リリース情報

人は人を救えない
六角精児
人は人を救えない
六角精児
『人は人を救えない』
2022/04/20
CD
PCD-18893
     
定価:¥3,300(税抜¥3,000)
 

六角精児が歌うフォーク&ロック名曲選!昭和の香り漂う純国産楽曲をブルース&カントリーを基調とした芳醇な大人のロックサウンドへと昇華!  六角精児のライフワークとも言うべき“酒”と“鉄道”をテーマにした、“呑み鉄”フリークにはたまらないオリジナル新曲「お前の町へ」も収録!

「この数十年、僕がずっと聴きたかった作品が生まれた」
長門芳郎(パイドパイパーハウス)

六角精児、初のソロ・アルバムは往年のフォーク/ロックのカヴァー集。けれど、遠い目をして昔日を偲ぶような作品では全くない。かまやつひろし、浅川マキ、休みの国、西岡恭蔵、猫、早川義夫など一筋縄ではいかない選曲のラインナップからも伺えるように懐かしのヒット・パレード的なものとは一線を画した、六角自身のパーソナルが濃厚に滲むカヴァー・アルバムなのだ。サウンド・プロデュースを手掛けたのは谷口雄。彼を中心としたロック新世代のミュージシャンと、伊賀航や江上徹ら熟練の腕利き達による新たな解釈のサウンド、六角との世代を超えたセッションも本作の聴きどころだろう。また、鈴木慶一の「スカンピン」には本人が参加。さらに鈴木茂、高田漣、岡田拓郎、さらには春風亭昇太など多彩なゲスト陣も要所で素晴らしいプレイを披露している。スーパーバイザーに迎えたのは日本のロック/ポップス界の最重要裏方ともいうべき長門芳郎。鮮烈な印象を残すジャケットの題字・イラストを手掛けたのはしりあがり寿。強力なメンバーが顔を揃えた本作だが、その中においても六角のヴォーカルが得もいえぬ存在感を放っている。人は人を救えないかもしれないが、彼の歌声は人の心をそっと動かすことができるのだ。

 
  • DISC 1
  • 1. やつらの足音のバラード
  • 2. 告別式
  • 3. あたしのブギウギ
  • 4. 雪の月光写真師
  • 5. 各駅停車
  • 6. スカンピン
  • 7. 追放の歌
  • 8. サーカスにはピエロが
  • 9. 女の証
  • 10. この世で一番キレイなもの
  • 11. 風景
  • 12. お前の町へ