リリース情報

Vanishing Americans
INDIGENOUS featuring MATO NANJI
Vanishing Americans
インディジネス・フィーチャリング・マトー・ナンジー
『ヴァニシング・アメリカンズ』
2013/07/17
CD
PCD-17634
定価:¥2,400+税
解説付 歌詞付 ※解説:山崎智之

インディジネス=原住・土着の血を滾らせストラト・ギターの雷神、マトー・ナンジーが解き放つ本物のアメリカン・スピリット・ブルース・ロック!!

■ サウスダコタ州のネイティヴ・アメリカン、ナコタ族兄弟妹によって90 年代末に結成されたインディジネス。98年『Things We Do』でデビュー、ネイティヴ・アメリカン音楽賞年間ベスト・アルバムを2 度獲得するなど注目を集め、ユニット解散後の06 年ヴァンガード盤『Chasing The Sun』以降はマトーのソロ・プロジェクトとなって現在も精力的に活動を続けている。

■ 本作は前作『Indigenous featuring Mato Nanji』に続くマイク・ヴァーニー主宰ブルース・ビューローIntl. からの第二弾。マトーのギターを核に、ジェシー・ブラッドマン (org / ex. Night Ranger, etc.)、ジェフ・マーティン (drs / ex. Badlands, etc.)、スティーヴ・エヴァンズ (b / Chris Duarte Group, etc.) らを配し、シュラプネルらしいパワーとスピード感溢れるハード・ロック・ブルース傑作盤となった。ギターも歌もまさにレイ・ヴォーン直系といえるマトーのプレイは圧巻の一言。ファンキー曲での爆発力、スローでの詩情的哭き具合は、黒でも白でもないネイティヴ・アメリカン特有の感受性が見事に発揮されている。全曲オリジナルで、彼のソング・ライティングの才も光る。

■ マトー自身フェイヴァレットに挙げるザ・ブラック・キーズやノース・ミシシッピ・オールスターズにも近しい原初的感情の発露、ジャム感も本作の聴きどころ。SRV 系ギター・ブルース好きのみならず、ジャム・バンド~ルーツ・ミュージック好きにもオススメ!

【訂正とお詫び】
日本語ブックレットの曲順に一部誤りがありました。
8曲目「Don't Be Afraid」→「In My Sights」
11曲目「In My Sights」→「Don't Be Afraid」
訂正してお詫び致します。

  • DISC 1
  • 1. Everything You Need
  • 2. Lonely Road
  • 3. Don't Let Them Drive You Away
  • 4. Cold Hearted Woman
  • 5. Take Me Back
  • 6. Can't Cry No More
  • 7. Now That The Sunshine Is Gone
  • 8. In My Sights
  • 9. Always With You
  • 10. Dark Days
  • 11. Don't Be Afraid
  • 12. I'll Keep Standing
  • 13. Moon Is Rising