リリース情報

Miss Me
RAQUEL RODRIGUEZ
Miss Me
ラケル・ロドリゲス
『ミス・ミー』
2013/12/18
DIGITAL
SSRi-0062
     
 

テス・ヘンリーに続く2014年注目のソウルポップ歌姫が放つ、”LIVE” 感溢れる珠玉のバンドグルーヴ満載!
エイミー・ワインハウスの力強さとエタ・ジェームズの深みを併せ持つ至高の歌声で紡ぐ待望のLPが登場!

若干24歳にしてエタ・ジェームズのような深みにエイミー・ワインハウスの力強さ、そしてコリーヌ・ベイリー・レイを思わせるリスナーの心にスッと入り込む優しさを持ち合わせた歌声を持つアメリカの若き才能Raquel Rodriguez (ラケル・ロドリゲス)。音楽の名門、南カリフォルニア大学のソーントンスクール出身である彼女が昨年リリースしたEPは、ソウルフル且つジャジーで、重すぎないブルーステイストも織り交ぜたアダルトな雰囲気漂う1枚で高い評価を獲得。そして今回リリースするLPは「踊って、酔っぱらえるようなグルーヴ感ある音楽を激しく演奏したいの」と本人が語るように、前作よりライブ感が強くエネルギッシュでグルーヴィーに仕上げ、2013年ブレイクした歌姫Tess Henleyを思わせる世界観を構築している。

ライブの幕開けを飾るような”Intro” (#1)から“ライブ感”は炸裂!”Miss Me” (#2)や “Don’t Owe You A Thing” (#4)でもそのノリは引き継がれ、ソウルマナーを守りつつもエネルギー溢れるバンドに重厚なホーンが舞い、Raquelのややロッキッシュでハスキーな歌声にテンションは最高潮。続く”Keepin’ On” (#5)は、よりポップでキャッチーなメロディにソウルフルなオルガンが鳴り響きハッピーな気持ちにさせてくれる1曲。一方では “Tell Me It’s Fine” (#3)のようにしっかりとしたバラードも聞かせ、幅広い実力を見せてくれる。2014年最注目されること間違い無し、ソウル界にとっても待望の “歌姫” が登場だ。

 
  • DISC 1
  • 1. Intro
  • 2. Miss Me
  • 3. Tell Me It's Fine
  • 4. Don't Owe You A Thing
  • 5. Keepin' On
  • 6. Heaven Sent
  • 7. Tryin'
  • 8. Come Here
  • 9. Fool That You Are
  • 10. (Baby) It's You
  • 11. Always
  • 12. Already Beat
  • 13. Hold On [Japan Bonus Track]
  • 14. Don't Owe You A Thing (Live from The Mint - Los Angeles, June 2013) [Japan Bonus Track]