NEWS

国も時代も超越した豊潤で芳醇なインストゥルメンタルを奏でる4人組NRQ、最高傑作と断言できる3年ぶりのニューAL『ワズ ヒア』(3rd)、15.1.21リリース!VIDEOTAPEMUSIC制作によるMVも公開!
2014.11.25 MEDIA INFOVIDEO

国も時代も超越した豊潤で芳醇なインストゥルメンタルを奏でる4人組NRQ、最高傑作と断言できる3年ぶりのニューAL『ワズ ヒア』(3rd)、15.1.21リリース!VIDEOTAPEMUSIC制作によるMVも公開!

NRQ/ワズ ヒア
PCD-24384 定価:¥2,400+税
Release Date: 15.01.21
[Songs]
1. エンヴィ
2. slope
3. 東16字星
4. 知った口
5. sui
6. 門番
7. 門番のあらまし
8. 街の名
9. ショーチャン
10. 日の戯れ

【NRQ】
■服部将典 Hattori Masanori
コントラバス contrabass
作曲・編曲 composed and arranged 9

■牧野琢磨 Makino Takuma
エレクトリック・ギター electric guitar
作曲 composed 1, 3, 4, 5, 7, 8, 10

■中尾勘二 Nakao Kanji
アルト・サックス alto sax
クラリネット klarinette
トロンボーン trombone
ドラム drums

■吉田悠樹 Yoshida Yuki
二胡 erhu
作曲 composed 2, 6

【Guests】
■MCシラフ MC.sirafu
トランペット trumpet
スティールパン steelpan

■おきょん Okyon
パーカッション percussion

■エマーソン北村 Emerson Kitamura
電子オルガン electric organ
シンセサイザー synthesizer

recorded at STUDIO Dede & allart studio
engineered by 葛西敏彦 Kasai Toshihiko
mastered by 原真人 Hara Masato, 葛西敏彦 Kasai Toshihiko
designed by 惣田紗希 Souda Saki
photographs: 塩田正幸 Shioda Masayuki

 

国も時代も超越した、豊潤かつ芳醇なインストゥルメンタル・ミュージックを奏でる4人組、NRQ。その楽曲や演奏はもちろん、録音からアートワークにいたるまで、あらゆる面で最高傑作と断言できる3年ぶりのニュー・アルバム『ワズ ヒア』(通算第3作)。ニュー・レジデンシャル・クォーターズ(新興住宅地)=NRQは、飄々と聴こえるかもしれないその音楽とは裏腹に、貪欲に新興音楽地を切り拓いているのだ。これはかつて“ここにいた”、しかしどこにもいなかった音楽である。

■吉田悠樹(二胡)、牧野琢磨(ギター)、服部将典(コントラバス)、中尾勘二(アルト・サックス、クラリネット、ドラム、トロンボーン)の4人から成るインストゥルメンタル・バンド、NRQ。2010年の1stアルバム『オールド・ゴースト・タウン』がつつましやかに話題となり、2012年の2ndアルバム『のーまんずらんど』がトクマルシューゴや髙城晶平(cero)らに絶賛されるなど着実に信奉者、中毒者を増やしてきた。そんな彼らの3rdアルバム『ワズ ヒア』。

■ブルースやラグタイム、オールドタイミーなジャズや世界中のフォーク音楽、ニューオーリンズのセカンド・ライン・ビート、ラテンやサンバにアフロ・キューバン、さらにはポスト・ロックやノイズ/エクスペリメンタル・ミュージックまでをも内包した、これまで以上にヴァラエティに富んだ豊饒な楽曲がまずすばらしい。それを、いつどこで鳴っていてもおかしくない、しかし、いつどこで鳴っていてもふさわしくない、不思議な魅力にあふれた音楽に仕立て上げている4人の有機的な演奏も見事だ。その音色ゆえにいやおうなく大陸的な響きを帯びるところもある吉田の二胡、時にスリリングな、小気味よく機知に富んだ牧野の完全フィンガーピッキングによるギター、バンドに安定感と躍動感をもたらす服部のコントラバス、ドラムにおいては絶妙なタイム感で全体をグルーヴィに、管楽器においては吉田の二胡と寄り添い、彩を添える中尾(「slope」では、他のメンバーも驚愕のクラリネット&ドラム同時演奏も披露)。さらに、3人のゲスト・ミュージシャン――前作に続いての参加となるスティールパンとトランペットのMC.sirafu (ザ・なつやすみバンド、片想い、うつくしきひかり等)、そして、キーボードのエマーソン北村(キセル等、元JAGATARA、元ミュート・ビート。中尾との音盤上の共演は篠田昌已ユニット『コンポステラ』以来24年ぶり)とパーカッションのokyon(ZOOCO、hiro:n等)――が参加し、NRQの唯一無二の音楽をよりいっそう華やかで滋味豊かなものにしている。

■アナログ・テープ・レコーディングによる、間違いなくこれまでで最高のサウンド・クオリティにも注目してほしい。温もりあふれる極上のサウンドがなんとも心地好い。

■坂本慎太郎やジム・オルークのアルバム・ジャケットの写真も手がける、アクの強い(失礼!)作風で熱狂的なファンを持つ写真家、塩田正幸の摩訶不思議な作品を、ceroやエマーソン北村のアルバム・ジャケットのデザインも手がける惣田紗希がポップに仕上げたアートワークもじつに秀逸。

■楽しく、心地好く、切なく、スリリングなNRQの3rdアルバム『ワズ ヒア』。あきらかな最高傑作。

■前作の「ボストーク」に続き、VIDEOTAPEMUSIC(サニーデイサービス、cero等)の制作による「sui」のMVもすばらしい!

 

【NRQ Profile】
New Residential Quarters。読み方は「ニュー・レジデンシャル・クォーターズ=新興住宅地」。略して今はもう「NRQ」。2007年に吉田悠樹(二胡)+牧野琢磨(guitar)デュオとして活動を開始。08年には服部将典(contrabass)が参加。中尾勘二(drums / sax / tb / cl)にも参加を依頼。現在は4人。今後もこの4人。

 

《Discography》
・V.A.『Our Aurasian Things!』(Aurasia / Off note / groove / 2008)
・V.A.『ginjin zoo』(GINJIN / 2009)
・1st Album『オールド・ゴースト・タウン』(swi / 2010)
・2nd Album『のーまんずらんど』(マイベスト!レコード / 2012)
・12inch re-mixed LP『The Indestructible Beat of NRQ』(マイベスト!レコード / 2012)

 

《各メンバー参加音源(抜粋)》
吉田悠樹(二胡)
・前野健太関連諸作品
・穂高亜希子『みずいろ』(F.M.N. Sound Factory)
・yojikとwanda『Hey! Sa!』(Midi Creative)
・友川カズキ『復讐バーボン』(Modest Launch)
・ツジコノリコ『帰って来たゴースト』(p*dis)
・ジリリタ『ジリリタ』(ジレコード)
・角田波健太『onda』(ブラジルコーヒーレコード)

服部将典(コントラバス)
・ジリリタ『ジリリタ』(ジレコード)
・角田波健太『onda』(ブラジルコーヒーレコード)
・穂高亜希子『みずいろ』(F.M.N. Sound Factory)
・浦朋恵『Walkin' with Mr. Bimbo』『Got You on My Mind』(マイベスト!レコード)
・エミ・マイヤー『パスポート』(プランクトン)
・エミ・マイヤーと永井聖一『エミ・マイヤーと永井聖一』(徳間ジャパン)
・島崎智子『めいくみらくる』(みらくる)
・轟渚『名もなきあなた』(Midi Creative)
・yojikとwanda『Hey! Sa!』(Midi Creative)
・三富栄治『ひかりのたび』(Sweet Dreams)
・cero『WORLD RECORD』(カクバリズム)

中尾勘二(アルト・サックス、クラリネット、ドラム、トロンボーン)
・Newday『It’s a Newday』(compare notes)※浜野謙太とのバンド
・かえる目『拝借』『主観』(compare notes)※細馬宏通とのバンド
・真夜中ミュージック『未定(2ndアルバム)』(Pヴァイン)
・鈴木常吉『ぜいご』『望郷』(しゃぼん玉レコード)
・加藤千晶『蟻と梨』(ガッタントンレコード)
・ストラーダ『山道』『テキサス・アンダー・グラウンド』(Off note)
・コンポステラ諸作品、Off note関連諸作品

牧野琢磨(エレクトリック・ギター)
・片想い『片想インダハウス』(カクバリズム)
・ぱいぱいでか美『レッツドリーム小学校』(マイベスト!レコード)
・sei and music『せいみゅー』(mog mog disc)
・鈴木常吉『雨』(しゃぼん玉レコード)※表題曲作曲
・湯浅湾『港』(boid)

nrq

http://nrq.jp

NRQ「sui」

制作:VIDEOTAPEMUSIC
出演・コレオグラフ:島田桃子
出演:中尾勘二