NEWS

新時代の本格派ドラム/パーカッション雑誌『Drum-On Volume 2』本日発売! 名プレイヤーたちの「音色(ねいろ)」に迫る大特集!
2022.04.27 RELEASEINFORMATION


本日4/27、Pヴァイン/ele-king booksより、『Drum-On Volume 2』を刊行いたします。
昨年7月に第一号を刊行、ドラマー&パーカッショニストをわくわくさせ、やる気にさせる新時代の本格派プレイヤー向け雑誌として大きな反響を呼んだ「Drum-On」の第二弾です。

メイン特集は「ドラムの音色」。芳垣安洋、外山明、岡部洋一、アッシュ・ソーンという当代きっての名プレイヤーたちの絶品なる音色、その核心に迫るインタビュー&愛用楽器たちの実際の使用例写真満載の超大特集です。
奏法解説記事には「“1つ打ち” のすべて」と題して「速く動かす」、「超スロー・テンポでも正確に叩く」など、すべての出発点である “1つ打ち” を徹底深掘り。
また、音色にこだわるドラマー達に支持される「Ludwig Speed King Pedal」の歴代の名器~最新 L203 の魅了を探る記事も掲載。
「匠の現場」を紹介するコーナーでは〈riddim〉の伊藤直樹さん、そして「ドラムと働く人」と題してドラム専門店〈Drums Proshop GATEWAY〉の植木寛郎さん、〈MIKI DRUM CENTER〉上原貴生さんを紹介。
今回も打楽器奏者が本当に欲しい情報満載でお届けします。

—————————————-
目次
特集 ●ドラムの音色(ねいろ)
芳垣安洋、外山明、岡部洋一、アッシュ・ソーンという当代きっての名プレイヤーたちの絶品なる音色、その核心に迫るインタビュー&愛用楽器たちの実際の使用例写真満載の超大特集!!!
特別寄稿:三浦晃嗣「音のあとさき~僕の体験的音色考~」

“1つ打ち” のすべて
ドラミングの「はじまり」にして「究極」
「速く動かす」、「超スロー・テンポでも正確に叩く」など、すべての出発点である “1つ打ち” を徹底深掘り!
(染川良成[Drum Gym])

“音色” にこだわるドラマーへ
Ludwig Speed King Pedal
歴代の名器~最新 L203 の魅了を探る!
(藤掛正隆)

Nippon のドラムの匠:伊藤直樹/riddim

「ドラムと働く人」
植木寛郎さん(Drums Proshop GATEWAY)、上原貴生さん(MIKI DRUM CENTER)

編著 小宮勝昭
ザ・ビートルズ、レッド・ツェッペリンを聴いて音楽に目覚めドラムを始める。大学卒業後つのだ☆ひろ氏に師事、独自のグルーヴ理論を学ぶ。元リズム&ドラム・マガジン編集長(2001年1月~2012年3月)という異色の経歴を持つドラマー/パーカッショニスト。ドラム・セットだけじゃなく、ジェンベなどの民族打楽器も駆使し、即興ジャズ~ロック~歌ものなど、さまざまなフィールドで活動中。並行して編集・執筆活動も行っている。

刊行元:Pヴァイン / ele-king books
発行日:2022年4月27日 本体2,000円+税 ISBN978-4-910511-16-0
https://ele-king-books.lnk.to/JvSmGtU9