リリース情報

Movin' Along
SP
Movin' Along
SP
『ムーヴィン・アロング』
2008/04/04
CD
PCD-93088
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
解説付 ※日本先行発売 ※ドープなイラスト・ポスター付 ※アーティスト本人によるライナーノーツ対訳付

超超超待望の帰還!!2000年以降のアングラHIPHOPがもたらした金字塔として今も語り継がれる伝説的名盤『Up Pops The Sac』たった1枚を残して惜しくも解散してしまったデトロイトの名ポッセ、スターヴィング・アーティスツ・クルー。そのリーダーであり、『Up Pops The Sac』において、ほとんどのプロデュースをつとめていたMC/ビートメイカー、SPことショーン・ホルトのソロ・デビュー・アルバムが日本だけでリリース!!

★ビート・メイキングからラップまでこなす天才ビート・ポエット!

今やアングラHIPHOPシーンにおける“レジェンド”と化したスターヴィング・アーティスツ・クルーのデビュー・アルバムから4年、ついに男が帰ってきた!90年代HIPHOPの申し子であり、PUTSのテス・ワンも認める天才ビートメイカーであり、ピート・ロックを神とあがめる男、SP。SACのリーダーとして伝説的アルバムを創り出した直後に西海岸に移住。その後もトラック制作を続けた彼が実に4年の歳月をかけて完成させたソロ・デビュー・アルバム。そこには故郷デトロイトへの愚直なまでの愛情が詰まっていた!

★デトロイト、嗚呼デトロイト!何とデニス・コフィー、ライマン・ウッダード参加!

全てが自らのプロデュースによるトラック&自身のMC。ゲストMCには元SACの同僚はもちろん、ジャイアント・パンダ、ガンビット・ザ・MCなど。そして驚くべきなのはデトロイト黄金期を代表する名プレイヤーの参加!ファンク・ブラザーズの一員として数々のMotown名盤に参加したギタリストのデニス・コフィーをはじめ、伝説的スピリチュアル・ジャズ・レーベルStrataにアルバムを残すオルガン奏者ライマン・ウッダード、同じくStrataの一員であったギタリストのロン・イングリッシュ等がいぶし銀のプレイでトラックに彩をつける、まさにデトロイト賛歌な傑作!

★美しくも純粋な魂が生み出した珠玉の50分!

「Detroit is my town…」の歌にはじまる「Intro」、SAC、ジャイアント・パンダ等が一堂に会したパーティイ・チューン「Night At The Funk Party」、SAC的なジャジーHIPHOP「Wreckess」「Look At Us Mean」、切なくなるほどのデトロイト哀歌「Mytown」「Motown」、リリシズムとメロウネスが光る「Movin’ Along」など、SACファン即死、あの頃のHIPHOPを愛する全てのB-BOY達即死、狂いそうになるほどカッコイイ!

  • DISC 1
  • 1. Intro/Fallin' Down
  • 2. Night At The Funk Party
  • 3. Wreckless
  • 4. Look At Us Mean
  • 5. Mytown Part 1 of 2
  • 6. Motown Part 2 of 2
  • 7. Street Rappin'
  • 8. That Cat Is High
  • 9. Woman Child
  • 10. Next
  • 11. Movin' Along
  • 12. Motown [Unity Remix]