ジャンル: REGGAEアーティスト情報

SANDY SMITH
2008.09.10

read more

ILL INSPECTA
2008.09.10

ジャマイカ、そしてレゲエに目覚めたゲルマン JAMAICAN + GERMAN = GERMAICAN!! 違いがあるとすれば肌だが、それすら感じさせないラガ!!世界屈指のレゲエ帝国、ドイツの白人ハードコア・ディージェイ、イル・インスペクタの衝撃的デビュー作がいよいよ!!

read more

DENNIS BOVELL
2008.08.28

1970年に結成されたUK初のレゲエ・バンド、マトゥンビのメンバーとしてブリティッシュ・レゲエの礎を築き上げながら、プロデューサーとして数々のレーベルを主宰しながらプロデュース業も開始、鬼才プロデューサー、ダブ・エンジニアとして今なお世界中で愛聴され続ける数々の名盤を残す。

具体的には、ジャネット・ケイをプロデュースし、UKラヴァーズ・ロックというジャンルを確立させたり、LKJの相棒としてDUBポエットというスタイルを世界的に認知させたりとその裏方業でも歴史を創り上げてきた。

一方ではジャンルの枠を越え、ポップ・グループ(マーク・スチュアート)やニュー・エイジ・ステッパーズのアリが在籍していたスリッツをプロデュースしたり、パンク、ニューウェイブにも大きな影響を及ぼした。

40年以上の音楽キャリアを誇るが今なお現役で世界を股にかけて活躍中、2007年にリリースされたボビー・クレイなども彼が仕掛け人。

read more

SKATALITES
2008.08.28

イギリスから独立後間も無いジャマイカで、’64年に結成したこの伝説的なグループによって、それまではアメリカから持ち込まれたJAZZ、R&Bや、元々地元にあったメント、カリプソといった土着な音楽しか無かった所に、彼ら独自の音である“スカ”を作りだし、その後の生まれる事になったロック・ステディ~レゲエの基礎が築かれたのである。

グループ自体はわずか2年で解散するも、各々のメンバーはそれぞれのグループを率いたり、スタジオミュージシャンとして活躍。

’83にサンスプラッシュで再結成して以来、現在に至るまで世界各地で勢力的にツアーを続け、ここ日本にも度々訪れ、その唯一無比、オリジネイターならではのサウンドで多くのファンを魅了し続けている。

read more

SANDRA CROSS
2008.08.21

英国出身の女性レゲエ・シンガー、14歳にしてタレント・コンテストで優勝し、名門プロダクションよりシングル楽曲「I Adore You」を録音・リリース、そしてレゲエ・チャート1位獲得というシンデレラ・ストーリーを実現する。

これを機にUKラヴァーズ・ロック・シーンの世界的立役者の一人として人気を博したサンドラは、1985~90年の僅か5年間の間に、では1枚、そして英国レゲエ・シーン名物教授、マッド・プロフェッサー主宰のでは計6枚(!)のアルバムをリリース、世界的にトップ・ラヴァーズ・ロック・レゲエ・シンガーとしての絶対的地位を築き上げた。

その後90年代では日本独自企画にて2枚のアルバムを

よりリリース、日本に特化して人気を更に確かなものへと踏み固めた。

85年~91年の6年間でアメリカ・イギリスにて計8つものアワードを受賞、そのほとんどが「ベスト・フィーメール・レゲエ・シンガー」部門での受賞であった。

99年のリリース以降、バルバドスにてシンガーとして、そして一人の母親として人生を謳歌していたが、サディキによる熱烈オファーにより2008年9月、新録作品を携えファン待望の大復活を遂げる。

read more

SADIKI
2008.08.21

伝説的レゲエグループ、ザ・パラゴンズの創設メンバーを父親に持つ正統派シンガー。

御大ベレス・ハモンドに見初められ、ベレス主宰のプロダクションにて手塩にかけて育てられたコーラス・マシーン(’02 Japan Splashでベレスと共に初来日)。

ファルセットから野太い声までと多種多様な声色を使い分け、それにベレス直伝のコーラス手法が加わった現在の彼の音楽性はその師をも凌ぐ!?

2007年春の日本ツアーはその半分をマイティー・クラウンなど影響力のあるサウンドと共に廻り、その知名度、楽曲を大きく広めた。

またこの来日時に、日本の影響力のあるサウンドシステムに多くのハイ・クオリティー・ダブ・プレートをドロップしており、各サウンドのミックスCDに大々的に収録され、話題になっている。

2007年10月には彼の人気を力強く下支えしている欧州にてツアーも控える、売れっ子シンガー。

自らがプロデューサーとしても活躍する自身所属レーベル「Skinny Bwoy Records」主宰者でもある。

read more