リリース情報

Vintage Love
QUENTIN MOORE
Vintage Love
クエンティン・ムーア
『ヴィンテージ・ラヴ』
2013/10/09
DIGITAL
SSRi-0051
     
 

あらゆる楽器を弾きこなし新たなスタイルを探求する21世紀のCurtis Mayfieldがテキサスから登場!
甘く響くFender Rhodesとコーラスがリスナーを一瞬で虜にする極上生音ビンテージソウル!

ブラックミュージックが、電子音のサンプルとラップで充満する現代に、 型破りでアバンギャルドなミュージシャンが登場。

生楽器を愛用し、 とりわけFender Rhodesのビンテージサウンドを好むQuentin Moore(クエンティン・ムーア)の楽曲は、ソウルの巨星Stevie Wonderや Donny Hathawayをリスナーに想起させる。音楽の原点に回帰したい渇望が感じ取れる“Vintage Love”、自信溢れるセクシーチュン“Gimme Some Sugar”を一度聴けば、リスナーはもう虜だ。

世界有数のライブミュージックの宝庫、テキサスのオースティンで生まれ育ったQuentinは、ソウルの耳を教会で培った。そこで、ドラムと電子オルガンに目覚め、 高校時代にはドラムラインでも活躍をはたす。 彼の音楽性が成熟しているのは、R. KellyやThe Isley Brothersに多大な影響を受けているからだろう。ノーステキサス大学では、アスリートとしても活動する一方、Jimmy Smith、Jaco Pastorius、Herbie Hancock、Roy Hargroveなどジャズミュージシャン達にもインスパイアを受けた。 スキルに磨きをかけ、エレキギターとベースもレパートリーに加え、オリジナルカバーバンドのSoulbolを結成。

多くの楽器スキルを身につけながらも、常に新しいスタイルを求めるその姿勢は、しばしば Curtis MayfieldやJamie Foxx、Marvin Gayeに例えられるが、 誰も真似する事のできない彼だけのスタイルを確立している。

 
  • DISC 1
  • 1. Quentrolude
  • 2. Smooth 4 U (intro)
  • 3. Smooth 4 U
  • 4. Wouldn't Give Us Up
  • 5. Are you 4 real?
  • 6. Vintage Love
  • 7. Sno-Flakes
  • 8. Hey Hey, Alright Now!
  • 9. My Old School
  • 10. Stay
  • 11. Sex Song
  • 12. Gimme Some Sugar
  • 13. Miss You So Bad
  • 14. I Believe In You (Tribute To Real Love)
  • 15. Outro [Bonus Track]
  • 16. Whoop Ur Jazz (Jam) [Bonus Track]