Release

ライヴ PASS TOUR '80
フリクション
ライヴ PASS TOUR '80
2024/12/18
LP
SSAP-021
定価:¥4,400(税抜¥4,000)

レック、ヒゲ、ツネマツ時代の悼尾を飾る壮絶なパフォーマンス 日本のロック史にする屹立する比類なき孤高のアンサンブル

read more

79ライヴ
フリクション
79ライヴ
2024/12/18
10inch
SSAP-020
定価:¥3,300(税抜¥3,000)

『軋轢』の4ヶ月前、あの3人は疾走していた

read more

海の動物園
菅谷昌弘
海の動物園
2024/11/20
LP
PLP-7475
定価:¥4,620(税抜¥4,200)

グラミー賞にもノミネートされたUSのレーベル”Light In The Attic”による日本のアンビエントコンピ『Kankyō Ongaku』への楽曲収録など近年海外からの評価も著しい作曲家“菅谷昌弘”が、当時所属していた舞台芸術集団“パパ・タラフマラ”によるステージ・パフォーマンスのために制作した舞台音楽『海の動物園』(1988年)が世界初LP化!

read more

軋轢
フリクション
軋轢
2024/11/20
LP
SSAP-019
定価:¥4,397(税抜¥4,000)

日本のロック/パンク史を語る上で絶対に欠かすことのできない歴史的名盤!
PASSレコード第一作、そしてフリクションの記念すべき1stアルバム『軋轢』、久々のLP再発!

read more

ライヴ・イン・ローマ
フリクション
ライヴ・イン・ローマ
2024/11/20
LP
PLP-7414
定価:¥4,400(税抜¥4,000)

東京ロッカーズから遠く離れて……1984年、イタリアはローマでのライヴ

read more

IMPRESSION
OHHKI
IMPRESSION
2024/11/15 00:00
LP
PLP-7470CS
定価:¥4,950(税抜¥4,500)

カセットテープMTRを駆使したドリーミー・ファンクな”IsayahhWuddha”、チープでローファイなヒップホップ的ユニット”mess/age”のメンバーとしてその唯一無二な個性を放つ京都在住の音楽家“林拓”によるオブスキュア・サイケデリック・プロジェクトOHHKI (大木)待望の2ndアルバム!

read more

不備
突然段ボール
不備
2024/11/06
LP
ALPLP-24
定価:¥4,500(税抜¥4,091)

簡単にカテゴライズされることを拒否する、独自でユニークな世界を持つ突然段ボール。名盤『抑止音力』と対をなす同時期録音の1991年4thアルバム『不備』が遂に初アナログ化!!

read more

愛欲人民十二球団~関西オールスター夢の競演
V.A.
愛欲人民十二球団~関西オールスター夢の競演
2024/11/06
2LP
ALPLP-22/3
定価:¥6,600(税抜¥6,000)

非常階段、サバートブレイズ、想い出波止場、レイプス、赤痢といったアルケミーレコード周辺のアーティストが多数参加したコンピレーション「愛欲人民十二球団」がまさかの初アナログ化!

read more

You've Got A Friend
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
You've Got A Friend
2024/10/16
7inch
KURASHI-009
定価:¥2,420(税抜¥2,200)

孤高のダブ・トランペッター、こだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BAND。そのライヴでおなじみのカヴァー曲の数々。それらをスタジオでじっくりと録音し、作り上げたカヴァー・アルバム『COVER曲集 ♪ともしび♪』。2023年10月にリリースした大好評の同作からのシングル・カット。こだまとARIWAの二人の歌に森俊也がコーラスをつけるキャロル・キングの名曲「You’ve Got A Friend」。『♪ともしび♪』のなかでももっともキャッチーなナンバーのひとつ。

read more

Is This Love
KODAMA AND THE DUB STATION BAND
Is This Love
2024/10/16
7inch
KURASHI-008
定価:¥2,420(税抜¥2,200)

孤高のダブ・トランペッター、こだま和文率いるKODAMA AND THE DUB STATION BAND。そのライヴでおなじみのカヴァー曲の数々。それらをスタジオでじっくりと録音し、作り上げたカヴァー・アルバム『COVER曲集 ♪ともしび♪』。2023年10月にリリースした大好評の同作からのシングル・カット。こだまがカヴァー・アルバムを作ろうと思い立ったきっかけになったという、ボブ・マーリーの名曲「Is This Love」。マーリーのポジティヴ・ヴァイブレーションをインスト化した躍動感あふれる秀逸きわまりないカヴァー。

read more