ジャンル: J-HIPHOP&REGGAEアーティスト情報

A.Y.B. FORCE
2008.09.10

read more

NANORUNAMONAI
2008.09.10

なのるなもない nanorunamonai (降神/TempleATS)
ラッパー、スポークンワーズアーティスト。その声は深く、いくつもの色を持つ。時に耳元で語りかけるように近く、どこかへ行ってしまいそうな程に遠い。誰もが感じていながらも言葉にできない….そんな思いを言語化した詩が、リズミカルにメロディアスに流れていく。それは意味となり、イメージとなり、音楽となり、垣根を超えてどこまでも飛んでいく。

2003年、志人とのユニット降神で同名のアルバム(PCD-23514)を発表、独自のリリック世界とフロウで唯一無二のスタイルを築きあげ、ヒップホップには収まらない幅広いファン層の支持を得る。セカンドアルバム『望~月を亡くした王様~』(TATS-2、2004年)を経て、2005年にソロ・アルバム 『melhentrips』(PCD-26015)を発表、REMIX HIPHOPディスク賞受賞などの評価を得た。日常の中のやさしさや、若者の抱く閉塞感を叙情的な詩に描き、時に歌い上げ、時にポエトリー・リーディングにも聴こえる独特のフロウで紡ぐ。
フリースタイルや、ポエトリー・リーディングイベントにも積極的に参加、ジャンルをクロスオーバーしたライブ活動をし、山水人、otonotani、フジロックフェスティバル2008などの野外フェスにも精力的に参加しながら、他アーティストへの客演を多数発表している。

最近の主な客演
「誰がために金は成る? feat. DJ YAS & なのるなもない」
(TAK THE CODONA 『MINORITY REPORT』2007年)

「Be My Self feat. なのるなもない」
(マイクアキラ『THE RAP IDOL』2009年)

「The Last Leaf feat. なのるなもない」
(SIR CORE『MANTLE & THE CORE』2010年)

「忘却の彼方 feat. なのるなもない」
(acharu『Nasty』2010年)

「タマキハル with 降神」
(SUIKA『SUIKA夜話』2010年)

「Tabisuru Omoide feat. なのるなもない」
(YAMAAN『12 Seasonal Music』2011年)

「The Defender feat. なのるなもない、Meiso」
(DJ Whitesmith『WE ALL VICTIMS』2011年)

「星の航海術 with なのるなもない」
(toto『◯to◯(わとわ)』2011年)

「メトロ&ノーム」
(みかとやす『これを、愛と言う』2013年)

https://www.facebook.com/lipsofakasha
http://www.templeats.com/artists/artist-nano.html

read more

bay4k from SCARS
2008.09.10

現在、最も注目を集めるHIPHOPユニットSCARS(スカーズ)のメンバー。目に浮かぶような、巧みなストリート描写はSCARSの中でも特に際立ちライブではその巨体からとてつもないエネルギーを放出。抜群の存在感を放つ。
2007年台風の目はまたしてもSCARSで間違いない!

read more

SHOURENTAI
2008.09.10

レゲエ界で一番笑われている3人組(当社調べ)。笑連隊のライブを観た人は必ずこう言うという。「まぁ!なんておかしな人たちなんでしょう!では、私の背中に乗せて竜宮城につれてってあげましょう!竜宮城には玉手箱という…以下略」。その一方で発表する作品は百発百中で珍作として問題視される。
サニーサイドレコード所属。2012年末、メンバーであったDJヨンコンが脱隊。2013年は三人体勢で心機一転、日本のレゲエ・シーンを下半シーンの渦に巻き込もうという意識は相も変わらず割と強めだっ!目を離したら乗り遅れるぜっ!

笑連隊 release info:www.sunnysiderecords.net

read more

THE 69YOBSTERS
2008.09.10

原宿RUDENESS(元メンバーが経営するルードボーイ御用達のウェア・ショップ)に集まるスキンヘッズ仲間で前身バンドのHARDSTOMPER 69を2003年12月に結成、メンバー・チェンジを経て2004年12月にTHE 69YOBSTERSとなる。

もちろん、バンドのテーマは一貫して”SKINHEAD REGGAE”。

1970年代、UKの労働者階級の白人若者、スキンヘッズの間で大流行したビートの効いたオルガン・サウンドを重視したレゲエを奏でている。以後、粗削りなスタイルながらライヴ活動を精力的に展開。日本に於て唯一無二のスキンヘッド・レゲエ・バンドであり、そのサウンドはスキンズはもちろん、モッズ、スカ、レゲエ、パンクスと言った多ジャンルの音楽好きからも注目を集めている。

また、メンバーそれぞれにキャラクターがありステージングが面白く、ライヴごとにファンが増え、必ず気に入ってくれた人から次回ライヴのオファーをされるほど、人気急上昇中!

ちなみにバンド名の由来は”69″がスキンヘッド・レゲエが生まれたとされる1969年から、”YOBSTER”は”YOB”がスラングで”BOY(お坊ちゃん)”のスペルを逆さまから綴って”YOB(不良もの)”と言うものである。

read more

Keyco
2008.09.10

類稀な歌声を持つ唯一無二のシンガー。2000年のデビューから現在まで、オリジナルアルバム4作を発表。レゲエ、ヒップホップ、ジャズ、ファンク・・・あらゆる現場で数々のセッションをこなす。昨年夏にオリジナルバンドを結成し、「入魂」をテーマに 最新型SOUL MUSICを探求中。そして今年早々には盟友LIBROとのユニット「Fuuri」を始動し、ますます活躍の場を広げている。音楽以外でも絵やエッセイ、ファッション・アート等でも注目を集めるマルチアーティスト。

read more

SEEDA
2008.09.10

日本語/英語を巧みに操りギラつくライミングと壮絶なスキルを合わせ持つMC、シーダ。

read more

TONDA TRIO
2008.09.10

日本が誇るブレイクビーツ界のファンタジスタ、A.Y.B.フォースから新たに生まれたユニット、トンダ・トリオ(富田清/ブルジュン/レスポール・ラ・フェロー)。

read more

KEMUI
2008.09.10

1995年スクラッチやラップに影響を受けターンテーブル購入、DJとして1年ほど 腕を磨くが日本語のラップを耳にし衝撃を受け表現スタイルをMCへと変 える、 1996年ラップユニットOBOROを結成し都内を中心に本格的にLive活動を開始、 Dj celory / Dj hazime / Dj martinなどのMIX TAPEへの参加、またデモテープ を配るなどして2001年まで活動する。方向性に迷い1年ほど活動を休止し2003年 1MCとなり再始動、今は無き渋谷 SECOBARの伝説的イベント「TRAFFIC」へMCや DJとしてレギュラー参加、またMSC主催のイベント「HOT POT SPOT」への参加な ど現場復帰を果たす。2004年RUMIのソロアルバム「HELL ME TIGHT」へトラック とラップで参加。2005年漢(MSC)のソロアルバム「導~みちしるべ~」へ「破壊と 再生」で参加。そして2006年には LibraRecord監修のV.A「天秤録音」へDJ KEN(MJP)との合作「WORD OF PAIN」で参加。2007年、約10年になるキャリアの 中で初となるアルバム”BLUE SCREEN”がリリースされた。

Independed Hip-Hop artist KEMUI has been started as a DJ in his career in 1995 ,l he bought turntable afected by scratch and rap style. After one year Japanese Rap changed his work filed most of MC. In 1996, ”OBORO” had been organized as his Rap unit, worked Live action in Tokyo. He worked with many artist such as DJ Celory / DJ Hazime / DJ Martin, tried to make Demo from 1996-2001.But he quit his Rap group because of diffrence there style, he stoped his live action about one year. Then he started his action from 2003 again, performed legendaly event called 「TRAFFIC」 at SECOBAR, 「HOT POT SPOT」 organized MSC as a DJ and MC. He came back perfectly in his new way. In 2004, RUMI’s solo album 「HELL ME TIGHT」 as a produce and Rapper. In 2005, MC KAN solo album "Michishirube" as a produce and Rapper. In 2006, LibraRecord V/A "Tenbin-Rokuonn" worked with DJ KEN(MJP)(title "WORD OF PAIN")In 2007, he released his first album in his 10 year’s career called "BLUE SCREEN".

read more

SWANKY SWIPE
2008.09.10

SCARSにも所属するBESとトラックメイカーのEISHIN、DJ PORSCHEと謎の男YODELの4人組。

日本屈指のトラック・メーカー I-DeAのアルバムやSEEDAの作品で、その実力をの片鱗を徐々に見せていたが、今年に入り IーDeA 2ndALのBES客演曲でのあまりに危険すぎるリリックやフロー、さらにSCARSのアルバムにSWANKY SWIPEで参加し、まざまざと実力を見せつけ話題騒然!

そして、勢いをそのままに、遂に1stアルバムをドロップ。

一切だまし無し!今年発売された沢山の日本語ラップのアルバムの中で、最重要最高傑作!!

read more