NEWS

昆虫キッズ、ニューアルバム『BLUE GHOST』から「Alain Delon」のミュージックビデオを公開!&リリース記念公演の詳細も発表!オープニングアクトを公募!
2014.04.15 LIVE & EVENTMEDIA INFOVIDEO

昆虫キッズ、ニューアルバム『BLUE GHOST』から「Alain Delon」のミュージックビデオを公開!&リリース記念公演の詳細も発表!オープニングアクトを公募!

来る5/21、待望のニューアルバム『BLUE GHOST』をリリースする、昆虫キッズ!

カメラ万年筆の佐藤優介をレコーディング&ミックスエンジニアに迎え、リリース前にして大きな期待が高まる中、アルバム収録曲「Alain Delon」のミュージックビデオが公開!是非チェック!

また、6/11に東京・渋谷WWWにて行われるアルバムリリース記念公演の詳細も遂に発表!なんと、オープニングアクトは公募&選考にて決定!

昆虫キッズ『BLUE GHOST』発売記念公演「Stay Ghost」オープニングアクト募集!

<応募資格>
・6/11(水)午後から夜にかけて稼働可能な方
(弾き語り、バンドなど、編成は問いません。)

<応募方法>
mp3、youtubeなど参考音源と連絡先を、昆虫キッズメールアドレス、もしくはツイッター宛に@メンションやDMにて投稿下さい。
昆虫キッズ メールアドレス the_insect_kids@yahoo.co.jp
昆虫キッズ Twitter https://twitter.com/the_insect_kids

<応募期間>
本日~4/30(水)中24:00〆切

<選考方法、結果発表>
5/5(月)夜、USTREAM生配信にて公開選考会を行い、その場で出演者を発表致します。
※USTREAM配信詳細は追って告知となります。

<ご出演概要>
・本番持ち時間:30分
・当日本番前、リハーサルを行っていただきます。
・出演料:若干額(当日動員状況により応相談)

<公演概要>
昆虫キッズ『BLUE GHOST』発売記念公演「Stay Ghost」
会場:東京・渋谷WWW
公演日:2014年6月11日(水)
開場 18:30 開演19:30
出演者:昆虫キッズ、公募オープニングアクト(5月発表予定)
チケット料金:前売¥2,800  当日¥3,300
(各税込、Drink代別途¥500 全スタンディング)

・プレイガイド予約
①チケットぴあ コード:230-962
②ローソンチケット コード:77728
③e+http://eplus.jp/sys/main.jsp

・WWW店頭
・メール予約
the_insect_kids@yahoo.co.jpまで、お名前、ご来場人数(お1人様につき4名まで予約可能)、連絡先を明記の上メールをお送り下さい。
※公演前日6/10(火)まで受け付け致します。
※当日受付にて前売料金をお支払い頂きます。
※ご入場順はプレイガイド、WWW店頭チケットご購入者が優先となります。
※やむを得ずご来場できなくなった場合、お手数ではございますがその旨ご連絡をお願い致します。

チケット一般発売日:2014年4月19日(土)

主催:P-VINE RECORDS
お問合せ:渋谷WWW 03-5458-7685

<作品情報>
pcd24346_240

昆虫キッズ 『BLUE GHOST』
発売日:2014/5/21
品番:PCD-24346
値段:¥2,400+税

<トラックリスト>
1.GOOD LUCK
2.Metropolis
3.変だ、変だ、変だ
4.そして踊る
5.COMA
6.冥王星
7.Night Blow
8.THE METAL
9.ともだちが泣いている
10.Alain Delon
11.BLUE  ME
12.鳩の色

ロックンロールとは、その虚構性を受け負うことが出来るリアリストだけが演じられる高貴な遊びであり、同時にその虚構性を愛してしまうロマンチストだけに許された最高にドライヴィンな生き方なのだ。世にはびこる「ロック的」なものに飽き飽きしつつも、その本質を烈しく求めてやまない最高に美しくて真摯なロックバンド「昆虫キッズ」。オルタナィブロックやサイケ、ガレージなどのエッセンスとシリアスで辛辣なメッセージとドキュメントを融合させたこれまでのサウンドを更にディープに進化させ、全く新たなるステージへと踏み出した!レコーディング制作環境もドラスティックに一新、そして、自らも鬼才アーティストとして知られる新時代のポップウィザード、カメラ=万年筆の佐藤優介をレコーディング&ミックス・エンジニアに迎え、これまでの昆虫キッズのサウンドを大きく更新するような瑞々しさに満ち溢れた大傑作アルバムとなった!

青春、失われた若さ、魔法のような時間、20代の残骸、そうした「BLUE GHOST」たちが向かう”異系の荒野”(「そして踊る」より)。これまで顕著だった痛烈なメッセージ性は、それ自体が前景化することなく、あくまで壮大な通底音として立ち上がる。しかし同時に、より内省的な歌詞世界を音像化する過程において、まるでバンド自らが舞台を創り出し楽曲の中に生きるキャラクターを演じていくような、まったく新しいリアリズムと瑞々しさが立ち現れる…。時代の虚無を噛みしめ、ロックンロールへの葬送歌が鳴り響く地点から発起された「昆虫キッズ」というバンドが今再び、ロックンロールの虚構とその美しさを高らかに歌い上げる。これはまさに現代日本に生まれるべくして生まれた、新たなる時代の『ジギー・スターダスト』だ!
また、アートワークには、これまでもバンドのオフィシャルグッズなどへイラスト/絵を提供してきたポテチ光秀を迎え、昆虫キッズのニューモードを飾るにふさわしい鮮烈なパッケージとなる!

<昆虫キッズ プロフィール>
2007年、東京都にて結成。 いくつかの自主制作盤を発表した後に2009年に1st album”my final fantasy”にてデビュー。 ローファイ、サイケ、ガレージ等をいびつでPOPな音像に落とし込み好評を得る。 翌2010年に2nd album”text”を発表。スタジオ一発録りのバンドの勢いと詩の内省的な世界観がアンビバレンスに解け合った作品となる。後にツアー、各種イベント出演が増える。 2011年、1st single”裸足の兵隊”、2nd single”ASTRA”を立て続けにリリースした後の2012年3rd album”こおったゆめをとかすように”発表。シリアスさとドキュメントが同居する中、これまでの作風にないメッセージ性の強い作品となる。後にアルバム未収録曲を集めた3rd single”みなしごep”発表。そして2014年5月、これまでの活動を大いにリニューアルする待望の4th album『BLUE GHOST』をリリースする。

メンバー ※アーティスト写真左から
のもとなつよ(Bass/Vo)、佐久間裕太(Drums/Cho)、高橋翔(Vo/Gt)、冷牟田敬(Gt/Key/Vo)

オフィシャルHP:http://www.theinsectkids.com/