Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
artists
schedules
news
music
upcoming

リリース情報

The Geneva Connection
JOHNNY GRIFFITH
The Geneva Connection
ジョニー・グリフィス
『ザ・ジュネーヴ・コネクション』
2011/01/19
CD
PCD-93384
     

¥2,415(税抜¥2,300)
レーベル: Pyramid Records
解説付 ※解説:原田和典

ジャズ・ファンク/レア・グルーヴ史に名高い名盤がまたもや復活!名門Motown のリズム・セクション“ファンク・ブラザーズ”の一員であったピアニスト、ジョニー・グリフィスがフレディー・レッドの名盤『The Connection』をアルバム丸ごとカヴァーしたという作品で、「O.D. (Over Dose)」「Time To Smile」などキラー・ジャズ・ファンク内蔵のためレア・グルーヴ黎明期からクラシック化していたという、もちろん『Rare Groove A to Z』掲載タイトル!

★『The Music from The Connection』と言えばフレディー・レッドがジャッキー・マクリーン擁するカルテットでBlue Note に残したアルバムが有名で、元は同名のミュージカル劇の伴奏曲だったもの(後に映画化も)。このアルバム7 曲をジョニー・グリフィス率いるデトロイトの“ファンク・ブラザーズ”集団が丸ごとカヴァーしてしまいましたという企画盤がこれ。レア盤として知られるオリジナルは1974 年にデトロイトのGeneva レーベルからリリースされた。

★しかしこの演奏、ヴァイタリティーの溢れ方がハンパではない。伴奏ばかりで抑圧されたミュージシャン達のうっぷん晴らしだろうか、水を得た魚のように活き活きとした演奏が実に小気味良い。フレディー・レッドのペンによるオリジナルは全て4 ビート曲だったが、勢い余って8 ビートにジャズ・ファンク化したヴァージョンがこのレコードを名盤にした。強烈なブレイクで始まる「O.D. (Over Dose)」、フルート・ファンクと化した「Time To Smile」、そして全編に響くグリフィスのフェンダーローズも実にイイのだ!

 
  • DISC 1
  • 1. Theme For Sister Salvation
  • 2. Music Forever
  • 3. Who Killed Cock Robin?
  • 4. Time To Smile
  • 5. O.D. (Overdose)
  • 6. Wigglin'
  • 7. Jim Dunn's Dilemma