ジャンル: FUNKリリース情報

PCD-24861 Austin Funk
2019.07.17

極太なファンクネスが炸裂するレア・グルーヴ必殺盤!白黒混合~大編成バンドから繰り出されるグルーヴは悶絶必至のジャズ・ファンクだ!

1975年にU.S.テキサス出身のローカル・ファンクバンド“スティーム・ヒート”の唯一作である本作は、そのジャケットがイメージする通り黒くてイナタい、そして重量感のある骨太グルーヴを聴かせる極上ジャズ・ファンクアルバム!ラストを飾るM9「Frozen Tundra Lady」のパーカッシヴなグルーヴと絡み合うエレピとホーンの応酬は聴くもの全てを躍らせる極上ファンキー・チューン!

read more

PCD-24848 All The Way This. All The Way That.
2019.06.19

“Pファンク×ザ・ニュー・マスターサウンズ”なキラー・ファンク・アルバム!!
ファンク界の重鎮ブーツィー・コリンズも認めるマスター・ファンク・ベーシストことフリークベースが遂に日本デビュー!なんと!プロデュースはザ・ニュー・マスターサウンズのリーダー=エディ・ロバーツが担当!

“Freekbass is the new spiritual warrior for the Funk” – Bootsy Collins

ザ・ニュー・マスターサウンズのリーダー兼ギタリストのエディ・ロバーツがボスを務めるレーベルColor Red Recordsからの新作は、オハイオ出身のド派手なベーシスト、フリークベースによるソロ・アルバム!ファンク・レジェンド、ブーツィー・コリンズが認め、現行ファンク・シーンのトップに君臨する、そのエディ・ロバーツがプロデュースを担当している見逃し厳禁の1枚。正しくPファンク~パーラメントとザ・ニュー・マスターサウンズの要素を融合させたかのような極上のファンクが詰め込まれた文句なしの内容!

read more

PCD-24849 Elevate
2019.06.19

世界最強のバンド=レタスが放つ現代最高のジャズ・ファンク・アルバム!!シーンにその名を刻む
新たなるマスターピースがここに誕生!!

ドクター・ドレーの作品にも参加するベーシストのエリック・クームスや、ジョン・スコフィールド率いるバンドのドラマーとしても知られるアダム・ダイチなど世界トップ・レベルのミュージシャン達が集結したスーパー・ジャズ・ファンク・バンド=レタスが待望の新作を完成!!!ファットなドラムスに、切れ味鋭いホーンが冴えを見せるレタス節が全開に発揮された「Trapezoid」を皮切りに、まるで70年代のサウンド聴いているかのような錯覚に陥る完璧なファンク~レア・グルーヴ・チューン「Larimar」、更にはコールド・ブラッドの名曲をカヴァーした「Ready To Live」など、タイトル『Elevate』が示す通りの、さらなる高みへ到達した極上のジャズ・ファンク・サウンドが展開された文句なしの内容!

read more

FREEKBASS
2019.06.12

read more

PCD-20401 Already Ready Already
2019.02.05

ニューオーリンズが誇る世界最強ジャム・ファンク・バンド、ギャラクティック待望のニュー・アルバム!多彩なシンガーをゲストに迎えた痛快きわまりない傑作!

ニューオーリンズのジャム・ファンク・バンド、ギャラクティック、3年以上ぶりとなる新しいスタジオ・アルバム『オールレディ・レディ・オールレディ』。ギャラクティックのトレードマークとなる強力なインストゥルメンタル2曲を劈頭と掉尾に配し、YouTubeで大評判のニューオーリンズのシンガー、プリンセス・ショウをフィーチャーした「Going Straight Crazy」のそぎ落とされたバスドラムのキックとスナップに乗せた歌から、猛烈に速い「Dance At My Funeral」におけるパンク・キャバレー・アーティスト、ボーイフレンドの奇抜で早口のラップまで、多種多様なゲスト・ヴォーカリストが参加し、バンドの多面的なグルーヴに詩的なフレイヴァーと独自の個性を加えている。簡潔でありながらも、バンドの創造性が猛烈に炸裂しているアルバムである。『オールレディ・レディ・オールレディ』は、バンドの名前がずいぶん昔に確立されたのと同じく包括的で普遍的だ。

https://youtu.be/VPMWPfKTmmM
https://youtu.be/crk_tchK8Mc
https://youtu.be/Sz3LvU69auw

read more

PCD-24793 Live
2019.01.08

“ジャズ・ファンク”ライヴ・アルバムの最高峰!むせかえるような会場の熱気に包まれて乱舞するヴァイブとファンク・ビートがライヴならではの生々しい躍動感を伝えるまさに歴史的ドキュメント!“ジャズ・ファンク”ファンは必ずや手にする永遠のマスターピースがリイシュー!

グラント・グリーンのBlue Note盤『Visions』やリチャード・エヴァンスのアルバムにも参加しているインディアナポリスのヴィブラフォン奏者、ビリー・ウッテン。ヴィブラフォン、オルガン、ギター、ドラムという編成による当時のウッテンのレギュラー・バンド “ザ・ウドゥン・グラス”が1972年インディアナポリスの小さなクラブ“ナインティーンス・ホール”でみせた熱演はもはや伝説として語り継ぐべき奇跡的な録音!初CD化の際には、グルーヴ度、白熱度、そしてオーディエンスの熱狂度とその全てを空前絶後と形容するにふさわしい大名盤としてジャズ・ファンク/レア・グルーヴファンを狂気乱舞させたまさに伝説の1枚があらたに甦る!

read more

PCD-24799 Reality
2019.01.08

非アメリカ産ファンクの最高峰!超弩級ファンキー・サウンド炸裂!パーカッシヴなビートが狂喜乱舞する怒涛のパフォーマンスでファンク〜レア・グルーヴファンを圧倒したファンク・バンドREALITY世界初CD化!

TONY AND REALITY名義でも知られているソウル・シンガー、TONY SHERMANを中心とする総勢8名のファンク・バンドReality。Reality名義では唯一のアルバムである本作は、オリジナル盤がオランダBlue Elephantから1972年にリリースされましたがブラジルのPOLYDORからもリリースされていたこともあり、当時はブラジリアン・ファンクバンドと誤解を受けたほどで全編通してコンゴなどの激しいパーカッションでたたみかける圧倒的なファンキー・サウンド!M1「Gachero」のどアタマからコンゴ乱れ打ちのファンクネスで一気にテンションを上げながらも、M3「Music In My Head」ではメロウなヴォーカルが染み渡るソウル・ナンバー、M5「Chance The World」ではグルーヴィなオルガン・ファンク、そしてM6「Across The Ocean」ではキラーなファンク・チューンを聴かせるなど、アルバムとしてのクオリティも一級品な名盤がついに世界初CD化!

read more

REALITY
2018.12.26

read more

PSD7-13 A Day In The Life / Aquarius
2018.12.19

HIP HOPクラシックO.C.「Time’s Up」のサンプリングネタとしても知られたレス・デマール「A Day In The Life」が、カップリングにフィフス・ディメンションの全米No.1ヒット曲「Aquarius」のビック・ファンクナンバーを収録した超強力ダブル・サイダーで世界初7インチ・シングルカット!

USファンキー・ドラマー、レス・デマールがチャールス・サリヴァンらストラタ・イースト勢や元マイルス・バンドのジョー・ベックなどを従えたビック・バンド・ファンク大名盤『スペクトラム』より、HIPHOP屈指の名曲O.C.「Time’s Up」のサンプリングネタとしてHIPHOPヘッズにも人気の高い「A Day In The Life」(オリジナルはビートルズ)、そしてフィフス・ディメンションの全米No.1ヒット曲としても有名な「Aquarius」の強力ビック・ファンクナンバーをカップリングした世界初7インチ・シングルカット!

read more

PCD-83010 The Nashville Session:The Next Move
2018.12.04

またしてもジャズ・ファンク・シーンにその名を刻む最高傑作の完成! 現行ファンク・バンドの頂点=ザ・ニュー・マスターサウンズによる熱気に満ち溢れたニュー・アルバム!

大好評だったスタジオ・ライヴ・アルバム『The Nashville Session』の最新版が登場!! ライヴだからこその臨場感ありつつもメンバーの息の合った絶妙なファンク・グルーヴはまさに一級品!!

これまで彼らがリリースしてきた傑作アルバム『Keb Darge Presents』 、『This Is What We Do』、『Ten Years On』等の中から取り分けファンキーな名作音源をチョイスし再演!更にUKのライブラリー専門レーベルKPMに残されたアラン・パーカー&ジョン・キャメロンによる「AfroMetropolis」の激キラーなファンク・カヴァーも収録!

read more