ジャンル: JAZZリリース情報

PCD-93066 Keep On It: Live At The Yardbird Suite
2008.06.06

ニュー・マスターサウンズ・ファン必聴!これがNMS、エディー・ロバーツのルーツだ!エディー・ロバーツがNMS以前に率いていた伝説のバンド、ザ・スリー・デューセズ唯一のリリースである1996年のライヴ・アルバムがなんと日本だけで復活!エディーが愛するグラント・グリーン~60年代ブルーノート・ソウル・ジャズのサウンドが奇蹟的な鮮度で蘇る!

★伝説のバンドによる伝説のライヴ・アルバムが奇蹟の復刻!

1996年4月27日、NMSのホームタウンであるUKはリーズにあるジャズ・クラブ“ヤードバード・スイート”でのライヴ実況盤。その後97年にYardbird Suite RecordsからCD化され、ごく少量流通していただけで今では伝説化しているほどのレア盤です。ギター、オルガン、ドラムというオルガン・トリオにコンガが加わったソウル・ジャズ・マナーな編成。

ちなみにオルガン、ドラムスはNMSとは関係ないプレイヤーですが、コンガはNMSのレギュラー・パーカッションを担うサム・ベル。

★ソウル・ジャズ・ファンにはたまらない麻薬的サウンド!

そのサウンドはこれもう知らずに聴いたら60年代Blue Noteのアルバム?と勘違いするような直球ソウル・ジャズ。特にグラント・グリーンがジョン・パットンやベイビー・フェイス・ウィレットと繰り広げたサウンドへの憧憬が愚直なまでに丸出しです。

現在のエディー・ロバーツ・バンド、NMSのルーツといえるジャズ・ファンクやブーガルーなオリジナルを中心に、ベイビー・フェイス・ウィレットのソウル・ジャズ・クラシック「Face To Face」、スティーヴィー・ワンダーの「Boogie On Reggae Woman」カヴァーも収録。

エディーのギブソンのファットな音色をそのままとらえたヴィンテージな録音もグッドです!

read more

PCD-23939 Many Shades Of Blue
2008.06.06

ハンサムでファンキィでダンサブルなトランペットも魅力が炸裂!スカイハイ~ミゼル・ブラザーズ系の音が好きな人にはぜひオススメしたいMainstreamの看板トランペッター、ブルー・ミッチェルのファンキィ・フュージョン傑作!!

実に6枚ものアルバムをMainstreamに残したソウルフル・トランペッター、ブルー・ミッチェルの最終作。

このあと彼はRCAに移籍し、ド・フュージョンなアルバムを多く残すことになる。

今作は大物アレンジャー、デイヴ・マシューズのペン&アレンジの元、ブルーノート末期のドナルド・バードを髣髴させるスカイハイ・プロダクション風のフュージョン・ファンクを録音。

例によって豪華なメンツにはジョン・トロペイ、ジョー・ベックという2大フュージョン・ギタリストのほか、RTFのジョー・ファレル、ジョン・ファディスなども参加。

四つ打ちがハマりそうなダンサブル・ファンク「Hot Stuff」、異様な盛り上がりを見せる最高のバンピン・ファンク「Funky Walk」など、タテ乗り系のファンクが好きな人はツボな74年作。

read more

PCD-17182 Mocambo Funk Forty Fives
2008.06.06

輸入盤大ヒット御礼!サウンド・スタイリスティクス、スピードメーターにジェームス・テイラー・カルテットから無名の新発掘ニューカマーまで、現在進行形ジャズファンクの激アツなメンツが集った大ヤケド確実の史上最強コンピレーションが、遂に国内殴り込み!

昨年末の発売と共に輸入盤ながらその極めて高品質な内容により大きな話題を呼んだ『モカンボ・ファンク』コンピレーション。

本作は、設立以来頑なにドーナッツ盤のみのリリースにコダワリ続けてきたドイツの職人レーベル「モカンボ」による初めてのCDリリースで、サウンド・スタイリスティクス、スピードメーターやJTQなどによる秒殺確実のジャズファンク・キラーを山のように詰め込んだメタボ仕様のギガ盛り汁ダク編集盤!

灼熱のカリビアン・スティールでミーターズ「Look-ka Py Py」を料理したBacao Rhythm & Steel Bandほか、新人バンドのクオリティもアタマ5つ抜きん出たスバラシイものばかり!

次のスピードメーターはコイツらだっ!新たなる1ページは、ここから始まる!!!

read more

PCD-93039 The Harlem Experiment
2008.06.06

『フィラデルフィア・エクスペリメント』『デトロイト・エクスペリメント』で話題をさらったRopeadopeのエクスペリメント・シリーズの最新作はハーレム編!世界に名だたる人種と音楽のルツボ、ニューヨークでならではの進化を遂げた個性的なジャズ、サルサ、ファンク、クレズマー等、が老獪な音楽家達の手で解体され再構築されるスリリングなエクスペリメント!

★NYラテンのメッカ、スパニッシュ・ハーレムに捧げる奇蹟のプロジェクト!

ホームタウンは同じだけど、音楽的バック・グラウンドが全く違うミュージシャン達を、ファンキーなレコーディング・スタジオに集めたらとても面白い自然発生的な音楽が生まれるだろう、というアイディアのもと集められたホスト・バンドのメンツは、おなじみNYロフト・ジャズ・シーンの重鎮スティーヴ・バーンスタイン(tp, セックス・モブ他)、クラリネットの鬼才ドン・バイロン、デヴィッド・ボウイ・バンドのギタリスト、カルロス・アロマー、ティト・プエンテ・バンドで活躍したエディ・マルティネス(key)、ルベン・ロドリゲス(b)、スティーヴ・ベリオス(ds)とNYのロフト・ジャズ・シーンの顔役+NYラテンの大物、という興味深さ。ゲストとしてオル・ダラ(tp)、タジ・マハル(vo)、ジェームス・ハンター(g, vo)、クイーン・エスター(vo)等が参加。

★レパートリーは壮絶カヴァーの嵐。

レア・グルーヴ・クラシックスとして名高いジミー・キャスター・バンチの「It’s Just Begun」のナイス・カヴァーを始め、ジェームス・ブラウン「Think!」、エディ・パルミエリの「Harlem River Drive」、ボビー・ウォマックのレアグル名曲「Across 110th Street」、マチートの「Mambo a la Savoy」、ベン・E.キング「A Rose In Spanish Harlem」などなど。

★ファンクあり、ラテンあり、ジャズあり、歌物あり、のブエナビスタ・ハーレム編。

ヘヴィなブレイクビーツでスタートするジャズ・ファンク「One For Jackie」「Rigor Mortis」、極上のラテン・ジャズ「Reefer Man」「Harlem River Drive」「Mambo a la Savoy」、エレクトロ・ファンクな「It’s Just Begun」、最高にファンキィな「Think!」、枯れまくった激シブ・ヴォーカルの「A Rose In Spanish Harlem」が最高!

read more

PCD-23995 II
2008.06.06

FUNKという名の音楽的麻薬。めくるめく紫煙の中、重低音と鋼のビートが屹立する瞬間にブッ飛ぶ意識。世界最強のFUNKレーベルDaptoneから、世界一重低音なアフロ・ファンク・バンド、ザ・ブードス・バンドが再び発動!マジでこのレーベルの音は宇宙最高です!

★最強のファンク・レーベルDaptoneから最強のインスト・ファンク・マシーン発動!
シュガーマン・スリーのニール・シュガーマン率いる世界最強のファンク・レーベルにして全世界のディープ・ファンク・ファン心の故郷、NYはDaptone Recordsから久々のリリースはNYスタッテン・アイランドの11人組みインスト・アフロ・ジャズ・ファンク・バンド、ザ・ブードス・バンド堂々のセカンド!

★確信犯的に激しくカッコ良いディープ・ファンク・サウンド最前線!
冒頭の「Chicago Falcon」から超ヘヴィー!
カラっと乾いてるのにボトム太すぎなオーセンティック・ファンク・サウンド!
うなる重低音と炸裂のブラス・セクション!
渋すぎるヴィンテージ・シンセの音色とキツキツなビート!
得体の知れないワクワク感を感じてるのはオレだけ?
麻薬的な怪しさの「Budos Rising」、地下室の暗黒ファンク「Mas O Menos」、剥き出しの攻撃性と肉体感が刺さるアフロビート「Adeniji」、テンプテーションズ「My Girl」のヘヴィ・マイナーFUNK化カヴァーなど、隅から隅まで確信犯的に激しくカッコ良いディープ・ファンク・サウンド最前線!

read more

FSRCD-45 Stay On The Groove Vol.4
2008.06.06

Sound StylisticsやLack Of Afroなど、肉厚な極太アーティストを多数抱える英ジャズファンク・シーンの最高峰レーベル、フリースタイルのコンパイルによる人気コンピの第四弾、遂に投下!収録アーティストは、Sound Stylistics、Lack Of AfroにCookin’ On 3 Burnersなど、フリースタイルが誇る最重量級の看板アーティストたちを軸に、スピードメーターやニュー・マスターサウンズなど、弊社国内盤でもおなじみのスーパー・スターたちもピックアップ、さらにはマーク・ロンソンやリリー・アレン、エイミー・ワインハウスとの共演でもおなじみの話題沸騰ユニットHaggis HornsやTru Thoughtsの看板クオンティック、そしてファンクションやソウル・スナッチャーズなど、今後シーンの中核を担うであろう期待のホープたちまでも幅広く網羅、ヴェテラン、4番打者、審判、新人から驚きの隠しダマまで、実に多彩なラインナップでシーンの話題を根こそぎかっさらう!M14「Nervous」は、そう、ニューヨリカン・ソウル最初期のマスターピース「Nervous Track」のニュー・マスターサウンズによる伝説的カバー(ケブ・ダージ&ケニー・ドープの<Kay Dee>からリリースされた7インチは即ソールドアウト!)のケニー・ドープ・リミックス!贅肉全部削ぎ落とした超ソリッドなリズムにジラされまくり、こりゃ即ノックアウト間違いナシっすわ!7インチ買い逃したファンは絶対にマスト!

read more