リリース情報

The Truth
Paul Woolford presents Bobby Peru
The Truth
ポール・ウールフォード・プレゼンツ・ボビー・ペルー
『ザ・トゥルース』
2008/02/15
CD
PCD-93086
定価:¥2,300+税
レーベル: 2020Vision
解説付 ※解説:佐久間英夫 ※日本先行発売

06年最強のフロアキラー“Erotic Discourse”を引っさげ、ポール・ウールフォードがボビー・ペルー名義の新作を遂に完成!

アンダーワールド脱退後も、DJとしてのみならず[Underwater]レーベル主宰者としてもプロップスを受けるダレン・エマーソン。彼の薫陶を受けるポール・ウールフォードが'06年に発表した、シカゴ・アシッド・クラシックのタイリー“Acid Crash”・新世紀版の趣の“Erotic Discourse”は、リカルド・ヴィラロボス、フランソワ・Kらシーンに大いなる影響力を持つDJらがこぞって現場でプレイ、その年のモンスター・トラックに。それから1年強の制作期間を経て完成させた、「待望の」という言葉が実に相応しいニュー・アルバム!

シカゴ・リヴァイバルなアシッド路線からいまが旬のミニマル、はたまたデジタル・ロック的なアプローチまで、全編にわたりテッキーな要素に溢れたトラックが居並ぶ!しかも“Erotic Discourse”はシカゴ・アシッドの先輩、グリーン・ヴェルベットによるニュー・エディットを初搭載!

  • DISC 1
  • 1. The Truth
  • 2. Throb
  • 3. Scandal
  • 4. Anatomy Of Desire
  • 5. Shibboleth
  • 6. Once Bitten
  • 7. Radioactive
  • 8. Emotional Violence
  • 9. Venom
  • 10. Society
  • 11. Each And Every Time
  • 12. Aguirre
  • 13. Erotic Discourse (Green Velvet edit)