リリース情報

Out Of Gas But Still Burning
KASHMERE STAGE BAND
Out Of Gas But Still Burning
カシミア・ステージ・バンド
『アウト・オブ・ガス・バット・スティル・バーニング』
2016/02/03
CD
PCD-24463
定価:¥2,400+税
解説付 ※解説:渡利一典 ※世界発CD化 ※紙ジャケット仕様

こんなに破天荒な高校生ブラス・バンドが存在していたことはもっと知られていい! タイトルもジャケットもまるで高校生バンドとは思えない不敵なセンスを放つ、テキサス・ヒューストンのカシミア高校の"ファンキー"・ブラス・バンドが74年にリリースした7枚目のアルバム。バンド内の精鋭集団"COLD FIRE"によるキラー・ファンク「$$ Kash Register $$」収録!

アメリカはテキサス州ヒューストンの黒人居住区“カシミア地区”にあったカシミア高校。ブラックパワー吹き荒れファンク・ミュージックが勢いを増す60年代末に赴任してきたコンラッド・O・ジョンソン先生は、時代を読み取る鋭いセンスと指導力で吹奏楽部をファンク・バンドへと変身させた。この、異質すぎるファンキー・ブラス・バンドは全米コンテストで連覇を飾るなど大活躍、それだけに留まらず、69年~75年にかけてなんと8枚ものアルバムをリリース、ヨーロッパや日本(!)をツアーするまでになったのだ。彼らの音源は、高校生とは思えない驚愕の演奏による、まさしくレア・グルーヴの名に相応しいファンク~ジャズ・ファンクの嵐! しかし、学生バンドのレコードなので当然プレス枚数は1000枚未満……内容のFUNK度と稀少度から、オリジナルLPは全てコレクター垂涎盤となっていた。そんなカシミア・ステージ・バンドが残したアルバム8タイトルを世界初!一挙紙ジャケCD化!

■ガーシュイン作のスタンダードをFAT なファンク・リズムでアレンジした「Rhapsody In Blue」は、ある意味、ビッグバンドにファンクを融合させたKSB らしい1 曲!コンラッド先生オリジナルの「The Zero Point」もビッグバンド・ブラスの分厚さとファンキー・ビートが最高の相性をみせるハードボイルド・ジャズファンク傑作!さらに特筆すべきは、カシミア高校卒業後、コンラッド・ジョンソンの教え子であるブッバ・トーマスのレーベル<Lightin’> からもリリースすることになるKSB 後期の精鋭集団=バンド内バンド“COLD FIRE”のキラーFUNK「$$ Kash Register$$」でしょう!

  • DISC 1
  • 1. Rhapsody In Blue
  • 2. Parkers Mood
  • 3. The Zero Point
  • 4. Getting It Out of My System
  • 5. $$ Kash Register $$
  • 6. When I Fall In Love
  • 7. Do Your Thing
  • 8. Angel

Related Releases