NEWS

Analogfish、3年振り11枚目のニューアルバムのリリースが決定! 10/13(水)には収録曲「Is It Too Late?」を先行配信リリース。リリックビデオのプレミア公開も決定。
2021.10.10 RELEASEVIDEOINFORMATION


本日、“荒野 / On the Wild Side 10th Anniversary Tour”のツアーファイナルを迎えたAnalogfishが、
12月8日(水)に3年振り11枚目のニューアルバム(タイトル未定)をリリースする。

昨今のシティポップブームにシンクロするような新機軸に則った待望の新作。
ストレートなメッセージが胸に響く必要最小限の演奏と空間を活かした音作りは鉄板で無駄の無いサウンドアプローチはポップでモダンな聴き心地です。
ソロにバッキングにオルタナティヴなロック度を注入して存在感を示すサポートメンバーRyo Hamamotoのツボを押さえた多彩なギタープレイが隠し味に。
永年に渡る信頼関係が築き上げたサウンドプロデューサー吉田仁(SALON MUSIC)の采配が冴え渡る贅肉を削ぎ落としたシンプルでミニマルなバンドアンサンブルは健在。
音楽的な柔軟性や先見性が感じられる新機軸に則った最高傑作となっている。

そして10/13(水)には収録曲「Is It Too Late?」を先行配信、リリース日当日21時にはYouTubeにてオフィシャルリリックビデオも公開となる。

Analogfish – Is It Too Late? (Official Lyric Video)*10月13日(水) 21:00よりプレミア公開

佐々木健太郎(Vocal & Bass)からのコメントも到着した。

____________________________________

Analogfishは22年前に長野で結成され、下岡晃、佐々木健太郎というシンガーソングライター2人を擁するロックバンドです。

メインボーカルを据えて、たまに他のメンバーが歌う。というバランスではなく、2人のSSWがそれぞれ曲を作り、歌うという、分かりやすい例で行くとThe Beatlesに於けるジョン•レノンとポール・マッカートニー、或いははっぴいえんどに於ける大瀧詠一と細野晴臣。といった(例えに使わせて頂くには偉大すぎて恐れ多いですが)バランスが近いのではないか。と、自分では思っています。

Gt.Voの下岡は先ず、「表現したいリリック」が先にありそれにメロディをつけていくタイプ

B.Voの佐々木は「表現したいメロディ」が先にありそれにリリックをつけていくタイプ。

という、ある種真逆のソングライティングをするのですが、22年間で様々な楽曲を作って来た中で、今回新たに「お互いの得意分野を持ち寄って一曲完成させる」。という試みに初めて踏み込んだのがこの「Is It Too Late?」という楽曲です。自分達らしい、とても良い曲が出来ました。楽しんで聴いていただけたら幸いです。

__佐々木健太郎 (Analogfish)
____________________________________

<リリース情報①>
アーティスト:Analogfish
タイトル:タイトル未定
レーベル:felicity / P-VINE
品番:cap-??? / PCD-18889
フォーマット:CD / 配信
価格:定価:¥3,300(税抜¥3,000)
発売日:2021年12月8日(水)

■トラックリスト
Saturday Night Sky / Is It Too Late? / Moonlight / さわらないでいい / Miharashiなど全9曲収録予定

<リリース情報②>

アーティスト:Analogfish
タイトル:Is It Too Late?
レーベル:felicity / P-VINE
品番:DGP-1020
フォーマット:配信
発売日:2021年10月13日(水)
https://p-vine.lnk.to/StdpNT

<プロフィール>
1999年結成(2004年メジャーデビュー)これまで10枚のアルバムをリリース。下岡晃 (G,Vo. 1978年生れ) の透徹したクールネスと高らかに歌い上げる佐々木健太郎 (B, Vo. 1979年早生れ)のエモーション。鮮やかなコントラストを成す2人の作風が同居するスリーピースのオルタナティブロックバンド。斉藤州一郎 (Dr, Cho. 1978年生れ)を扇の要に据えて贅肉を削ぎ落としたタイトなバンドアンサンブルは鉄壁で軽妙なハーモニーセンスも魅力。
HP:https://www.analogfish.com/