リリース情報

A Toothpaste Suburb
MILO
A Toothpaste Suburb
マイロ
『ア・トゥースペースト・サバーブ』
2014/12/24
CD
PCD-93859
定価:¥2,484(税抜¥2,300)
解説付 ※解説:ハシム・バルーチャ

Pitchforkでも7.8点の高得点を獲得!
フライング・ロータスの新作で益々目が離せないLA ビート・シーンから新たな刺客、マイロが日本を急襲!Low End Theory ~ Brainfeeder 周辺に通じるインディ・ロック、エレクトロニック・ミュージックを通過したオルタナ・ヒップホップ感覚−これが2014年型ヒップホップだ!

■ LA ビート・シーンが満を持して送り出す新星ラッパー!
Low End Theory やBrainfeeder などを中心に、エレクトロニックなサウンドながら、ヒップホップやインディ・ロックとも通ずる21世紀の新しい音楽ジャンルとして、ここ日本でも人気が確固たるものとして浸透してきたLA のビート・シーン。そのLow End Theory でレジデントMCを務めるNocando が新たに起こした大注目のレーベルHellfyre Club からラッパー、マイロのデビュー作が遂にリリース。数枚のEPで、早耳なヘッズには認知されていたが、デジタルとアナログのみでリリースされた本盤が初CD 化!なんとPitchfork では7.8点の高得点を獲得するなどその評価は瞬く間に世界中のヘッズへ知れ渡ったばかり。特徴的なシンセサウンドとよれたビート、そしてストーナー系のマイロのラップはまさに今が旬な音。ケンドリック・ラマーやスクール・ボーイQ のTDE 勢に代表されるメジャー系ヒップホップや、ラスティーやもちろんフライング・ロータスなどのエレクトロニック・サウンドのリスナーにはマストでプッシュしたい1枚!!

  • DISC 1
  • 1. Salladhor Saan, Smuggler
  • 2. Yafet's Song
  • 3. Peanut Butter Sandwiches
  • 4. Sanssouci Palace
  • 5. In Gaol ft. Kool AD
  • 6. Thatness and Whatness
  • 7. Fragrant Pee Farts ft. Scallops Hotel
  • 8. Ought Implies Can and I Cannot
  • 9. You Are Go(o)d to Me
  • 10. Objectifying Rabbits ft. Open Mike Eagle
  • 11. Argyle Sox (Hellfyre 5ever) ft. Busdriver
  • 12. Buck 65's Knee
  • 13. Just Us (A Reprise for Robert Who Will Never Be Forgotten)
  • 14. A Day Trip to the Nightosphere ft. Anderson Paak
  • 15. MAY THE DAYS BE AIMLESS (Sorcery) ft. WC TANK
  • 16. Gaudeamus Igitur (for Kang Min-gyu)