえます。その世界に一度触れると必ず引きずり込まれて行くものがあるので、注意してくださいね!

―ピーター・バラカン

ピーター・バラカン氏が大絶賛する高知在住ブルースマンにして画家。イギリスBBC 放送で紹介され、番組ゲストに招かれたこともあり。わざわざ四国の原地にまで会いに行きNHK の番組で話題となった藤島晃一。時間があればアメリカ南部の路地を我が故郷のようにギター片手に練り歩く。
待望の新作は全13 曲+31P イラスト・ブック付き限定スペシャル・デジパック仕様。
唯一無二。魂の、路上のブルースマン!

read more

PCD-18808 信じるものなどありゃしない
2015.10.23

灼熱の猛暑のアツアツの話題盤『うどん屋で泣いた』に畳み掛ける怨念のカラス節に遂にあの名女優室井滋が合体!切なくも叙情感溢れ切々と唄う室井滋、そして闇夜も引き裂く吠えるカラスと、贅沢にも2 バージョンでたっぷりの「信じるものなどありゃしない」これは紛れもなくィ闇夜の歌謡ブルースの大傑作!!更に室井滋作詞/ 歌にカラスが曲を付けた、切なくもはかなく可愛い熟女の「夢を見るのを忘れたの」、、、ギャァと言う間の全6 曲。プロデュースはモアリズム=ナカムラ。

『今、越中じゃ北陸新幹線より話題騒然のカラスがいる。カラスは木こり。女も泣かせば酒も飲む。でも子供と年寄りにゃあ優しいんだよ。心にじんわり沁みて、久し振りに煙草吸っちゃった。』
― 室井滋

《室井 滋》
女優。富山県出身。81年早稲田大学在学中に映画『風の歌を聴け』でデビュー。映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』などで映画賞を多数受賞。12 年に日本喜劇人協会喜劇人大賞特別賞、15 年に松尾芸能賞優秀賞受賞。著書も多く、絵本作品に『しげちゃん』( 金の星社) 『ウリオ』『きらきら は・は・歯』(共に世界文化社)『チンチンボンボさん』(絵本館)。各地で絵本ライブを開催中。10月スタートの木曜ドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系)に出演。

read more