リリース情報

Wig Out At Jagbags
STEPHEN MALKMUS & THE JICKS
Wig Out At Jagbags
スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス
『ウィグ・アウト・アット・ジャグバッグズ』
2014/01/08
CD
PCD-93784
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
解説付 歌詞付 対訳付 ※解説:天井潤之介 ※歌詞対訳:喜多村純 ※日本盤のみボーナス・トラック1曲収録

スティーヴン・マルクマス&ザ・ジックス、ベックのプロデュースによる前作『ミラー・トラフィック』以来、約2年半ぶりのニュー・アルバム『ウィグ・アウト・アット・ジャグバッグズ』! ポップにねじれたマルクマス節全開の傑作!

スティーヴン・マルクマス曰く、このレコードはドイツのケルン、マーク・フォン・シュリーゲル(アメリカのSF作家)、ローズマリー・トロッケル(ドイツの現代美術家)、フォン・スパー(現行クラウトロック・バンド)、ヤン・ランキシュ(トムラブ)、カン、そしてガス(ドイツの電子音楽家ヴォルフガング•フォークト)にインパイアされているという。マルクマスはウィーザー/レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、シック・アルプス(ドラッグ・シティ所属のサイケ/ガレージ・バンド)、80年代末のヴァージニア大学、The New York Review of Books、シャルロッテンブルグのアロマ、無為、ジャミング(ボブ・マーリー)、メンフィスの音を出そうとトライしているインディ連中、フリッパー(エクスペリメンタル・パンク・ロック・バンド)、ピート・タウンゼント、ペイヴメント、ジョガーズ(ジックスのジェイク・モリスが在籍したポートランドのバンド)、NBA、2010年代の家庭生活……を想像した。

さりげなくすごい独創的なギター、阿吽の呼吸を見せるバンド・アンサンブル、そしてなんと言っても、あくまでもポップな楽曲となんとも魅力的な歌声……。最高というしかない!

  • DISC 1
  • 1. Planetary Motion
  • 2. The Janitor Revealed
  • 3. Lariat
  • 4. Houston Hades
  • 5. Shibboleth
  • 6. J Smoov
  • 7. Rumble At The Rainbo
  • 8. Chartjunk
  • 9. Independence Street
  • 10. Scattegories
  • 11. Cinnamon And Lesbians
  • 12. Surreal Teenagers
  • 13. Pick Up The Spare *Bonus Track

Related Releases

  • STEPHEN MALKMUS & THE JICKS「Mirror Traffic」

    Mirror Traffic
    2011/08/17 CD PCD-93432 定価:¥2,415(税抜¥2,300)