リリース情報

Expo '75 Concert Tour Japan/Okinawa
KASHMERE STAGE BAND
Expo '75 Concert Tour Japan/Okinawa
カシミア・ステージ・バンド
『エキスポ ’75 コンサート・ツアー ジャパン/沖縄』
2016/02/03
CD
PCD-24464
定価:¥2,400+税
解説付 ※解説:植田 "JB ORGA" 薫(福井県立武生商業高等学校吹奏楽部顧問/全日本吹奏楽連盟理事)※世界発CD化 ※紙ジャケット仕様

空前の吹奏楽ブームに一石を投じる!? 70年代テキサスの黒人高校ブラスバンドは、他とは一線を画す“ファンキーすぎる”演奏で全米連覇、その勢いのままなんと1975年に来日、沖縄国際海洋博覧会にて演奏を披露。その模様を収録した、バンドにとって最後のアルバムとなったレア盤が世界初リイシュー!

アメリカはテキサス州ヒューストンの黒人居住区“カシミア地区”にあったカシミア高校。ブラックパワー吹き荒れファンク・ミュージックが勢いを増す60年代末に赴任してきたコンラッド・O・ジョンソン先生は、時代を読み取る鋭いセンスと指導力で吹奏楽部をファンク・バンドへと変身させた。この、異質すぎるファンキー・ブラス・バンドは全米コンテストで連覇を飾るなど大活躍、それだけに留まらず、69年~75年にかけてなんと8枚ものアルバムをリリース、ヨーロッパや日本(!)をツアーするまでになったのだ。彼らの音源は、高校生とは思えない驚愕の演奏による、まさしくレア・グルーヴの名に相応しいファンク~ジャズ・ファンクの嵐! しかし、学生バンドのレコードなので当然プレス枚数は1000枚未満……内容のFUNK度と稀少度から、オリジナルLPは全てコレクター垂涎盤となっていた。そんなカシミア・ステージ・バンドが残したアルバム8タイトルを世界初!一挙紙ジャケCD化!

■スウィンギー・ジャズファンク「Satin Soul」、タワー・オブ・パワーのカバー歌モノFUNK「Don't Change Horses」、そして、スリリングなスパイ・ジャズ・タッチの4 ビートとファンクが交互に現れるエレピ入りの「Lockwood Drive」(中盤にはドラムブレイクも!)はバンドの進化を感じるクロスオーヴァー・グルーヴ!

  • DISC 1
  • 1. Satin Soul
  • 2. Making Whoopee
  • 3. Don't Change Horses
  • 4. Willow, Weep For Me
  • 5. Don't Mess With Mister "T"
  • 6. I Belong To You
  • 7. Lockwood Drive
  • 8. Old Rugged Cross

Related Releases