リリース情報

Love
BUILD AN ARK
Love
ビルド・アン・アーク
『ラヴ』
2009/11/18
CD
PCD-93309
定価:¥2,300+税
レーベル: Kindred Spirits
解説付 歌詞付 ※解説:原雅明(corde inc.) ※ボーナス・トラック1曲収録

ビルド・アン・アークが提示する愛の世紀。比類なき美しさと深い祈り、癒しの力と平和への希求をたたえた、まぎれもない最高傑作。ここにスピリチュアル・ジャズやあらゆる既成概念を超えた、新たな音楽が誕生した。

★スピリチュアル・ジャズの伝説的プレイヤーから、オルタナティヴな新鋭まで。
アモンコンタクト、ライフ・フォース・トリオ、フュー・ヴァイブレーショナル、その他さまざまのプロデュースで知られるLAの鬼才カルロス・ニーニョ。そのメイン・プロジェクトであるビルド・アン・アーク3枚目のアルバム。これまでの作品同様、音楽的パートナーであるミゲル・アットウッド・ファーガソンをはじめ、Tribeレーベルのフィル・ラネリン(tb)、ドワイト・トリブル(vo)、デーフ・レクロウ(perc)など西海岸の重鎮たち、ミア・ドイ・トッド(vo)、デーモン・アーロン(vo, g)、ギャビー・ヘルナンデス(vo)など若手新鋭たちが参加。

★我らが時代のスピリチュアル・ジャズ・アンセム「This Prayer: For The Whole World」収録!
フィル・ラネリンのTribe時代の名曲「How Do We End All This Madness?」の再演やヴァン・モリソンの名曲「Sweet Thing」、ファラオ・サンダースの「Love Is Everywhere」など、今作にも素晴らしいカヴァーが収録されてはいるが、むしろオリジナル曲の方が魅力的。先行12インチにも収められた躍動と歓喜のアンセム「This Prayer: For The Whole World」の力強さはどうだろう。これ以上ない美しさとヒーリング・フォースに溢れた「Sunflowers In My Garden」、感動的なクライマックスを迎える「May It Be So」、カーメン・ランディを迎えた発掘曲「More Love」など、これまでの試みがある種の成熟に達した感のある13曲60分。

「ビルド・アン・アーク『LOVE』はこの世の美、健康、喜び、そしてイマジネーションの源である“心の自覚”の瞑想であり、祝福だ!この音楽が人々の心に触れ、自らの人生をより深く探求するインスピレーションになることを願っている!私たちはこの多種多様で、かつ統一されたアルバムを、謙虚な気持ちで捧げたい。タイムレスでジャンルに属さない、ビルド・アン・アークの『LOVE』はフォルム(形)を超越する――なぜなら“変化”させることが目的だからだ!聴いてくれてありがとう!」

―日暮愛葉(ex. seagull screaming kiss her kiss her, 現LOVES., RAVOLTA)
  • DISC 1
  • 1. Love
  • 2. This Prayer: For The Whole World
  • 3. How do we end all this madness?/Play the music!
  • 4. Celebrate
  • 5. Sweet Thing Reprise
  • 6. Fun's Theme
  • 7. Sunflowers In My Garden
  • 8. Love Is Everywhere
  • 9. In The Park
  • 10. World Music
  • 11. World Peace Now
  • 12. May It Be So
  • 13. More Love
  • 14. World Peace Now (Take 1)

Related Releases

  • ビルド・アン・アーク「Dawn」

    Dawn
    2007/09/21 PCD-93019 定価:¥2,300+税