NEWS

the perfect me, 福岡から全国へ。本日8/5アルバムリリース、昨今注目を集める福岡音楽シーンの中心的アーティストからのコメントも到着!新曲の関東、関西圏ラジオパワープレイもスタート。
2020.08.05 RELEASE

the perfect me, 福岡から全国へ。本日8/5アルバムリリース、昨今注目を集める福岡音楽シーンの中心的アーティストからのコメントも到着!新曲の関東、関西圏ラジオパワープレイもスタート。

ブラックミュージックからインディーロックやジャズ、ファンク等あらゆるジャンルの音楽を巧みにミクスチャーした独特の世界観で、感度の高い音楽リスナーから支持を受ける福岡が生んだ若きサウンドクリエイター・西村匠のソロユニットthe perfect me。本日8/5にリリースされたニューアルバム『Thus spoke gentle machine』から先行配信されているタイトルチューン「Thus spoke gentle machine」が、地元九州のみならず関東、関西圏のラジオ局でのパワープレイに決定した。
取り上げられたのは、東京のJ-WAVE (81.3FM)「SONAR TRAX」(8/1〜)、京都のα-STATION「Hello! Kyoto Power Music 」(8/1〜)、鹿児島フレンズFM「SUPPINブレイク」番組内パワープレイ。また、先行シングルの第1弾として配信した収録曲「Two colors expressway」は、リリースに先駆けInterFM897のローテーション「New Fire!!」(7/1~7/14) に選出された。
これまでほとんどの活動を福岡のみで行ってきたthe perfect meだが、このリリースをきっかけにその存在が全国へと広がっているようだ。
今回の知らせを受けて西村は「自分の部屋で産まれた音楽が、こうして色々な方を伝わって全国へ広がっていくのは、とてもありがたく、そして不思議な感覚です。ありがとうございます。」とコメントを寄せている。
ポップな耳障りながら、奥深さも併せ持つthe perfect meの音楽は今後も更に広がり続けるだろう。

------------------------------------------------

さらにアルバムリリースに合わせ、福岡の音楽シーンを盛り上げている同世代アーティストからもコメントが到着! (A→Z順)

・・・

高い完成度で、クラシックとモダンを絶妙なバランスで絡み合わせた、センス輝くアルバム「Thus spoke gentle machine」。
60〜70年代の音楽の味わいを現代的にアップデートし、曲の展開一つ一つにクセのある新鮮なサウンドを存分に響かせている、the perfect meの世界観にどっぷり浸れる一枚だ。

繊細で抱擁感のあるボーカルを取り巻くサウンドが、時にトリッキーに、時にストレートに変化し、常に聴く者の逆で待ち構えている西村匠の顔が目に浮かぶ。
Attractions

・・・

福岡の音楽シーンでは一目も二目も置かれているthe perfect me。
今回のアルバムも圧倒的でした!
綿密に計算された達観した音楽、その中に若さゆえの屈託の無さも感じます。
とても素敵でクールで、そんな風に音楽と戯れらるなんて正直言って羨ましいなぁ。
takuchan(NYAI)

・・・

ここ最近、昔からの顔馴染みや、ライブに遊びにきていた学生が、ミュージシャンとして全国的に脚光を浴びることが多くなりました。その度に、福岡のシーンが盛り上がる理由を聞かれるのですが、誰もが納得する明確な回答にはたどり着けず。しかし、この作品を聴いている今、「タクミくんがいるからじゃないですか?」というのが、一つの回答たり得るなと改めて感じている次第です。思えば彼が4年前に手掛けたSTEPHENSMITH「sexperiment」の音作りこそが、今、評価を集める福岡的な音像の源流の一つだったのではないかと。そして、今作のサウンドは、さらにその先、2020年代に僕らが目指す到達点を明示してくれているようにも感じます。
なんだか神格化してしまいましたが、タクミくんが10代の頃に知り合ってから、早6,7年。知り合いの中でも群を抜いて無口なのに、時折、見せる笑顔が妙に愛らしい、そんな彼の本性が、今作にも、ちょろっとだけ顔を出していました。クールでニヒルだけど、どこか愛嬌のある・・・そんな感じ。あと個人的には、彼が随所に差し込んでくるクラシックの要素が、シュールなギャグのように聞こえて大好きです。
YaungTa o(MADE IN HEPBURN)

・・・

年初に新しいアルバムが完成しそうと聞いて、心待ちにしていました。
西村さんは憧れのアーティストであり、エンジニアで、本当に大好きです!

立ち込める靄を取り払うかの如くセンセーショナルなサウンドに無尽蔵な魅力が詰まっていて夜通し踊り明かしたい!
そんな作品です。
yonawo

・・・

<リリース情報>
【先行配信】
2020.07.08 Thus spoke gentle machine
https://smarturl.it/tpm_thus_single
★8/1~ 各局パワープレイ決定!

【CD/配信】
240_Thus_Al

タイトル:『Thus spoke gentle machine』
アーティスト:the perfect me
レーベル:felicity
品番:PCD-24963 felicity cap-330
発売日:2020.08.05 ON SALE
定価:¥2,400+税

1. fools singing poetry for all love
2. two colors expressway (album ver)
3. french press
4. Thus spoke gentle machine
5. on the veranda
6. Burn
7. Iron lamp
8. sheep come at the same time
9. active lunch (album ver)
10. twin sparrows
11. seven second delay
12. Dance (album ver)
13. It is modern and style of love
14. drive around by the basement car park
15. Invention No.1 G dur

debut album 『Thus spoke gentle machine』smarturl
https://smarturl.it/tpm_thus_album

album digest (YouTube)

・・・

<Profile>
the perfect me
2013年からライブを主体として活動。無名ながらも米インディーバンドDEERHOOF福岡公演の前座に抜擢されるなど早くしてその才能を地元で轟かせる。なおグループ名は DEERHOOFの曲名から。並行して地元アーティストのレコーディングエンジニアとしてもその手腕を発揮。同郷のSTEPHENSMITH 2016年作品「sexperiment」のレコーディング、ミックスを手掛けるなどエンジニアとしてのキャリアも始動。2018年に福岡で行われた音楽イベントASIAN PICKS内のライブオーディションにてグランプリを獲得。副賞として2019年3月アメリカ・オースティンにて行われたSXSW “JAPAN NITE”への出演を果たした。2019年はその活動をさらに加速。2月に新曲「two colors expressway」3月に「Dance」そして6月には「active lunch」 と立て続けに配信リリース。Spotifyにて多数のプレイリストに選曲され、国内外を含 む早耳の音楽リスナーを中心にその名を浸透させた。 また並行して、おとぎ話最新アルバム 「REALIZE」、シンガーソングライター戸渡陽太が新たに結成したWHITE LIEのEP、新進SSWのOkayukaのシングルを手掛けるなどレコーディング、ミキシングエンジニアとしての活動も広げている。

Official HP http://tpm-music.com/
Instagram https://www.instagram.com/theperfectme_
Twitter https://twitter.com/the_perfect_me