NEWS

古川麦、3/21リリースのニュー・アルバム『シースケープ』。その平野甲賀のタイポグラフィを使用したカヴァー・アートを正式公開!小西康陽からコメントも到着!
2018.03.08 LIVE & EVENTRELEASE

古川麦、3/21リリースのニュー・アルバム『シースケープ』。その平野甲賀のタイポグラフィを使用したカヴァー・アートを正式公開!小西康陽からコメントも到着!

古川麦、約3年半ぶりとなる待望久しいニュー・アルバム『シースケープ』。その1964年から1992年まで約30年間、晶文社のすべての本の装丁を手がけてきた日本を代表するグラフィック・デザイナー、平野甲賀のタイポグラフィを使用したカヴァー・アートを公開!

web_pcd25250

******

●古川麦さん。その名前をはじめて見たとき、きっとハンサムでかっこいい人なんだろうな、と想像した。けれども、はじめてお目にかかってほんのすこしお話しした古川さんは気さくで控え目で、とはいえやはり名前の通り何かがかっこいい人だった。
●そんな彼の新作アルバムは、予想をはるかに超えてかっこいい音楽ばかりだった。かつて、かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう、と言う人がいたけれど、古川麦さんの音楽はその価値観を突き破ってしまった。
●歌詞もメロディも、ギターも演奏も、何もかも曇りのない音楽なのに、聴いていて心に浮かぶ風景は、これから雨が降りそうな海辺の叙景だ。背筋を伸ばして、明るいグレイの空の向こうを見ている人。ポップ・ミュージックの未来はたぶん、彼と共にある。
小西康陽

******

加えて、全参加ミュージシャンも公開!

《商品情報》
古川麦/シースケープ
Baku Furukawa: Seascape
品番:PCD-25250
フォーマット:CD
発売日:2018年3月21日(水)
価格:定価:¥2,500+税

収録曲
1. シースケープ
2. コメット
3. Coming of the Light
4. Summer Song
5. Here Lies the Sun (feat. MEEBEE a.k.a KAZUHIRO ABO)
6. Halo
7. Coo Coo (feat. 優河)
8. Frutas
9. Love現在地

●参加ミュージシャン:千葉広樹(kinetic、サンガツ等)、田中佑司(bonobos、サンガツ)、谷口雄(ex.森は生きている)、加藤雄一郎(NATSUMEN、L.E.D.)、浜田均(Quiet Triangle等)、MEEBEE a.k.a KAZUHIRO ABO、優河、関口将史(ja3pod)、牛山玲名、田島華乃、館泉礼一、権頭真由(表現〈Hyogen〉)、角銅真実(cero等)、清水ゆみ、髙城晶平(cero/作詞)、小田朋美(cero等/アレンジ)
●エンジニア:原真人(細野晴臣、カーネーション等)

《リリース記念ライブ》
6月26日(火)東京・渋谷 WWW
※詳細は後日発表

古川麦 Baku Furukawa
1984年8月27日カリフォルニア生まれ。日本、オーストラリアで育つ。
シンガー、ギタリストとしてソロで活躍し、2016年よりceroのサポートとしてトランペットとコーラスを担当し多数のライブ・録音に参加。表現(Hyogen)、Doppelzimmer、あだち麗三郎クワルテッットのメンバー。日本国内にとどまらず、台湾など、海外でのライブも多数。
どのジャンルの枠にも収まらない唯一無二の凝った楽曲センス、確かな演奏技術、温かみのある歌声で、多くの人を魅了している。
2014年10月、初のソロアルバム“far/close”発売。2016年9月に7inch“Seven Colors”をカクバリズムよりリリース。
東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒。
http://www.geocities.jp/bakufurukawa/index.html