リリース情報

A Little Place In The Wilderness
Memphis
A Little Place In The Wilderness
メンフィス
『ア・リトル・プレイス・イン・ザ・ウィルダネス』
2007/12/19
CD
PCD-93062
定価:¥2,415(税抜¥2,300)
レーベル: Good Fences
※国内盤のみ未発表ボーナス・トラック5曲収録!!

スターズの男性ヴォーカリスト、トーキル・キャンベルのアコースティックなサイド・プロジェクト、メンフィス登場!ストリングスやホーンを散りばめながら、さながらスターズ・アンプラグドのような夢見心地の大傑作アルバム!スターズ・ファンはマスト!

●注目集まるスターズ周辺、大本命!

トーキルのヴォーカル曲が増え、今までのエレポップ感が薄れると同時に生楽器での演奏が増えた話題騒然のスターズの新作『イン・アワ・ベッドルーム・アフター・ザ・ウォー』。

このメンフィスのアルバムは、あのアルバムの続きが始まったかのような錯覚すら起こさせる、本家の流れを色濃く残す大本命サイド・プロジェクト。

アコギの簡素な音を全編に響かせながら、ドリーミーなスターズそのままのトーキルのしっとりとした歌声とメロディーを本家よりも堪能できる捨て曲なしの超傑作!

●多彩な才人トーキル・キャンベル!

トーキル・キャンベルは、スターズの創設メンバーであり、バンドのヴォーカリストとしての活躍はもちろん、日本でも大人気のブロークン・ソーシャル・シーンにも参加。さらには地元カナダでは俳優としても数多くのテレビ番組に出演している多彩な表現者である。メンフィスではそんな彼のよりパーソナルな感性が伺え、このアルバムは1曲目から最後の曲まで繰り返し何度も聞きとおせるトータルでの高い作品性を感じさせる。60年代のソフト・ロック、80年代のネオ・アコースティックからの影響を感じさせるメンフィスの音楽は、スターズ・ファンのみならず、今また新鮮に多くのロック・ファンの心に響くに違いない。

“メンフィスは、Aリスト入りのチェンバー・ポップを創りあげた。”

__________ PITCHFORK MEDIA

“なんて魅惑的なレコードだ…華やかで厳か。”

__________FILTER MAGAZINE

“ドリーミーなアコースティック・ポップのこの上なく幸せな探検。

それは甘く…それでいて今まで聴いたこともないほど高潔なウィスパー・ヴォイス。感情を揺さぶられる。”

__________MONTREAL GAZETTE

  • DISC 1
  • 1. I Dreamed We Fell Apart
  • 2. In The Cinema Alone
  • 3. Incredibly Drunk On Whiskey
  • 4. Time Away
  • 5. A Ghost Story
  • 6. A Little Place In The Wilderness
  • 7. I'll Do Whatever You Want
  • 8. Swallows And Amazons
  • 9. In The Highest Room
  • 10. The Night Watchman
  • 11. 06/21/00 (Live At KCRW)
  • 12. In the Cinema Alone (Live At KCRW)
  • 13. I'll Do Whatever You Want (Live At KCRW)
  • 14. Incredibly Drunk On Whiskey (Live At KCRW)
  • 15. A Little Place In the Wilderness (Live At KCRW)