リリース情報

Jazz In Camera
DONALD BYRD & BARNEY WILEN
Jazz In Camera
ドナルド・バード&バルネ・ウィラン
『ジャズ・イン・カメラ』
2012/03/21
CD
PCD-17528
定価:¥2,730(税抜¥2,600)
レーベル: SONORAMA
解説付 ※解説:小川充

幻のヌーヴェル・ヴァーグ未発表サントラが50 余年の時を越え初リリース!ドナルド・バード、バルネ・ウィラン他ジャズ・レジェンドによる58 年パリ発、素晴らしきハード・バップ/モダン・ジャズ・セッション!

ヌーヴェルヴァーグの時代、50 年代末のパリはまた、モダン・ジャズのメッカでもあった。マイルス・デイヴィスの「死刑台のエレベーター」を始め数々の名作ジャズ・サウンドトラックが生まれた。アヴァンギャルドなジャズ・フィルム・プロジェクトとして58 年に始まったこの「Jazz In Camera」は、まずジャズ・ミュージシャンによるサントラを先に制作し、そのレコーディング・セッションを撮影して映画に使う、という手法で進められたが、撮影は中断。既に録音が完了していたサントラも公開されることはなかった。その「幻のヌーヴェルヴァーグ・サントラ」のアセテート盤マスターが最近になって発見され、こうして遂に陽の目をみることに!ブルーノートにリーダー作を多数吹き込んでいたハードバップ絶頂期のドナルド・バード(tp)と、フランスを代表するテナー奏者バルネ・ウィランという大物2 人を中心に、あのボリス・ヴィアンが用意したスタジオで録音されたこの作品は、公開されていれば、ジャズ・サントラ名盤の仲間入りをしていたに違いない。スピーディーなハードバップ(含「A Night In Tunisia」)とスローなブルース曲が交互に現れる、米×仏モダン/ハードバップ奇跡の未発表音源!

  • DISC 1
  • 1. Jazz in Camera - Bande I
  • 2. Jazz in Camera - Bande II
  • 3. Jazz in Camera - Bande III
  • 4. Jazz in Camera - Bande IV
  • 5. Jazz in Camera - Bande V
  • 6. Jazz in Camera - Bande VI