リリース情報

Got to Get Back!
The Bo-Keys
Got to Get Back!
ザ・ボーキーズ
『ガット・トゥ・ゲット・バック!』
2011/08/03
CD
PCD-93423
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
解説付 ※解説:佐藤英輔

キング・オブ・メンフィス・サウンドが帰ってきた!!
黄金期のスタックスを支えてきたバーケイズの元メンバーが立ち上げた凄腕のヴェテラン・ミュージシャン集団ザ・ボーキーズの新作が遂にリリース!オーティス・クレイやパーシー・ウィギンスなど豪華なゲストボーカルも参加した新録アルバム!!ソウル・ミュージックのオリジネーター達によるピュア・ソウル・サウンド!!

■メンフィス・サウンドを支えてきた凄腕ミュージシャンによるドリーム・チーム!!
メンフィス・サウンドを代表するスタックスのハウス・バンドとしてシーンに君臨していたブッカーT&MG’sとバーケイズ。そのバーケイズの残党が21世紀に新たに旗揚げしたのがこのボーキーズ。ハモンド・オルガンにロニー・ウィリアムス、ギターは元アイザック・ヘイズ・バンドのチャールズ"スキップ"ピッツ、そしてドラムはSTAXやアル・グリーンの数々のクラシックにも参加したハワード・グライムス。メンバーの経歴がそのままソウルの歴史になるような大御所達!!

■衰えることのないピュア・ソウル・サウンド!
メンフィスを代表するアーティストであるブッカーTの最新作や、デニス・コフィの最新作、自身の音楽のルーツに立ち返ったようなラファエル・サディークのここ最近の諸作のように、ソウル・ミュージックの原点に立ち返ったかのようなサウンドが確実に人気を盛り返してきている昨今。すぐに廃れるトレンドを取り入れたチープな作品ではなく、本物の音楽を知るミュージシャンによる廃れることのないタイムレスな音楽がここに!
 
■スジの通った参加ゲスト陣も豪華!!
ソウル・ゴスペルマスターのオーティス・クレイ、スタックスで活躍してきたウィリアム・ベル、ブルーズのグレートシンガー、チャーリー・マッスルホワイト、そしてノーザン・ソウルの人気歌手パーシー・ウィギンスと、ザ・ボーキーズに負けじと往年の名ヴォーカリストの衰えることのない歌声も素晴らしい!!

  • DISC 1
  • 1. Hi Roller
  • 2. Got to Get Back (To My Baby) feat. Otis Clay
  • 3. Just Chillin’
  • 4. Catch This Teardrop feat. Percy Wiggins
  • 5. Jack and Ginger
  • 6. Sundown on Beale
  • 7. Weak Spot featuring William Bell
  • 8. 90 Days Same As Cash
  • 9. I’m Going Home feat. Charlie Musselwhite
  • 10. Cauley Flower
  • 11. Work That Sucker feat. Charles “Skip” Pitts
  • 12. Got to Get Back (To My Baby) PT 2 feat. Otis Clay