リリース情報

Orang-Utan
ORANG-UTAN
Orang-Utan
オランウータン
『オランウータン』
2022/06/15
CD
PCD-27061
     
定価:¥2,970(税抜¥2,700)
★初回限定生産 ★紙ジャケット仕様
 

100_vga

1971年、ハード・ロックの巨猿が大西洋両岸を蹂躙した! 英国ロンドンで結成、アメリカでデビューを飾った“幻”のバンドの唯一のアルバムが日本国内盤初のリリース決定!

オランウータンはレッド・ツェッペリンやリーフ・ハウンドなどを彷彿とさせるブルージーでアシッドなハード・ロックでマニアのハートを鷲掴みにしてきた。ヘヴィなギター・リフと絡み合うツイン・リード、コブシの効いた高音シャウトが交錯するサウンドはリリースから半世紀を経た今日でも鮮烈だが、バンドは本作1枚のみで解散。イギリス出身でありながらアメリカのみでアルバム・デビューという複雑な事情も関係して流通がままならず、知る人ぞ知るアンダーグラウンド・レジェンドとしてロック史にその名を刻んできたが、いよいよその全貌が白日の下に晒されることになった。
1960年代後半にハンターとして結成。ロンドン周辺でライヴ活動を行い、ジェネシスやモット・ザ・フープルと共演したこともあったという彼らは半日でアルバムをレコーディング。その音源が知らないうちにアメリカで発売されていた!…というのが本作だ。
そんな数奇な運命に翻弄され、短命に終わったバンドの唯一のアルバムとなる『オランウータン』だが、そのソングライティングと演奏力には驚かされる。攻撃力に満ちた「アイ・キャン・シー・インサイド・ユア・ヘッド」(M1)「チョコレート・ピアノ」(M4)、ウェットな哀メロが映える「ラヴ・クイーン」(M3)「フライ・ミー・ハイ」(M6)、プログレッシヴな展開の「マジック・プレイグラウンド」(M8)などは当時のトップ・バンドと較べても遜色のないもので、当時19~20歳のメンバー達のありったけのエネルギーが注ぎ込まれている。
わずか1作で解散したオランウータンだが、ギタリストのミック・クラークはデイヴィ・パティスン(ロビン・トロワー、モントローズ)、ロング・ジョン・ボールドリーと活動するなど、音楽シーンに爪痕を残してきた。『オランウータン』の日本公式リリースは、ハード・ロックの失われた鎖が繋がれる瞬間だ。

 
  • DISC 1
  • 1. I Can See Inside Your Head
  • 2. Slipping Away
  • 3. Love Queen
  • 4. Chocolate Piano
  • 5. If You Leave
  • 6. Fly Me High
  • 7. Country Hike
  • 8. Magic Playground