ジャンル: J-HIPHOP&REGGAEアーティスト情報

J.COLUMBUS
2019.08.06

read more

PLP-6940_1 VIRIDIAN SHOOT
2019.07.23

国内最高峰のラッパーとしてその名が知られているBESとISSUGIによる最高にドープなジョイント・アルバム『VIRIDIAN SHOOT』が完全限定プレスの2枚組アナログ盤でリリース!アナログ盤のみのボーナス・トラックを収録!

SWANKY SWIPE / SCARSとしての活動でも知られる国内ヒップホップ・シーンでもっともドープなラッパー、BES。MONJU / SICK TEAM のラッパーとしても活動し、16FLIPの名でビートメーカーとしても類希なるセンスを発揮するなどシーン内外で圧倒的な存在感を放っているラッパー、ISSUGI。ともにリスペクトし合うこの両者が手を組んで08年にリリースし、大きな話題となったジョイント・アルバム『VIRIDIAN SHOOT』が完全限定プレスの2枚組アナログ盤でリリース!
今作はDIAMOND DやA.G.、O.C.といったD.I.T.C.関連の作品を中心に、ISSUGIともこれまでにコラボしているNYのプロデューサー、GWOP SULLIVANを中心に、BESにとっては初となるBUDAMUNKやDJ SCRATCH NICE、さらにはGRADIS NICEや16FLIPとのジョイントも収録し、フィーチャリングにはMr.PUG(MONJU)、仙人掌(MONJU)、MICHINOが参加。またアナログ盤のみのボーナス・トラックとしてRed Bullの企画で制作され、正式なリリースの待たれていた16FLIPのプロデュースによる”PLAYGROUND2018″(D-4)を収録!

BES & ISSUGI – BOOM BAP (BLACK FILE exclusive MV “NEIGHBORHOOD”)
https://youtu.be/BWZTCfCvhYo

BES & ISSUGI “RULES” (Official Video)
https://youtu.be/HDdNxzvk_RA

read more

PCD-25279 Japino
2019.07.11

世田谷をベースにする総勢16名によるクルー、KANDYTOWNのメンバー、BIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCの待たれていたソロ・デビュー・アルバム『JAPINO』!IOやRyohu、MUD、KIKUMARU、Holly Q、Neetz、故YUSHIら、KANDYTOWNのメンバーも参加!

◆ 世田谷をベースにする総勢16名によるクルー、KANDYTOWNのメンバーであり、故YUSHI、IO、Ryohu、DONY JOINT、DJ MASATOらとの伝説的なクルー、BANKROLLのメンバーでもあるラッパー、BIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSC!KANDYTOWNのメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』(2016年)ではリード曲である“R.T.N”や“Scent Of A Woman”、“Rainy Night”といった人気の高い楽曲に参加し、最新のデジタルEP『LOCAL SERVICE』でもリード曲“Till I Die”で印象に強く残るラップを披露。そのIOやRyohu、Neetz、KIKUMARUといったメンバーのソロ作品へも参加し、個人でも活発に活動しているBSCが満を持して放つソロ・デビュー・アルバム『JAPINO』!
◆ KANDYTOWNからIOやRyohu、MUD、KIKUMARU、Holly Q、Neetzが参加し、故YUSHIとの幻のコラボ曲“SummerX’mas”も収録!また福岡の注目すべきグループ、YELLADIGOSからPEAVISとRIOが客演で、KANDYTOWNの最新EP『LOCAL SERVICE』でのビートメイクも話題となったK.E.M、唾奇作品でお馴染みなhokuto、SUNNOVAとのコラボ作のリリースも話題の18 SCOTTらがプロデューサーとして参加!
◆ リリース後の8月9日(金)には本作にも参加しているKIKUMARUやNeetz、さらにはDONY JOINT、WILLOW、MASATO、Minnesotahら、KANDYTOWNの面々も出演する本作のリリース・パーティを渋谷club asiaにて開催!
◆ 本隊のKANDYTOWNとしても並行して活動し、今秋には待望のセカンド・アルバムのリリースとZEPPツアーの開催がアナウンス!

read more

PCD-4643 Love it though feat. Georgia Anne Muldrow
2019.07.09

ISSUGIの変名としても知られる16FLIPがストーンズ・スロウやブレインフィーダーからのリリースでも知られる女性シンガー、ジョージア・アン・マルドロウをフィーチャーした楽曲をリリース。BudaMunkによるリミックスも収録。

◆ MONJU/DOWN NORTH CAMPのDJ/トラックメイカーでありISSUGIの変名としても知られ、MONJUやISSUGI、仙人掌、5lack、SICK TEAM、BESらの作品でのプロデュースや自己名義のビート・アルバムのリリース/DJミックス、日本各地のクラブやレセプション、ショップのインストアパーティでのDJなど、多岐に渡る活躍をみせる16FLIPが自己名義のシングル作品をリリース!

◆ 客演にはストーンズ・スロウからもアルバムをリリースし、ブレインフィーダーから昨年11月にニュー・アルバム『OVERLOAD』をリリース。ケンドリック・ラマーやエリカ・バドゥ、ロバート・グラスパー、モス・デフらが称賛し、「現代のニーナ・シモン」とも称されるLAアンダーグラウンドを代表する女性シンガー/プロデューサー、ジョージア・アン・マルドロウが参加!16FLIPのスムースかつスモーキーなビートの上で、抜群のメロディが浮遊するアーバンメロウなR&Bが完成した。キーボードにはONRA主催のレーベル、NBN Recordsからアルバム『Bussin’』をリリースしたばかりのデヴィン・モリソンも参加。

◆ 16FLIPによるオリジナル・ヴァージョンに加え、BudaMunkによるリミックス・ヴァージョンと16FLIP制作による2種のインストゥルメンタル・ヴァージョンを収録!

read more

SCARS-001 The Album
2019.06.18

A-THUGを中心にSEEDA、STICKY、BES、bay4kらが名を連ねる日本語ラップ・シーン最重要な伝説的グループ、SCARSが2006年に放った傑作ファースト・アルバム『THE ALBUM』!入手困難な状況が続き、高値で取り引きされていたシーン屈指の名盤がまさかのリイシュー決定!

リーダーであるA-THUGを筆頭にSEEDA、STICKY、BES、bay4k、MANNY、SAC、I-DeAらが名を連ねた日本語ラップ・シーン最重要な伝説的グループ、SCARS。BLACK EYE PATCHとのコラボレーション等でA-THUG、SEEDA、STICKY、BESを中心にリユニオンを果たし、再びその名を目にすることが多くなった昨今…散発的に行われているライブでも披露されている名曲群を収録した2006年リリースの傑作にして超問題作なファースト・アルバム『THE ALBUM』がまさかのリイシュー決定!ハスリング・ラップ最高峰のアルバムとしてシーンに大きな衝撃を与え、一躍SCARSやメンバーの名前を広めた屈指の名盤ながら長きに渡って入手困難な状況が続いて界隈では高値でディールされていたブツ!

read more

DERCD-081 Gates To The East
2019.06.18

BudaMunkやDouble Doubleの作品への参加でも知られる兄弟MCs、Shinobi & EpicとそのBudaMunkによるジョイント・アルバムがDogear Recordsからリリース。ISSUGIやDJ K-FLASH、Shinobi & Epicの仲間であるBC、Rebel Elが参加。

日本とLAは勿論、ASIAのシーン、さらに世界中のBEATシーンを席巻する Hiphop Producer “BudaMunk”。06年にLAから帰国後、Jazzysport / Kingtone / Dogear 等レーベルから次々に濃密な作品をリリースしてきた。BudaMunkが関わったProjectは、”SickTeam”、”Green butter”、”Keentokers”、”Budamunk×金子巧×Mimismooth”と幅広くこれまでもHiphop Producerとして様々なラッパーやミュージシャンらと自らの音楽の創造性を広げている。そのBudaMunkが今回ともにAlbumを作ったラッパー2人がShinobi & Epicだ。”Double Double”のAlbumや”BudaMunk”の音源でも度々参加していたこの兄弟のAlbumがBudaMunkとのジョイントによってDogear Recordsからリリースされる。今まで横須賀を中心に活動を続けてきたShinobi & Epicは、BudaMunkと意気投合し共に制作を開始、楽曲の制作や”5lack,Budamunk,16FLIP”などが参加する「Weekend」などのイベントでもライブをしてきた。
そして今回完成したのが、『Gates To The East』。これは、World Wideな意味を本当の意味で知るBudaMunkが作りたかった意欲作だ。Albumには、”ISSUGI”、”DJ K-FLASH”、そしてShinobi & Epicの仲間”BC”、”Rebel El”が参加。

※CD裏面に表記されている価格に誤りがあり、正しくは2300円+Taxになります。一部店舗では正しい価格のシールを貼付し、対応させてもらっております、あらかじめご了承ください。

read more

BSC
2019.06.13

<プロフィール>
東京・世田谷育ち。BIG SANTA CLASSIC、BABY SANTA CLAUS、屍三太郎…と数々の異名を持つMC。中学時代に同級生であるRyohuと出会い、本格的にラップを始める。故YUSHI、IO、Ryohu、DONY JOINT、DJ MASATOらとBANKROLLを結成し、ソロと並行してクルーとしても活発に活動。その後にはKANDYTOWNを結成し、2016年にはワーナー・ミュージックより『KANDYTOWN』でメジャー・デビュー。

read more

OFZR-0009 TSUBASA
2019.06.04

デビュー10周年となる2018年、『クズの華』と『エロ神伝説』の2枚のアルバムをリリースしたt-Ace!2019年も止まることなく放つ記念すべき10枚目のオリジナル・アルバム、その名も『TSUBASA』!先行曲“PORSCHEでKISS”がLINE MUSIC総合チャート1位獲得!

2017年11月に『おとな。』(“女の子”、“超ヤバい”収録)、2018年6月に『クズの華』(“ダレもいねえ”、”ダレかいない?”収録)、2018年12月に『エロ神伝説』(“マジ遠い”、“タイトドレス”、“ダレブラ?”“メンタルヤンキー”収録)と半年スパンでアルバムをリリースしてヒット曲を連発。デビュー10周年となる2018年を終えても尚、その勢いは留まらず今年3月からスタートした初となる全国ワンマンツアー「エロ神伝説ツアー」では全国各地を沸かせ、5/4(土)にマイナビ赤坂BLITZにて行なわれたツアーファイナルも大盛況!そんなt-Aceが再び約半年のスパンで放つ記念すべき10枚目のオリジナル・アルバム、その名も『TSUBASA』!早くもツアーで披露されていた先行シングル“PORSCHEでKISS”はLINE MUSIC総合チャートで1位を獲得し、1週間に渡って1位の座に君臨!

*t-Ace “PORSCHEでKISS”(OfficialVideo)
https://youtu.be/MvazjUIQfvE

*t-Ace “クズなRockStar” (OfficialVideo)
https://youtu.be/zvxWpkX_Zwg

*t-Ace “12cmの肩”feat.Baby Dee Beats(OfficialVideo)
https://youtu.be/pq-WimqVv94

read more

DMF-004 DMF presents Can’t BAN DA Killa Eat
2019.06.04

DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。

DMFのライヴでも異様な存在感を見せつけている、氷山の一角に陣取るイエティ、青森麿物「EAT」が「KILLA EAT」として遂にアルバムをリリース。捻りに捻りを加えまくって生まれたサイケデリアの罠。DMF TRAPと称される一線を超えたクールネスとヒートの同居するトラップの上で繰り広げられるKILLA EATの笑いと恐怖に満ちたワードレスリング。

今作品にはDMFのメンバーはもちろん、旧交を燃やし続けているONE-LAW、DOPEY、そしてBLYYが参加。BEDをはじめ様々なステージで共に動く、BES、仙人掌、ERA、J.COLUMBUSも参加。新鋭プロデューサーface offのトラックにも注目したい。

<PROFILE>
00年18歳で上京、興味本位からクルーを組みラップを始めるものの、当時の仲間はそれぞれの事情でヒップホップから離れクルーも自然消滅。その後、同郷青森ながら東京を拠点に活動するクルーNSPに参加、都内各所でライヴやイベント運営などマイペースに続ける。06年頃より親交のあったBLYYの主催するイベントにレギュラー出演を重ねるものの、07~10年突如失踪し姿を消し音楽と距離を置いた生活を送る。11年帰還後、BLYYも活動拠点としていた池袋BEDに出入りするようになるに準じてソロマイカーとしての音楽活動も再開、BEDにて自身のイベントSKYを主催。13年自主レーベルMymy Me So(マイマイミーソー)を設立。 ファーストアルバム「THE EAT」をリリース。WDsounds「5014 MOST WANTED」への参加やDOPEYとの「猛虎村乃唯一無二乃首領」のリリース。DMFのメンバーとしても異様な存在感を見せつけている。バーも経営しているらしい。

read more