リリース情報

Outskirts Of Love
SHEMEKIA COPELAND
Outskirts Of Love
シェメキア・コープランド
『アウトスカーツ・オブ・ラヴ』
2015/09/16
CD
PCD-24419
定価:¥2,592(税抜¥2,400)
レーベル: Alligator
解説付 歌詞付 ※解説:妹尾みえ

シカゴ市およびイリノイ州公認“新・ブルースの女王”、シェメキア・コープランドが古巣アリゲーターからリリースする入魂のニュー・アルバム!

今まさに絶頂期にあると言っていい女性ブルース&ソウル・シンガー、シェメキア・コープランド。テキサスの偉大なブルース&ソウル・シンガー/ギタリスト、故ジョニー・コープランドの実娘となる彼女の、グラミー賞にノミネートされた前作『33 1/3』(Telarc)につづく3 年ぶりのニュー・アルバム。シェメキアは『アウトスカーツ・オブ・ラヴ』で、これまででもっともカリスマティックな姿を見せる。彼女は本作でパワーと威厳、微妙な色合いと陰影をもってルーツ・ロックやアメリカーナ、ブルースを歌っている。タイトル・トラックとつづく「Crossbone Beach」でロックし、父ジョニーの「Devil’s Hand」ではアフロビートを注入し、彼を称えている。また、ソロモン・バークやジェシ・ウィンチェスター、CCR、ZZ トップ、アルバート・キング、ジェシー・メイ・ヘンフィルらの楽曲をシェメキア色に染め上げている。
これは進化をつづける彼女の、決定的にコンテンポラリーかつ冒険的な最高傑作である。

シェメキアはこれまでにエリック・クラプトンやボニー・レイット、B.B. キング、バディ・ガイ、ミック・ジャガー、カルロス・サンタナ、ジェイムズ・コットンらと歌ってきた。ローリング・ストーンズのオープニングも務めている彼女は、2012 年にはミック・ジャガーとともにホワイトハウスでオバマ大統領夫妻の前で歌っている。

●ゲスト:ビリー・ギボンズ(ZZトップ)、ロバート・ランドルフ、アルヴィン・ヤングブラッド・ハート他

  • DISC 1
  • 1. Outskirts Of Love
  • 2. Crossbone Beach
  • 3. Devil's Hand
  • 4. The Battle Is Over (But The War Goes On)
  • 5. Cardboard Box
  • 6. Drivin' Out Of Nashville
  • 7. I Feel A Sin Coming On
  • 8. Isn't That So
  • 9. Jesus Just Left Chicago
  • 10. Long As I Can See The Light
  • 11. Wrapped Up In Love Again
  • 12. Lord, Help The Poor And Needy