NEWS

ポップでほんのりサイケ、えも言われぬ郷愁あふれる音を綴る女性シンガー・ソングライター、tonco、7/2(水)リリースのニュー・アルバムのトレイラーを公開!
2014.06.12 MEDIA INFOVIDEO

ポップでほんのりサイケ、えも言われぬ郷愁あふれる音を綴る女性シンガー・ソングライター、tonco、7/2(水)リリースのニュー・アルバムのトレイラーを公開!

女性シンガー・ソングライター、tonco、約3年半ぶりのニュー・アルバム『綴り描く』のトレイラーを公開!

 

pcd24353_240

tonco/綴り描く
PCD-24353 ¥2,400 + tax Release Date: 14.07.02
●歌詞付

SONGS:
1. 葡萄色の夜
2. ロシアの雪景色
3. 秘めごとは花の蜜と
4. 秋と冬のあいだに
5. 綴り描く
6. 色づきすぎたもの
7. エリカ
8. ジャスミン
9. 9番目の幻想
10. 静かなギター弾き

心地好いポップさとほのかなサイケデリック感覚が同居した、えも言われぬ郷愁あふれる音楽を透明な歌声で綴る女性シンガー・ソングライター、tonco、約3年半ぶりのニュー・アルバム!  名状しがたいさまざまな感情を喚起する、ノスタルジックでちょっぴり不思議な音世界へようこそ!

■ポップ・フォーマットを踏まえた簡素さと洗練の絶妙なバランス、ウォームなアシッド感にあふれた楽曲は、親密さと幻想的な色合いを兼ね備え、まるで磨きぬかれた工芸品のような手触り。押しつけがましくなく、スーっと体に沁み込んでくるような歌声。芯・核は静謐でありながらもロック的、トラッド等のルーツ・ミュージック、クラシック、様々な音楽への憧憬がこめられた、女性シンガー・ソングライター、toncoの2ndアルバム。

■『綴り描く』は様々なアート作品、映画、文学、舞踏からもインスパイアされ、日常の狭間からこぼれ落ちる夢や密やかな憧れを拾い集め、綴り描いてゆくような摩訶不思議な心地よさと郷愁に満ちあふれている。ガット・ギターの弾き語りを中心に、ピアノ、チェロ、ユーフォニウム等のアコースティック楽器をフィーチャーし、コーラス・ワークが美しいシンプルな楽曲から、バンド・サウンドによる色彩豊かなアンサンブルまで、絵本のページを繰るように一曲ごとに広がる様々な景色に惹きこまれてしまう。

■藤原マヒトのプロデュースの下、錚々たるミュージシャンたちが集結。すばらしい演奏で華を添えている。

●プロデュース:藤原マヒト(ワールド・スタンダード、湯川潮音等)

●ミュージシャン:藤原マヒト、桜井芳樹(ロンサム・ストリングス)、徳澤青弦(Throwing a Spoon、湯川潮音等)、ゴンドウトモヒコ(蓮沼執太フィル、YMO等)、伊賀航(細野晴臣、星野源等)、北山ゆう子(MISOLA、キセル等)、okyon(ZOOCO、hiro:n等)

 

『綴り描く』発売記念ライブ
7月20日(日)大阪 南森町 雲州堂
8月17日(日)東京 渋谷 Last Waltz
9月13日(土)富山 nolla café
*8月17日はレコーディング・メンバー全員によるワンマン・ライブ

詳細はオフィシャル・サイトをご覧ください。

【tonco】
函館出身のシンガー・ソングライター。ガット・ギターと透明な歌声に乗せて、20歳の頃より東京都内のライブ・バーやカフェで弾き語り演奏を始める。アーシーなアメリカン・ロックやブリティッシュ・フォーク、FAB4への畏敬の念を根底に表現活動を続けている。 2010年、MIDI Creativeより1st album『木箱のリボンを』(CXCA-1284)発表。

Official Website http://tonco80.com
Facebook https://www.facebook.com/tonco80.music
Twitter https://twitter.com/#!/tonco80