リリース情報

FEDERATION OF THE DISCO PIMP
FEDERATION OF THE DISCO PIMP
FEDERATION OF THE DISCO PIMP
フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ
『フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ』
2011/10/05
CD
PCD-20120
定価:¥2,100(税抜¥2,000)
レーベル: Fusion Music
※解説:小川充

猛烈なグルーヴを放つスコットランド出身のイキの良いファンク・バンド、フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ!オールド・スクールなファンクやディスコ、ジャズを下敷きにしたアンストッパブルな高速グルーヴはかなりのもの!イキオイよし、見た目よし、そしてセンスよし!ダフト・パンクのファンク・カバーなんてなかなか無いでしょ!

■ジャズ・ファンク・シーンに久々の大型新人あらわる!

スコットランド出身の7 人組、フェデレーション・オブ・ザ・ディスコ・ピンプ!「スナッチ」とか「ロック、ストック& トゥー・スモーキング・バレルズ」とかガイ・リッチーの映画に出てきそうな風貌からしてファンクネスを匂わせるタダモノではない印象。もちろん肝心な音もタダモノではなく、スパイ・ジャズ・ファンクと呼んじゃっていいような高速グルーヴはダンスフロアーでもオーディエンスのハートをガッチリ掴めること間違いなし!!

■意外なプロデューサーが手がける新生代のモダン・ファンク!

イギリスを中心にラジオ・ヒットしているM1 とM2 を手掛けたのはジャスティン・ティンバーレイクやエルヴィス・コステロ、レタスなども手がけるジョエル・ハミルトン。このバンドに惚れ込んで喜んでプロデュースしただけあって、しっかり打ってるビートと威勢のいいホーン、気持ちの良いエレピなどはポップス・リスナーも振り向かせられる出来栄え。ダフト・パンクを大胆にジャズ・ファンク・カバーしたM3 もその発想はかなりフレッシュ! M7 にはクインシー・ジョーンズとハービー・ハンコックのメドレー・カバーをライブ・バージョンで収録とファンク・マナーもバッチリな期待の大型新人!

  • DISC 1
  • 1. Gimme Some Light
  • 2. Bruce Lee
  • 3. Robot Rock
  • 4. Above The Law
  • 5. Pinball Number Count
  • 6. High & Dry
  • 7. Money Runner /Hang Up Your Hang Ups (live)