リリース情報

Live At The Madame Theatre Feat. Billy Wooten and The Music Royale Latin Jazz Ensemble
BILLY WOOTEN
Live At The Madame Theatre Feat. Billy Wooten and The Music Royale Latin Jazz Ensemble
ビリー・ウッテン
『ライヴ・アット・ザ・マダム・シアター・フィーチャリング・ビリー・ウッテン・アンド・ザ・ミュージック・ロワイヤル・ラテン・ジャズ・アンサンブル』
2013/07/17
CD
PCD-93741
定価:¥2,300+税
※解説:渡利一典
これがビリー・ウッテン未発表音源発掘劇の最終章!『イヴニング・オン・ザ・キャナル・フィーチャリング・ビリー・ウッテン・ウィズ・ヴィダ・ボレ・アンサンブル』(PCD-93723)と近い18 人編成のメンバーで行われたラテン・ファンクなライヴ録音。今回の発掘作品の中で最もファンキーなテンションでヴァイブスを叩くビリー・ウッテンは圧巻です!



◆ビリー・ウッテンのラテン・ファンク・モードが聴ける唯一の作品!


「ファンクの神が舞い降りた夜」のキャッチーコピーのようにジャズ・ファンクのイメージが強いミュージシャンだったが、ラテンミュージックにおいてもそのヴィブラフォンは冴え渡る!ディジー・ガレスピーの超有名曲「チュニジアの夜」で幕を開け、カバー曲は『イン・ディス・ワールド』収録の「Dancing & Singing」のセルフカバー、ティト・プエンテの「Co Co Se Co」などを演奏。そして他では聞いたことのないビリー・ウッテンのオリジナル曲も収録!!

一部楽曲はyoutube 上に同じライヴのものと思われる映像を本人がアップしており、すでに一部の熱心なディガー達には噂になっていた楽曲だ。弦。管、打楽器と総勢18 名からなる圧巻のラテン・ファンク!!
  • DISC 1
  • 1. Night In Tunisia
  • 2. Giving
  • 3. Alaba Luce
  • 4. Lay Bare The Heart
  • 5. Dejame Sonar
  • 6. Transformation
  • 7. Dancing & Singing
  • 8. Co Co Se Co

Related Releases