リリース情報

Jarrod Lawson
JARROD LAWSON
Jarrod Lawson
ジャロッド・ローソン
『ジャロッド・ローソン』
2014/11/05
CD
PCD-93844
定価:¥2,300+税
解説付 歌詞付 対訳付 ※解説:末崎裕之 (bmr) ※歌詞対訳:Kana Muramatsu

英米のソウルマニアが発掘、その完成度の高さで垂涎の一枚とされる極上の「秘宝盤」、遂に日本盤リリース!

自主レーベルのリリースにもかかわらず、英国のソウル専門店が目をつけて輸入→名だたるコレクター/DJ が絶賛!
→専門誌で「Album Of The Month」獲得、UK ソウル・チャート首位に躍り出るも、その時点では市場から一旦CDが消失、ファンの所有欲求がマックスに…。そんな話題盤をP ヴァインは放っておきません!

「お宝」というより、純粋に「こんな才能がいたんだ!」という喜びがまず訪れる、そんなアルバム!まずは①“Music & Its Magical Way”を一聴頂きたい。かの“Brown Sugar”を彷彿させる一節とともにプロダクションはネオ・ソウルの文脈に位置するも、テイク6 のように上品かつ芳醇な多重コーラスをジャロッドがひとりで担当するという才気ばしった一発をかまし、②“Sleepwalkers”のラテン・ジャズとソウルの交差点にある高揚感にオマーを思わせるジャロッドの歌声とフレージングがクールに決まる。わずか2 歳で父より専門ドラムセット(おもちゃ)を用意され、8 歳でキーボードを左手はコード、右手はフレーズを弾くだけある。アルバムで聴かれる全インストゥルメンツがほぼジャロッドの独演、かつセルフ・コンポーズという…これは「ジーニアス」と言わざるを得ないだろう!

米英メディアでは上述のオマー以外にエリック・ベネイ、ビラルなどと比較して称されるが、メロウ・フレイヴァーはロビン・シックライヴ・ソウル感はエリック・ベネイジャズ~ゴスペルの旋律/ コーラスはテイク6ルックスはジェイ・ケイといったところ。

  • DISC 1
  • 1. Music and its Magical Way
  • 2. Sleepwalkers
  • 3. He's There
  • 4. Walk in the Park
  • 5. All That Surrounds
  • 6. Think About Why
  • 7. Redemption
  • 8. Spiritual Eyes
  • 9. Together We'll Stand
  • 10. Needed
  • 11. Everything I Need
  • 12. Gotta Keep