NEWS

新世代JAZZユニット“Vityazz”が關伊佐央、Shun Yamaguchiとの共同主催配信イベント「atonarium session」をスタート!
2020.10.16 INFORMATION

新世代JAZZユニット“Vityazz”が關伊佐央、Shun Yamaguchiとの共同主催配信イベント「atonarium session」をスタート!

現代的なジャズサウンドとポリリズム&変拍子のグルーヴをクロスオーヴァーした新世代ジャズ・ユニット“Vityazz”が、ヒソミネ、BATICAなどでPAをつとめるShun Yamaguchi、イベント名にもなっている「studio “atonarium”」のオーナーでソロアーティストの關伊佐央らとともに新たな配信イベントをスタート!

昨年リリースされた1stアルバム『11034』から「How days slided」のセッション・ライヴを披露しています。

【Vityazz - How days slided (atonarium session)】

【atonarium session】
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKtAAtvK6OyMptt4S88uIvPt295vSYj9t

【FPBN(關伊佐央)】
https://youtube.com/FPBNForestPeopleBroadcastNetwork

================
studio “atonarium”は關伊佐央の自宅 兼 配信スタジオであり、その開設経緯について

「コロナ禍による緊急事態宣言発令により、予定されていた全ての企画・ライブが中止となるなか、新たな活動の場を模索すべく半ば”衝動的”に開設した自宅スタジオであり同時に、業界、ライブハウス、発信手段など昨今の音楽を取り巻く環境変化への問題提起も含んだ実験スペースとしての側面も持つ(談: 關伊佐央)」

と語るとおり、“点”の配信イベントではなくアーティスト同士の刺激・互助といった”線”を生み出すためのイベントを目指す。
================

<リリース情報>
240_pcd18867

タイトル: 11034 / 11034
アーティスト:ヴィチアス / Vityazz
レーベル:P-VINE
品番:PCD-18867
定価:¥1,980+税
発売日:2019年10月2日

《収録曲》
01.How days slided
02.Mind balance
03.02
04.Cuff
05.Filament
06.Toss
07.Swirl
08.Delight in the ground
09.Starbow
10.Undercurrent

中川能之(Guitar)
笠井トオル(Bass/Electronics)
安倍弘樹(Drums)
嘴音杏(Voice)

-Twitter-
https://twitter.com/vityazz_jpn

-Facebook-
https://www.facebook.com/Vityazz-5073...

-Instagram-
https://www.instagram.com/vityazz.jpn

-Official Website-
https://www.vityazz.com

【Vityazz】
2015年、中川能之(Guitar, Voice)、笠井トオル(Bass, Electronics)、安倍弘樹(Drums)の3ピースで結成。メンバーそれぞれが個々にミュージシャンとして活動する中、現代的なジャズサウンド、ポリリズム&変拍子を取り入れた複雑ながらも身体に訴えかけるグルーヴ、器楽的なヴォーカリゼーションで“インストゥルメンタル”というジャンルの境界線を越え、その領域を拡大するべく活動を開始。ライヴやMusic Videoでは、VJ映像やコンテンポラリーダンスとの共演など、「空間自体を一つの作品として体感する」インスタレーションにも通じる表現活動も展開している。2017年にはシングル『Orbits』を配信限定でリリース(現在は配信終了)、都内を中心にライヴ活動を行い新世代ジャズからポストロックまでクロスオーヴァーするサウンドで注目を集める。2019年にはゲストアクトとして参加していた嘴音杏(Voice)が正式メンバーとして加入、待望の1stフルアルバムを6月にリリース。

Related Releases

  • VITYAZZ「11034」

    11034
    2019/10/02 CD PCD-18867 定価:¥1,980+税