リリース情報

Come On Let's Go! - Power Pop Gems From The 70s & 80s
V.A.
Come On Let's Go! - Power Pop Gems From The 70s & 80s
V.A.
『パワー・ポップ万博 70s&80s』
2019/08/21
CD
PCD-17807
定価:¥2,600+税

1970年代初頭以降にアメリカで出現した、ビートルズの伝統に忠実でありつづけたパワー・ポップ・バンドを集めた最高にゴキゲンなコンピレーション!

1967年にザ・フーのピート・タウンゼントが彼らの「リリーのおもかげ(Pictures Of Lily)」を宣伝するために使った言葉、パワー・ポップ。その後、アメリカでビートルズの伝統に忠実でありつづけたバンドがパワー・ポップと呼ばれるようになる。1972年にラズベリーズが先陣を切ると、若いバンドが次々と誕生しはじめた。70年代が過ぎ、ニュー・ウェイヴの時代になってもその勢いは衰えることなく、ラモーンズでさえも、ペイリー・ブラザーズのハーモニーをバックにリッチー・ヴァレンスの「Come On Let’s Go」のスリリングなカヴァーを残したほどだった。トムズは豊かなメロディを備えた「Better Than Anyone Else」で純粋なポップの至福をもたらし、ドゥワイト・ワイリー・バンドは息もつかせぬエナジーと断固たる決意とともに「Looking For The Magic」で突き進む。性急なリズム・ギターと悲鳴のようなハーモニカ、荒々しいビートルズといった感のヴァイタリティで嵐を巻き起こすロマンティックス「What I Like About You」はまさにキラー。中心メンバーのシリル・ジョーダンが自分たちの最高の作品と言う、フレイミン・グルーヴィーズの「Shake Some Action」の米国オリジナル・ヴァージョンも収録。パワー・ポップ・クラシックスから知る人ぞ知る作品、風変りな逸品まで、まるでバイキング料理のような最高に楽しいコンピレーション!

  • DISC 1
  • 1. Come On Let's Go
  • 2. I Wanna Be With You
  • 3. What I Like About You
  • 4. Let Go
  • 5. Looking For The Magic
  • 6. I Need That Record
  • 7. Shake Some Action (First version)
  • 8. (My Girl) Maryanne
  • 9. Radio Heart
  • 10. Kerri
  • 11. The Trains
  • 12. Nuclear Boy
  • 13. Better Than Anyone Else
  • 14. Nothing Comes Close
  • 15. (Baby) It's You
  • 16. It's Only Dark
  • 17. Andy, Please (First version)
  • 18. Glitter Best
  • 19. Teen Line
  • 20. September Gurls
  • 21. Not The Way It Seems
  • 22. Tomorrow Night (First version)
  • 23. Rock And Roll Is Dead
  • 24. One World