NEWS

パリ版ニーナ・シモンとも呼ばれるKrystle Warrenの最新作『Three the Hard Way』が本日デジタル先行解禁
2017.07.21 RELEASE

パリ版ニーナ・シモンとも呼ばれるKrystle Warrenの最新作『Three the Hard Way』が本日デジタル先行解禁

カンザスシティ出身で現在はパリを拠点に活躍するシンガーソングライター/マルチインストゥルメンタリストのKrystle Warren(クリスル・ワーレン)。彼女の最新作『Three the Hard Way』が本日デジタル先行解禁です!

彼女は2009年にデビューアルバム『Circles』をリリースすると、各方面から高い評価を受け、BBCの人気番組「Later… With Jools Holland」にも出演しパフォーマンスを披露。2011年にリリースした2ndアルバム『Love Songs』は、英国新聞“The Guardian”にて「2011年のベストアルバムのひとつ」と絶賛されました。

Krystle-Warren

そんな彼女の最新作『Three the Hard Way』はフォーク、ジャズ、ゴスペル、ソウル、ブルース、ファンク、ポップなど様々な要素を内包しつつも一切無駄のない、究極に洗練された音の粒と、 ジャジーでスモーキー、かつエレガントな歌声で魂のメッセージを届ける傑作。

長年の友人であり、D’Angelo、Emily Kingの作品も手がけたグラミー賞受賞プロデューサーBen Kaneとタッグを組み、Nina SimoneやPharoah Sandersを思わせるサウンド――ゴスペルや、初期R&B、ブルースの魅力的な色彩――を巧みに操り、時に挑発的で、時に柔らかく、深みを増し続ける自身の世界観を見事に表現しています。

ふくよかで生々しい本物のサウンド、そして嘘偽りのない「声」に、ぜひじっくりと耳を傾けてもらいたい、必聴の一枚です!

badge_itunes-lrg

Krystle Warren – “Three the Hard Way” Snippet

Krystke Warren - Eleanor Rigby (live @ le Baron)

Related Releases