リリース情報

Walls
Apparat
Walls
アパラット
『ウォールズ』
2008/02/02
CD
PCD-93077
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
レーベル: Shitkatapult
解説付 ※解説:原雅明 ※日本盤のみボーナス・トラック収録

華々しき音響ヒップ・ソウル・ミュージック!!

繊細なアパラットのトラックと、ブルーアイド・ソウルフルなラズ・オハラの歌が引き起こす新しい科学反応!

エレン・アリエンとの共作アルバムも記憶に新しい最近絶好調なアパラットが、ソロ名義4年ぶりとなる、超傑作3rdアルバム『ウォールズ』を引っさげて遂に待望の国内デビュー!

大進化を遂げたサウンド・スケープに驚愕!!

トム・ヨーク・ソロ好き、エレクトロ・ファンク好きにも激押し!

◆360°+αでスケールアップしたアパラット・サウンドに驚愕!!

カラフルに色が交じり合ったジャケットのイメージをそのままに、ヴァラエティ満載の今作。前作までの流れにある音響的アプローチは緻密さを増し、そこにティンバランドのようなラフなヒップ・ホップ・ビート、さらにソウルフルなラズ・オハラの歌が交わる。それは、さながら音響ヒップ・ソウル・ミュージックとでもいうべきオリジナルな領域に足を伸ばしたアパラットの現在形!

◆ソウルフル!トム・ヨーク!美しい音響トラック!

シングル・カットもされたM5「Holdon」を始め、計4曲にフィーチャーリング・シンガーとして起用されたKitty-Yoなどの諸作で知られるラズ・オハラのソウルフルな歌とアパラットのトラックは抜群の相性。今までのアパラット作品にはなかったソウルフルな極上の新機軸を打ち出している。さらに前作までの路線をさらに進化させたような綺麗なインスト連曲M6&M7や、M9、M8でのトム・ヨークをほうふつとさせるアパラット自身のファルセット・ヴォーカル・トラックなどの前作までの延長戦上にあるトラックも、もちろん健在!

アパラットこと、ベルリンのサーシャ・リンは、今年注目に値する作品を作った。

エレン・アリエンとのコラボレーション作品によって生まれたテクノ、エレクトロ、ポップ・ミュージックの目の覚めるような新しい関係性を示した作品として高く評価された『オーケストラ・オブ・バブルス』。

彼らはまた、そのアルバムのマテリアルを世界中のクラバーやフェスティヴァル・オーディエンスたちに衝撃のライヴ・ショーとして提示した。そして。アパラットは同時にオーディエンスを奮わせるほどの、パワフルなエレクトロ/テクノのラップトップ・アタックともいえる彼のソロ・ライヴを続けていた。

そして、遂にそれら全ての彼の活動からの影響を感じさせるニュー・スタジオ・アルバムを完成させた。

2003年の『デュプレックス』以来のアルバムだ。

『ウォールズ』というタイトルであるにも関わらず、そこには、音楽ジャンル的な境界線はない。

それはいうなれば、一つの閉じた空間の中で、ストリングスとハンマー・ビート、ロックンロール・ギターとギザギザのシンセ音、吃音ぎみのデジタル・パーカッションと筋骨隆々のスタジオ・ドラミングが互いに押し合い、各々が走り回りながら混在し円を描いているかのようだ。

“このレコードは、焦点を絞ったコンセプチュアルなプロダクションではない。これは過去2年間のアパラット・コンピレーションだ。なぜなら、そこにはたくさんの違った要素があり、それぞれに違った影響がある。

僕は、70曲ほどの未完成曲を完成させて、その中からベストのアイデアを集めて『ウォールズ』をつくったんだ”

―サーシャ・リン(アパラット)

  • DISC 1
  • 1. Not A Number
  • 2. Hailin From The Edge
  • 3. Useless Information
  • 4. Limelight
  • 5. Holdon
  • 6. Fractales Pt.
  • 7. Fractales Pt.
  • 8. Birds
  • 9. Arcadia
  • 10. You Don't Know Me
  • 11. Headup
  • 12. Over And Over
  • 13. Like Porcelain
  • 14. Holdon A-Minor Version