リリース情報

How About Now
Kenny Loggins
How About Now
ケニー・ロギンス
『ハウ・アバウト・ナウ』
2008/02/20
CD
PVCP-8786
定価:¥2,427+税
レーベル: 180 Music
解説付 歌詞付 対訳付 ※解説:金澤寿和 ※日本先行発売

ロギンス&メッシーナ期から「アメリカの良心」を表すシンガー&ソングライターとして活躍、80年代のポップ・アイコン期を経てルーツへの原点回帰を果たしたケニー・ロギンス、4年ぶりのオリジナル新作!

ニッティ・グリッティ・バンドが取り上げた「プー横丁の歌」、マイケル・マクドナルドと共作したドゥービー・ブラザーズ「ホワット・ア・フール・ビリーブス」など、フォーク/カントリーをルーツに持つアダルト・コンテンポラリー・スタンダードを世に送り出してきたケニー・ロギンス。
「フットルース」「デンジャー・ゾーン」といった、自身のカラーとは異なる大ヒットを輩出した’80年代を経て、ルーツ回帰の動きをみせていたここ数年だが、かつてのケニーらしさをすっかり取り戻し、かつ年輪の重ね具合も作品に投影した、殆どが書き下ろしの新作。唯一、ロギンス&メッシーナ’73年のヒット曲「ア・ラヴ・ソング」のセルフ・リメイクを用意。

プロデュースにはスーパートランプのドラマーだったボブ・シーベンバーグを父に持ち、ケニーの長男のバンド、Crosby Loggins and the Lightのデビュー作『We All Go Home』(’07)でも尽力したジェシー・シーベンバーグのほか、リチャード・マークス、ピーター・コリンズら著名な面々も。タワー・オブ・パワーのレニー・カストロらもバックで参加。

  • DISC 1
  • 1. A Years Worth Of Distance
  • 2. A Love Song
  • 3. I'll Remember Your Name
  • 4. How About Now
  • 5. I Don't Want To Hate You Anymore
  • 6. That's When I Find You
  • 7. If You Never Been There
  • 8. Truth Is
  • 9. Too Much (Never Get Enough)
  • 10. This Too Will Pass
  • 11. I'm A Free Man Now
  • 12. One Last Goodbye Song