ジャンル: AORアーティスト情報

PCD-94039 Crazy Game Of Love
2021.06.09

スウェーデンのツー・メン・ユニット、会心のデビュー作につづく約3年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム! 前作以上に日本のAORファンを魅了すること間違いなしの傑作!

18年末に日本リリースされた『AT LAST』で新旧AORファンをアッ!と言わせたスウェーデン発のツー・メン・ユニットが、待望の第2作をリリース。前作を上回る激アツの内容に、いま話題のトミ・マルム、ベテラン:レニー・カストロ、TOTOやアンブロージアのツアーで活躍したシェム・ヴォン・シュロックらが参加。
――金澤寿和

スウェーデンのベテラン・ギタリスト、マッツ・ヨハンソンと鍵盤奏者カイ・バックマンの二人を中心とするAORプロジェクトが、2018年にリリースしたデビュー作につづいて待望のセカンド・アルバムを完成させた! 前作に引き続き、北欧AORシーンのキー・プレイヤーたちに加えて、今回はTOTO関係者も参加。

read more

ジャンク フジヤマ
2021.06.08

大学時代、バンド「ハヤオキ×」を結成、ライヴハウスを中心に活動を行う。バンド解散後、ソロ活動を開始。
2009年ミニ・アルバム「A color」をリリース。アルバムを聴いたスーパー・ドラマー、村上“ポンタ”秀一がその歌声に惚れ込みスペシャル・バンド「ファンタジスタ」を結成し、ワンマン・ライヴを開催。その模様を収録したライヴ・アルバム「JUNKTIME」を2010年にリリース。その後、FM局で頻繁にOn Airされた「Morning Kiss」を収録したスペシャル・アルバム「JUNKSPICE」を同年にリリース。2011年ポップ・エッセンスを凝縮したアルバム「JUNKWAVE」をリリースし、2回の東名阪ツアーを行ない圧倒的な歌唱力と存在感で観客を魅了した。
2012年6月にリリースしたメジャーデビューシングル「あの空の向こうがわへ」は、全国のラジオ40局にてヘビーローテーション等を獲得し、東芝TVCMソング(東芝製スカイツリーエレベーター)にタイアップ起用される。
2013年3月メジャー・ファースト・アルバム「JUNK SCAPE」をリリース。5月には東京SHIBUYA-AX、大阪BIG CATでレコーディング・メンバーとリリース・ツアーを開催。
2014年1月22日セカンド・アルバム「風街ドライヴ」をリリース。
2016年6月ライヴ・アルバム「ジャンクフラッシュ」をリリース。
2017年7月配信リリースした「僕だけのSUNSHINE」はSpotifyのバイラルチャートで三度首位を獲得した。
2018年12月初のジャズ・カバーアルバム「ロマンティック・ソングス~マイ・フーリッシュ・ハート」をリリース。
2018年12月人気ブラスセクション:FIRE HORNSをフューチャーした「魔法のつぶやき」を配信リリース。
2020年7月「夏の加速度 ~Kiss In My Heart~」を配信リリース。
2020年11月オリジナル・アルバム「Happiness」を配信リリース。
2021年1月山下達郎のカバー「SPARKLE」を配信リリース。
その歌声は現在まで合計15ものタイアップ・ソングに起用され愛されている。

read more

PLP-6798 Michael Stosic
2021.05.26

アーリー80’s AOR/ブルー・アイド・ソウルの秘宝が歓喜のLPリイシュー!
オリジナル・プレス100枚のみの超希少盤にして、全編歌良し!曲良し!サウンド良し!な奇跡のクオリティを誇る逸品!

2020年夏の世界初CD化が大きな話題を呼んだ米シンガー・ソングライター:マイケル・ストージックの1stアルバム(1982年作品)が、遂にLPでもリイシュー! オリジナル盤はプロモーション用に100枚プレスしたのみでほぼ一般流通はしなかったという希少性もさることながら、素晴らしいのはその内容。華麗なホーンやストリングスをフィーチャーしたサウンドやハイレベルなアレンジはとてもプライベート盤とは思えぬ内容で、エドガー・ウィンタ―&ホワイト・トラッシュ~ブラッド・スウェット&ティアーズ~レア・アースを渡り歩いたサックス奏者:ジェリー・ラクロアも参加! ライトメロウなAORから軽やかなアーバン・ブギー、甘美なバラードまで、単なるレア盤リイシューとは一線を画す稀有な楽曲クオリティを誇る名盤です!

read more

Page 99
2021.05.19

read more

PCD-94038 Page 99
2021.05.19

全AORファン必聴の傑作が登場! バークリー出身のミュージシャン、ジョン・ニクソンが、すばらしき70年代、80年代の米西海岸の音楽の理想の姿を存続させるべく立ち上げたプロジェクト、ペイジ99のデビュー・アルバム!

優れたAORトリビュート・バンドの多くがヨーロッパから登場している昨今。その真打ちとも言えるプロジェクトが、かつての本場アメリカから登場した。プロジェクト名は、ペイジス~Mr.ミスターのリチャード・ペイジとTOTOのヒット曲から。その両者+エアプレイのカヴァーにもトライしている。でもそれ以上に素晴らしいのが、オリジナル楽曲のクオリティ。凡百のトリビュート・バンドを突き放す、その完成度の高さに触れよ
――金澤寿和

新世代ヨット・ロック/西海岸AORアーティスト、ペイジ99によるデビュー・アルバム。興味深いコード進行、洗練された魅惑的なメロディ、豊かなアレンジ、華麗なソロが織りなす、時代を超越したクラシックなサウンドへの回帰!

https://youtu.be/K42Qc1176nw?list=OLAK5uy_l0uBfK6az6suK5zosTla1wYdJ1bTV-Avg
https://youtu.be/Fx-mB2Gytdg?list=OLAK5uy_l0uBfK6az6suK5zosTla1wYdJ1bTV-Avg

read more

YUMA HARA
2021.04.16

父親の影響でギターを手にし、14歳からギタリストとして演奏活動を開始。東京音楽大学付属高校、東京音楽大学を経て2014年にBostonの Berklee college of music に入学。かつてLettuce、Souliveのメンバーなども在籍していた老舗ジャズクラブ Wally’s Cafeの火曜日レギュラーバンドメンバーに迎え入れられる。様々なクラブでの演奏活動と並行して多数のスタジオワークもこなした。Bostonでの生活を経て現在は拠点を東京に移し、さだまさし、DEAN FUJIOKA、Little Glee Monster、CHEMISTRY、BALLISTIK BOYZ from EXILE Tribe、Nichkhun (from 2PM)、向井太一、Friday Night Plans、フィロソフィーのダンスなど様々なアーティストの楽曲レコーディング/編曲やライヴなどに参加。また作編曲/演奏を手がけた人気アニメ「ヒプノシスマイク」の劇中歌「SHIBUYA GHOST NIGHT」は収録アルバムがオリコンランキング、Billboard JAPAN Top Album Salesで週間1位を獲得した。2018年7月、自身初となるプロデュースアルバム『THE DAYS』をリリース。国内はもとより海外にも反響を呼んだ。『THE DAYS』収録曲からNu-Discoの貴公子”T-Groove”がリミックスをした「Be Free T-Groove Remix (feat. Monique Dehaney)」は英BBCラジオなどで週50回以上放送、イギリスのSoul/R&Bのコンピレーションアルバムにも収録。後にUK SOUL CHART 1位を記録した。ギタリスト/アレンジャー/プロデューサー/マルチインストゥルメンタリストとして年間30以上のシングルやアルバム、劇番やテレビCMなどを手掛けそのサウンドを世界中に輸出。同時にライブツアー、テレビ出演など幅広く活動中。父はギタリスト原とも也、祖父はシャープス&フラッツリーダー原信夫。

read more

PCD-94030 Comfortable Shoes
2021.04.02

話題のトミ・マルム最新アルバム『Coming Home』でも美声を聴かせたUSの実力派SSW:ジェイミー・ホスマー、極上のポップ・メロディに酔いしれる傑作ソロ・デビュー・アルバム!

「ラスヴェガスを拠点にするロング・キャリアの実力派ミュージシャンが、満を持して初のソロ・アルバムを発表。AORフリークに注目されるトミ・マルムのニュー・アルバム参加をキッカケに、35年の経験が一気に開花する。ルー・グラム(元フォリナー)、ボビー・キンボール(元TOTO)、ミッキー・トーマス(元スターシップ)などとの共演歴は伊達じゃない。話題曲「Comfortable Shoes」「Can’t Stop Thinking About You」収録」――金澤寿和

read more

PCD-94029 Jukebox Of Paris
2021.03.31

ハートウォームで都会的な麗しのカナディアンSSW:ロニー・エイブラムソン、豪華布陣によるレイト70’s の名盤2作が遂に世界初CD化! こちらはよりAORに接近した78年3rd! グルーヴィな「Trouble」&至福の高揚感に包まれる「Light Up Your Love」は超キラー!

「72年にデビューしたカナダの女性シンガー・ソングライター、サード・アルバム(78年発表)。前作のオーガニックなアコースティック・サウンドにジャズやソウルのエッセンスをまぶし、より都会的なソフィスティケイテッド・フィメール・AORの境地に接近。プロデュースにフレッド・モーリン。ゲストにデヴィッド・クレイトン・トーマス(Blood Sweat & Tears)。ジョン・トロペイやロブ・ガルブレイスも参加」――金澤寿和

read more

PCD-94028 Stowaway
2021.03.31

ハートウォームで都会的な麗しのカナディアンSSW:ロニー・エイブラムソン、豪華布陣によるレイト70’sの名盤2作が遂に世界初CD化! こちらはオーガニックで心洗われる77年2nd! 洒脱でハートウォームな名曲「Your Love Gets Me Around」、珠玉のアコースティック・ダンサー「Never Seem To Get Along Without You」収録!

「72年にデビューしたカナダの女性シンガー・ソングライター、セカンド・アルバム(77年発表)。ジミー・ウェッブやアメリカ、ダン・ヒルらを手掛けたフレッド・モーリン&マシュー・マッコーリーがプロデュース。カーラ・ボノフのような清廉さ、ローレン・ウッドみたいな洗練がひとつに溶けた、ハートウォームなアコースティック・サウンドが愛おしい。ブルース・コバーンなどゲスト参加」――金澤寿和

read more