リリース情報

The Young Lovers
THE YOUNG LOVERS
The Young Lovers
ザ・ヤング・ラヴァーズ
『ザ・ヤング・ラヴァーズ』
2009/09/02
CD
PCD-93279
定価:¥2,300+税
レーベル: Loungin'
解説付 ※解説:森田修

ハーヴ VS元スウィッチによる最強のエレガント・フィジェット・デュオ、デビュー!

★ハーヴ&元スウィッチ!マシーンズ・ドント・ケアに続くフィジェット注目株によるビッグ・ボム!
エレクトロ、インディ/ダンスから B-MORE、ヒップホップまで、ジャンルを侵食しながらソワソワと増殖を続けるポスト・エレクトロ時代の新たなる注目ビート・フォーム、フィジェット・ハウス。その中枢で活躍する最重要アーティスト、ハーヴことジョシュア・ハーヴェイとトレヴァー・ラヴィス(元スウィッチの片割れ)のふたりによるユニットが、このヤング・ラヴァーズだ。どちらも昨夏ヒットを記録した「マシーンズ・ドント・ケア」の一員で、ハーヴは初のオフィシャル・ミックス『Ghetto Bass』でもブレイク、シンデン&スウィッチと並んで個々のソロ活動もいい具合にスパーク中!

★ジャジー・スパイスの炸裂したエレガント・グルーヴ、ジャンル越境が最大の武器!
ケミカル・ブラザーズ、EPMDからブロック・パーティまでのリミックスを手がけるハーヴ、旧くはアシッドジャズ期のイジットや UKハウスの名門<ニューフォニック>にも名を連ね、今年はサンダーハイストのリミックスにも抜擢されて今さらながらに一皮むけたトレヴァー。いずれも、どんなスタイルにもフィットしながら独自のフィジェット・グルーヴを刻み込む、その対応レンジの広さによって様々な層へとアピールできるのが最大の武器!そんなふたりの黄金ジョイントであるヤング・ラヴァーズでは、ブーツィーなグルーヴ感を最大限に維持しながらも、スウィンギンなカットアップと奥行きのあるシネマティック・フィーリングによって他に類を見ないエレガントなサウンドスケープを現出させることに成功!コアなクラブ・フリークスたちはもとより、クルッカーズや A・トラックなどを通じて何となくこのビートに親しみを持ち始めたビギナーにもうってつけ!

  • DISC 1
  • 1. YOU MAKE ME DIZZY
  • 2. HOW LONELY DOES IT GET
  • 3. BOOTY BELLA
  • 4. LOW DOWN GROOVE
  • 5. FREE
  • 6. SHE'S A PHOENIX
  • 7. LOVE YOU MADLY
  • 8. LAST GOODBYE
  • 9. MIDNIGHT TO MORNING
  • 10. SHAKE OFF THE GHOSTS
  • 11. YOU GOT THE DOWN SOUTH
  • 12. THIS IS WHAT IT'S ALL ABOUT