News

ISSUGIや仙人掌、KID FRESINO、JJJらの作品への参加でも知られるプロデューサー/ビートメイカー、Aru-2と昨年リリースの『CURE』も記憶に新しいラッパー/ビートメイカー、NF ZESSHOのジョイント・アルバムがリリース決定!Sweet Williamによるリミックス収録!
2019.10.03 RELEASE

ISSUGIや仙人掌、KID FRESINO、JJJらの作品への参加でも知られるプロデューサー/ビートメイカー、Aru-2と昨年リリースの『CURE』も記憶に新しいラッパー/ビートメイカー、NF ZESSHOのジョイント・アルバムがリリース決定!Sweet Williamによるリミックス収録!

◆ KID FRESINOとのコラボによる『Backword Decision For Kid Fresino』を始めとするKID FRESINOやISSUGI、仙人掌、JJJ、C.O.S.A.、環ROYらの楽曲プロデュースに自己名義のアルバム・リリース、lee (asano+ryuhei)、Yotaro、Cram、EeMu等とのコラボレーション作品のリリースなどで知られ、ボーカル・プロジェクトであるNotology名義での作品リリースも話題となったプロデューサー/ビートメイカー、Aru-2(アルツー)。そのAru-2や唾奇、Sweet Williamらが参加した昨年リリースのアルバム『CURE』でシーンにその名を広く知らしめた福岡出身のラッパー/ビートメイカー、NF ZESSHO(エヌエフ・ゼッショー)。

read more

新世代ジャズユニット“Vityazz(ヴィチアス)”1stアルバム、いよいよ本日全国発売!showmore根津まなみさんからの推薦コメントも公開!
2019.10.02 RELEASE

新世代ジャズユニット“Vityazz(ヴィチアス)”1stアルバム、いよいよ本日全国発売!showmore根津まなみさんからの推薦コメントも公開!

現代的なジャズサウンドとポリリズム&変拍子のグルーヴをクロスオーヴァーした新世代ジャズユニット“Vityazz”待望の1stアルバム『11034』がいよいよ本日全国発売!そして全国発売に伴い、DJ/音楽ライターの大塚広子さんやbohemianvoodooの山本拓矢さんなどに続き、showmoreの根津まなみさんからも推薦コメントが到着!mouse on the keysなどのVJも担当している電子音楽ユニット“Hello1103”をVJとして迎えるレコ発ライヴも11月4日に控える中、vityazzの動向をお見逃しなく!

read more

今年のフジロック、ROOKIE A GO GOにも出演したゆうらん船が2nd EP『ゆうらん船2』を本日10/2(水)CDと配信でリリース!11/29(金)には吉祥寺スターパインズカフェにて自主企画も開催!
2019.10.02 RELEASE

今年のフジロック、ROOKIE A GO GOにも出演したゆうらん船が2nd EP『ゆうらん船2』を本日10/2(水)CDと配信でリリース!11/29(金)には吉祥寺スターパインズカフェにて自主企画も開催!

内村イタルを中心に活動するゆうらん船が1stEP『ゆうらん船』に続き新たなEPをリリース!古き良きロック、フォークやカントリー、優しさと土地や海の香りが漂う今作は前作に引き続き数々の名作を生み出した伝説の伊豆スタジオでレコーディングされ、バンドが作るサウンドの良さとヴォーカリスト内村イタルの歌の素晴らしさが改めて感じられる作品となっている。
今年のフジロック、ROOKIE A GO GOにも出演し、豪雨の中での素晴らしいライブが話題となり注目を集めている。11/29(金)には自主企画、「ゆうらん船 冬の定期演奏会 季節vol.4」を吉祥寺スターパインズカフェにて開催する。

read more

心洗われる西海岸系SSWの新たなる名盤。クイント・スターキー『ゴースト・イン・マイ・ハート』金澤寿和(Light Mellow)監修で本日リリース!
2019.10.02 RELEASE

心洗われる西海岸系SSWの新たなる名盤。クイント・スターキー『ゴースト・イン・マイ・ハート』金澤寿和(Light Mellow)監修で本日リリース!

金澤寿和監修<Light Mellow Searches>から 、ハートウォームな心地よさに満ちたウエストコースト系シンガー・ソングライター近年屈指の傑作が日本リリース!   英国出身スウェーデン在住のシンガー・ソングライター:クイント・スターキーが2016年に現地でひっそりと自主リリースしていた大傑作ファースト・アルバム『Ghost In My Heart』。爽やかでハートウォームな心地よさが充満する西海岸~ヨットロックSSW的な魅力がたっぷりと詰まった本作は、楽曲、演奏、ヴォーカル、サウンドプロダクションのすべてにおいて素晴らしく、ジャクソン・ブラウン、J.D.サウザーからフリートウッド・マック、近年ならジョン・メイヤーからヤング・ガン・シルヴァー・フォックスのファンにまで強くオススメしたい内容。秋の訪れと共に優しく沁み入ること間違いなしの傑作です!

read more

本年度和モノリイシュー最重要案件、浅井直樹『アバ・ハイジ』(1988)奇跡の再発に伴い本人インタビュー&試聴用ティーザー公開!これまで全く詳細が不明だったプライベートギターポップ〜メロウサイケデリアの究極的レア盤の真実がついに明かされる!
2019.10.02 RELEASE

本年度和モノリイシュー最重要案件、浅井直樹『アバ・ハイジ』(1988)奇跡の再発に伴い本人インタビュー&試聴用ティーザー公開!これまで全く詳細が不明だったプライベートギターポップ〜メロウサイケデリアの究極的レア盤の真実がついに明かされる!

1988年の発売当初はほとんど話題にならず時代に埋もれていた本盤。2011年にとある北欧のディガーがブログにレビュー記事をアップしたことを契機に世界中のディガーの間で話題になる中、予てより本盤のリイシューを企図しリサーチを続けていた本企画監修者・柴崎祐二が、様々な人物を介し遂に浅井直樹本人と接触し今回の再発が実現!この奇跡的作品がどのように生まれたのかへ迫る貴重なインタビューをお届けします!

read more

10/23リリースのライブ盤に向けて、スペシャルなお知らせです。 全曲試聴が、本日よりオフィシャルウェブサイトでスタート!「ツアー旅日記」も掲載されました。 柴田聡子よりコメントも到着、併せてジャケット&仕様も公開です!
2019.10.01 RELEASE

10/23リリースのライブ盤に向けて、スペシャルなお知らせです。 全曲試聴が、本日よりオフィシャルウェブサイトでスタート!「ツアー旅日記」も掲載されました。 柴田聡子よりコメントも到着、併せてジャケット&仕様も公開です!

10/23にリリースされる柴田聡子のライブ盤『SATOKO SHIBATA TOUR 2019 "GANBARE! MELODY" FINAL at LIQUIDROOM』の全曲試聴を、柴田聡子オフィシャルウェブサイトにてスタート。ジャケット・アートワークと、CDの仕様も公開致しました。オフィシャルサイトでは、柴田聡子による「ツアー旅日記」も同時掲載。以下、本人から皆様へコメントも到着しましたので、併せて是非お読みください!

read more

Rolling Stone、Pitchforkら有力メディアに加えSnail Mailも絶賛!USインディシーンを牽引するSHEER MAGがついに日本国内盤デビュー!
2019.10.01 RELEASE

Rolling Stone、Pitchforkら有力メディアに加えSnail Mailも絶賛!USインディシーンを牽引するSHEER MAGがついに日本国内盤デビュー!

70年代以降のROCK/PUNKマナーを現代に受け継ぐUSフィラデルフィア発ロックバンド“SHEER MAG (シアー・マグ)”。Pitchfork、Rolling Stoneといった錚々たるメディアでもフィーチャーされ、日本国内でも人気の高いSnail MailことLindsey JordanがVICEのインタビューでフェイバリットにあげるなどUSインディーシーンではすでに注目を集めているバンドですが、最新2ndアルバム『ア・ディスタント・コール』発売にともない、過去2作品を含めた3枚のアルバムが10月16日についに国内盤リリース決定!紅一点クリスティーナのソウルフルな超弩級ヴォーカルとローファイでありながらもキャッチーなギターリフ&メロディは老若男女を問わず全ロックリスナー必聴のサウンドです!

read more

JUMANJI 1stアルバム「DAWN」が2019年11月20日にリリース決定
2019.10.01 RELEASE

JUMANJI  1stアルバム「DAWN」が2019年11月20日にリリース決定

JUMANJIとは一体何者達なのだろうか?2018年の話題をかっさらったあのクラッシックアルバムにもクレジットなしで小粋に参加してるMCもいるらしい。アンダーグラウンドで暗躍する3MC1DJ。映画のタイトルからつけられたと思われるLIL EDO MUTANT達の全貌がついに明らかになる。今月中にアルバムより先行配信 / MUSIC VIDEOの公開も予定。クリスマスには映画のJUMANJIの続編も公開されるらしいし、このFLOWに乗ってネクストレベルまで行きましょう。まずはアルバムの情報をCHECKしてほしい。

read more

元ミュート・ビートのこだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BAND、初のオリジナル・フル・アルバム『かすかな きぼう』、11/20リリース!
2019.10.01 RELEASE

元ミュート・ビートのこだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BAND、初のオリジナル・フル・アルバム『かすかな きぼう』、11/20リリース!

■長い沈黙を破り、2015年12月の吉祥寺スターパインズカフェにおけるワンマン・ライヴで突如の復活を遂げた、元ミュート・ビートのこだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BAND。その後、コンスタントにライヴを重ねてきた彼らがついにリリースする初のオリジナル・フル・アルバム『かすかな きぼう』。

read more

イギリスの桃源郷ポップ楽団ハイ・ラマズ(The High Llamas)の中心人物、ショーン・オヘイガン(Sean O’Hagan)、じつに約30年ぶりのセカンド・ソロ・アルバム、10/23日本先行発売!
2019.09.27 RELEASE

イギリスの桃源郷ポップ楽団ハイ・ラマズ(The High Llamas)の中心人物、ショーン・オヘイガン(Sean O’Hagan)、じつに約30年ぶりのセカンド・ソロ・アルバム、10/23日本先行発売!

ショーン・オヘイガン、1990年の『High Llamas』以来となるセカンド・ソロ・アルバム! ほぼ30年近くの間に、ハイ・ラマズで見事な楽曲と音響へのこだわりが詰まったたくさんの格別に楽しいアルバムを届けてくれたショーンのセカンド・ソロ・アルバムだ! 『レイダム・コールズ、レイダム・コールズ』には、ショーンが過去10年の間にアレンジとプロデュースを手がけたマウント・キンビーやフラヤーズ、クラクソンズのジェイムズ・ライトン、ホックニーといった新しい世代のアーティストからの影響が反映され、昔からの伝統と同居している。軽妙なオーケストラのストリングズの下の太く低音が効いたシンセ、ボサノヴァ・ビートの上のダビーなパーカッション、地響きを立てるドラム・サウンドが、ショーンの皮肉交じりの小曲をドライヴする。本作はまた、ショーンのマイクロディズニー時代のヴォーカル・パートナー、カハル・コフランとの再会でもある。彼らが最初にコラボレートしてから30年ぶりだ! カハルの歌声が、ショーンの新しい音楽のコンセプトの超現実的な開花をいっそうはなやかにしている。もはや脱帽のソングライティングとアレンジメントが光る、ドリーミーきわまりない極上のポップ・アルバムだ。ハイ・ラマズとはひと味違う、しかし、どこを切ってもショーン・オヘイガンな傑作!

read more